1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. O2Oマーケティングとは?活用方法や導入事例をご紹介

O2Oマーケティングとは?活用方法や導入事例をご紹介

インターネットの普及と共に、多くの店舗がインターネット上で出店しています。
リアルな店舗とバーチャルな店舗を上手に使い分けて、ビジネスチャンスを最大限にしようとするとそれぞれの特徴を活かした活動が必要であるだけでなく、両方を連動させたマーケティングが不可欠になります。

ここでは、オンラインとオフラインのつながりを上手く活かしたO2Oマーケティングについて説明します。

O2Oマーケティングとは

O2Oは、「Online to Offline」のことで、オンラインとオフラインの連携による市場アプローチを指しています。リアル店舗のお客様をバーチャル店舗へ誘導したり、バーチャル店舗の顧客をリアル店舗へ誘導したりする行動を促します。

これにより、顧客は、必要に応じてリアルとバーチャルの店舗を使い分けて利用することができます。
インターネットが普及していなかったころまではリアル店舗での販売が多く、顧客はわざわざ店舗へ足を運び商品を購入していました。

そのため、新聞や雑誌、テレビCMなどを活用して商品や店舗のPRをおこなっていましたが、インターネットが普及し、PCやモバイルデバイスでのアクセスが手軽にできるようになると、バーチャルの店舗が開設され、顧客は自宅に居ながら複数店舗の商品を比較したり、夜中にショッピングを楽しむことが可能になりました。
現在では、実物をリアル店舗にいかなくてもバーチャル店舗で見てそのまま購入するといったユーザーも増えてきています。

両方の店舗を見るようになると、そのつながりを密にして、行動履歴からの誘導や、クーポンなどの発行が積極的にできるような施策が出始めました。
これが「O2O(Online to Offline)」になります。

O2Oマーケティングでは、通常の顧客情報や履歴情報だけでなく、GPSやSNSなどとも連携させて多くのタッチポイントを作っています。オンラインとオフラインが双方向で来店動機を強めることを目的としています。

同様の言葉として、オムニチャネルというものがあります。オムニチャネルは、バーチャル店舗とリアル店舗だけでなく、その周りにあるあらゆるチャネルを連携させて顧客との接点を増やし売上をあげる方法です。

また、O2Oやオムニチャネルと比較される言葉で「OMO(Online Merges with Offline)」がありますが、OMOはオンラインとオフラインの融合という意味で、バーチャルとリアルを融合させて活動するという試みを指しています。

O2Oのメリット

O2Oマーケティングで、バーチャルからリアルへ誘導する仕組みを利用し、さまざまなマーケティング施策を打つことが可能です。ここでは、O2O導入のメリットを説明します。

新規顧客が獲得しやすい

新規顧客がバーチャルサイトにアクセスすると、実際に購入はしなくても、サイトのどの情報にアクセスしたかを行動履歴で見ることができます。

また、サイトで見た商品をリアル店舗で購入するという流れがあるため、そのタイミングでアプローチをかけることで、新規客として獲得ができます。

O2Oでは、このようにオンラインの履歴データをオフラインで利用することで顧客開拓に役立ちます。
これまでは新聞や雑誌といったマスメディアの広告であったため、なかなか効果がでにくかったのですが、O2Oの活用により、新規顧客の獲得や開拓ができます。

効果がわかりやすい

O2Oでは、効果の即効性が高いものが多く大きなメリットとなります。
例えばバーチャル店舗において、リアル店舗での期間限定のセール情報や期限つきのクーポンなどを発行します。このクーポンはリアル店舗でのみ使えるものなので、そのままリアル店舗への誘導が可能になります。

クーポンなどによる効果測定も可能です。
例えば先ほどのクーポンがどのタイミングでどれくらい使われたかを見ることで、効果を別のクーポンと比較することが可能です。

O2Oの特徴ある手法

O2Oの特徴ある手法

O2Oの特徴を活かしてさまざまな手法が用いられていますが、その中でもよく使われている手法をご説明します。

オンラインでのクーポン配布で新規顧客を獲得

O2Oの中でもっともオーソドックスは手法です。
オンラインにてクーポンを発行し、リアル店舗で使うことができます。
また、LINEなどのSNSでクーポンを発行して誘導することもできます。

ECサイトとの連携

O2Oには、ECサイトにおいて、店舗の在庫が確認できるショップも多く存在します。
そのため、バーチャル店舗で注文し、近くのリアル店舗で受け取れるという仕組みが可能となりました。
店舗までの輸送費は、通常の店舗への在庫移動と共に行えますので、顧客の送料負担がありません。
他にもポイントを共有化できるので、ポイント管理も容易です。

ゲーミフィケーション

ショッピングでたまるポイントを、モバイルアプリに置き換えて利用することができます。
サイトには簡易ゲームが組み込まれており、ゲームでのポイント加算や、アプリでポイントをためることも可能です。

ユニクロのアプリでは購入した金額に応じてすごろくを振り、出た目に対して「当たり・はずれ」が出るようにユーザーも楽しみにながらお得にお買い物ができる例などがあります。

位置情報活用

スマホのGPS機能を利用して、ターゲティングされたアプローチが可能です。
位置情報を利用したマーケティングアプローチは、すでに多くの企業が取り組んでいますが、リアル店舗とのつながりで、より面白いアプローチを可能にしています。
例えば、リアル店舗の近くまできたときに、クーポンを発行するというようなことが実行できます。

このように目的別に適切な手法は異なってきます。
掲載された動画をどのような目的で利用しようしているかによって選ぶようにしましょう。

また、一度決定したら変更してはいけないというものではありません。
動画の内容を変えたり、ページでの掲載場所をかえたりと、PDCAを回すことでより効果的な動画を作成していきましょう。

まとめ

O2Oは今の生活に密着したアプローチができる手法です。
データの蓄積もできますので、分析を行い次のアプローチにつなげるといったPDCAを回すことができます。
このようなアプローチは、ユニクロの店舗とバーチャルショップとの連動であったり、スターバックスのモバイルオーダーであったりとユニークなアプローチばかりです。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ