1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 令和のWebマーケターなら抑えてて当然? 乗り遅れると損する動画マーケティングの今

令和のWebマーケターなら抑えてて当然? 乗り遅れると損する動画マーケティングの今

動画マーケティング

日々、新しいマーケティング手法が生み出される変化の激しい時代。特にWebマーケティングの分野では、日進月歩で効果的な手法が話題となります。令和に入った今、強くスポットライトを浴びているのが「動画マーケティング」です。令和のWebマーケターなら抑えてていて当然の動画マーケティングの今について解説します。

Webマーケティングの代表的な施策を総ざらい

動画マーケティングの動向について解説する前に、Webマーケティングにはどんな施策があるのか、その代表的なものを総ざらいしておきましょう。全体像から動画マーケティングを捉えることで、より明確に理解できるはずですからね。

マーケティング施策はファネルと呼ばれる逆三角形の図でよく整理されます。まだ商品やサービスを知らない潜在顧客が「認知して」「興味関心をもち」「検索を行い比較検討し」「購入・登録し」「継続購入(リピート)し」「シェア・口コミする」のが、最も理想的な顧客の流れ。

フェーズを経るごとに母数は少なくなっていきますが、ユーザーを離脱させず濃いファンにしていくのが大事なのです。では、各フェーズでどんな施策があるかみていきましょう。

1. 認知フェーズ

認知フェーズではより多くの潜在顧客にまずは知ってもらうことが目的ですから、予算がある場合はTVCMなどのマス広告。そのほか屋外広告の総称であるOOH広告やタクシー広告・DM(ダイレクトメール)やSNS拡散力のある人に協力してもらうインフルエンサーマーケティングなどが有効的な施策です。

ただ、近年では大きな広告予算を必要とする4マス広告(TVCM・新聞広告・雑誌広告・ラジオ広告)に出稿する企業が減ってきており、逆に少額から始められるWeb広告に予算をつぎ込み、ユーザーの認知を獲得する企業が増えてきています。

2. 興味関心フェーズ

興味関心フェーズでは、潜在顧客の認知をすでに獲得したうえで、何度も商品・サービスをユーザーの目に届けることで興味関心を煽ることが目的です。具体的にはWeb広告全般が効果的と考えてよいでしょう。

例えば、動画広告(YouTube広告 / Ameba広告)やDSP広告、インフィード広告や各SNS広告、リスティング広告(検索連動型広告)やアフィリエイト広告などがこれらに含まれます。

3. 検索・比較検討フェーズ

検索・比較検討フェーズでは、「どのような点で自社商品・サービスが優れているのか」を潜在顧客に理解してもらえるような情報を届けます。具体的には、商品やサービスのメリット・スペックを整理して伝えているLP(ランディングページ)へ誘導する各Web広告や検索エンジンで上位表示されることを目指すSEO施策(自然検索流入)が該当するでしょう。

また、TwitterやInstagramなどのSNSをコツコツと運営するのも効果的です。アカウントが育ち、潜在顧客へのリーチが広がっていけば、広告予算をかけることなく、広告効果をもつ媒体を手に入れることができます。

4. 購入・登録フェーズ

購入・登録フェーズではWebサイトやサービスに訪れた潜在顧客を顧客として獲得できるよう施策を行ないます。具体的にはサイトのコンバージョン最適化施策を進めます。具体的にはページ導線や登録フォームのABテストを積み重ねて検証します。

5. 継続購入(リピート)フェーズ

継続購入(リピート)フェーズでは一度、商品やサービスを利用していただいた顧客に繰り返し購入・利用してもらうための施策を行ないます。購入者限定のLINEアカウント運用や定期的にメルマガやWebメディアで記事を発信するなどの施策があります。

6. シェア・口コミフェーズ

最後はシェア・口コミフェーズです。ここまでのマーケティングファネルを辿ったリピーターの顧客に向けて、会員向けイベントやオンラインコミュニティなどを運営します。そうして、しっかりと商品・サービスのファンとして囲み、周囲に口コミやSNSシェアをして良いイメージを自然的に広げてもらうのがゴールです。

少し長くなってしまいましたが、ざっとWebマーケティングはこのような流れと施策を行う全体像になっています。さあ、では本題である「動画」はどこに位置する施策なのでしょうか。

最もポテンシャルを感じるのは動画広告の分野

上記のグラフを見てください。これは株式会社サイバーエージェントが調査した動画広告市場の規模推計です。2017年から2020年にかけても成長の一途ですが、向こう5年(2024年まで)さらに成長が拡大しています。5年後には現在の268%成長、年平均120%も市場は大きくなると予想されているのです。

今後の成長のカギを握るのが、2020年3月から国内でも運用が開始した5G回線。4Gから5Gに移り変わることによって、ネット環境の違いで動画が止まってしまう、モサっとしていて視聴のストレスが大きい……ということがほぼなくなります。

YouTubeの成長でネット動画との距離が近くなった今、Webマーケティングに動画を活用することが、多大なビジネス効果を生むでしょう。

動画広告は数字で見てもパフォーマンスがよい

次に上記の表をご覧ください。こちらは弊社が独自に調査した資料ですが、棒グラフにあるように動画は静止画と比べ各タッチポイントのパフォーマンスがよいことがわかります。

具体的には「リード獲得単価 約40%削減」「コンバージョン率 約1%改善」「クリック単価 約22%削減」という結果が出ています。このように、数字で見てもWeb広告に動画を活用したほうが事業貢献度が高いということが理解できます。

動画広告って具体的になに?

「動画広告市場が急拡大している」と先ほどご説明しましたが、そもそも動画広告とは何か?という説明をしていませんでした。動画広告とは、一言でいうとYouTubeなどの動画プラットフォームに配信される広告のことです。大きく分けると、以下の3つがあります。

インストリーム動画広告

YouTubeなどの動画プラットフォームに大画面で表示されるタイプの広告。動画の再生前・視聴中・視聴後に流れるかたちから選ぶことができる。このうち、動画再生前に配信される広告のことを「プリロール動画広告(プレロール動画広告)」という。

また、広告が再生数秒後にスキップするかしないかを選択できる広告と「スキッパブル広告」、スキップの選択肢がなく強制的に最後まで視聴しなければならない広告を「ノンスキッパブル広告」という。

インバナー動画広告

YouTubeなどの動画プラットフォームのバナー枠に配信される動画広告。「インディスプレイ広告」ともいう。動画DSPなどでプログラマティックに配信されることが多く、音声はデフォルトではOFFとなっている。

インリード動画広告

インリード動画広告はYouTubeなどの動画プラットフォームではなく、Webページ内に表示される動画広告のこと。Webページをスクロールし、動画広告が画面に表示されれば動画が再生されるという特徴をもっている。スマホ向けの広告施策として、可視性がよくパフォーマンスが期待される。

そのほかにも多様な場面で動画は活用される

YouTube内などで配信される動画広告だけに限らず、広くマーケティング施策に動画は活用できます。動画はテキスト(文章)や静止画と比べると短い時間で多くの情報を伝えることができるため、メッセージの訴求力が高いのです。例えば、以下のような使い方が考えられます。

アパレル業界 ECサイトで商品動画を活用

アパレル系の業界でECサイトを運営している企業は多いことと思います。ECサイト内に衣服を着用した際のフィット感や質感が伝わるような動画を添付することで、静止画では伝わない購入後のイメージを顧客に届けることができます。

不動産業界 物件を動画で紹介

賃貸や新築物件を内覧にいくかどうかを決める前に、映像で室内の様子をチェックしておきたいという顧客ニーズは強くあります。内覧に何箇所もまわるのは顧客側のコストがかなりかかるので、不動産物件を紹介するサイトに、室内の様子を撮影した動画を載せるのは、ユーザー満足度を高める意味でも効果的な活用法です。

フィットネス業界 トレーニング動画配信

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、スポーツジムに通うのを控えている方が増えていると耳にします。そこで、自宅でも簡単にトレーニングが行えるオンラインフィットネス配信サービスを行なうことで、感染の不安なくジム会員の皆さんに運動習慣を届けることができます。動画であれば、気になる動きの場面で一時停止が可能なのもポイントです。

人事 OJT資料を動画マニュアル化

社外向けだけでなく、新入社員のOJT資料(マニュアル)にも動画は活用することができます。テキストのマニュアルだと読解に時間がかかるところ、動画であれば一目で業務のマニュアルが伝わります。OJTにかかるコストが削減すれば、事業全体のスピード感も増すでしょう。

採用 会社説明資料を動画化

採用活動を行う際の会社説明資料を動画で作るというのも効果的。動画を採用ページに添付することで、多くの人の目にとまりますし、短い時間で会社の雰囲気を知ってもらうことができます。多くの情報を伝えられる動画だからこそ、入社後のミスマッチも防ぐことが可能でしょう。

営業 商談資料を動画化

営業担当者がお客様に提案する商談資料も動画化することで、口頭やテキストでは伝えられない多くの情報を伝えることができます。一度、商談資料の動画を作成すれば、営業担当者がたとえ変わったとしても、一定の同じクオリティで営業活動ができるので、案件獲得数もきっとアップするはずです。

変化の激しいVUCAの時代。企業は動画マーケティングを導入できるか?

このように”活かしどころ”の多彩な動画マーケティング。でも残念なことに弊社が行なった調査によると、動画を活用したいと考えているにも関わらず、実際に導入に至った企業は約五割。半分の企業が検討するだけで導入に至っていないのです。

確かに動画制作というと、制作会社でもないし経験者が豊富なわけでもない企業からすると、ハードルが高い印象を受けます。しかし、変化の激しい現代では、意思決定の遅さは経営において大きなリスクになりえます。

VIDEO BRAINならAIでサクサク動画制作!

動画制作で悶々とお悩みの企業にご紹介したいのが、弊社サービス「Video BRAIN」です。先ほどのインハウス(社内)で動画制作できるか不安、という方々の悩みを払拭する動画制作ツール。

ではなぜ、誰でも動画制作できると言えるかというと、それはAI(人口知能)が制作を大幅に補助してくれるから。上記の図にありますように、ユーザーは動画にのせるテキスト(画像)と動画または静止画素材をアップロードするだけ。あとは、AI(人工知能)が約3万通りのパターンから適した編集を自動で行なってくれます。

Video BRAINは月額の定額制。利用の頻度や目的にあったプランを選んでいただければ、あとは月にいくらでも動画制作し放題! 以下リンクより、Video BRAINの各プランをチェックできますので、ぜひ一度目を通されてみてくださいね。

VIDEOBRAIN 料金プランはこちら

一覧に戻る