1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 動画をビジネス活用する企業が急増中!なぜインハウスで作り続けられるのか?

動画をビジネス活用する企業が急増中!なぜインハウスで作り続けられるのか?

昨今、テキストや静止画ではなく、動画をビジネス活用する企業が増えています。YouTubeが全盛とも言われる現在ですから、皆さんも実感があるのではないでしょうか。ただ、動画を制作するというと未経験者にはちょっとハードルが高い印象も受けます。インハウス(社内で制作)でスピード感をもって動画制作するには? その効率的な方法論をお伝えします。

企業の動画活用が年々増えている理由

タイトルにもあります通り、いま動画をビジネスで活用する企業が増えてきています。特に、商品やサービスが売れ続ける仕組みを作るマーケティング活動において、動画はよく用いられています。では、昨今の動画ブームの理由はなんなのでしょうか?

もっとも大きい理由は、Webマーケティングの手法が多様化し、かつポテンシャルが高まってきたことにあると考えられます。インターネットが普及する以前は多額の予算を投じ、ひとつのプロモーションに社運をかけるようなマーケティング施策が主流でした。

いわゆる「マス広告」と呼ばれるもの。TVCMなどが顕著な例ですね。このマス広告は、一度に多くの地域や人数に企業のメッセージを届けることができる一方で、以下のようなデメリットも抱えています。

・TVCM1本の制作費や配信コストが高額
・一定期間に作成できる可能本数が限られている
・一度作成したら差し替えが効かない
・広告効果を正確に測ることができない(不透明)

マス広告のデメリットを払拭するWeb広告

対して、インターネットを主戦場にしたWeb広告はどうでしょうか? Web広告には、「動画広告(YouTube/Amebaなど)」や「アドネットワーク」「DSP広告」「インフィード広告」「ディスプレイ広告」「リスティング広告」「アフィリエイト広告」など種類はとても豊富。そしてどれもに言えるのが、マス広告のデメリットをカバーできているということです。

・低コストで配信が可能
・うまくツールを使えば一定期間に多数作れる
・即時、配信を修正・停止することができる
・広告効果を細かくデータで確認することができる

改めていうまでもないですが、年々インターネットをPCまたはスマホから利用する機会は増えてきています。スマートフォンの爆発的な普及により、年齢・地域・業界問わず、誰もがインターネットにアクセスするようになりました。

もともと、マス広告が幅を効かせていたのは、なんだかんだいってもマス媒体を見る人が多かったから。でも、接触機会や視聴人口の主権がインターネットに映り変わった今、Web広告にマーケティングリソースを集中させることが合理的となったのです。

Webマーケティングにおいて動画は効果バツグン

Webマーケティングにおける動画は高いポテンシャルを秘めている。これは断言することができます。

なぜならば、動画はテキストや静止画に比べ、多くの情報を圧縮して受け手に届けることができるから。その違い、たった15秒の動画にして約45万字に相当する情報が含まれているといいます。静止画と比較しても約5,000倍の情報差といいますから驚きです。

Webで動画をどう活かすか?

動画はWebと相性がいい、といっても”うまく使わなければ”意味がありません。では、Webマーケティング施策で動画を活用する際、意識すべきこととはなんなのでしょうか?

抑えておきたいのは、PDCAのスピードを意識すること。そのためには、Webマーケティングで活用する動画を”スピーディーに効率よく作る必要があります”。もちろん、どのような目的をもった動画であるか、どのような媒体に使用する動画であるかによって、求められる動画のクオリティも異なるでしょう。

しかし、Webの施策は総じてトライアンドエラーが高速にできることが特色です。SNS等で炎上するようなコミュニケーションのミスは避けなければなりませんが、それ以外であれば、掲載の停止は即座にできますので、インスタントに動画制作できることが重要なポイントです。

ハイクオリティの必要がないならインハウス制作がよい

先ほども申し上げましたが、動画制作といっても求められるクオリティに幅があります。大規模なイベントで企業のブランディングイメージも向上させる必要があるなら、一定以上のハイクオリティな動画が求められるでしょう。

しかし、先ほどあげたWebマーケティングの場面でスピーディーにPDCAをまわすような動画制作であった場合、大事なのは制作のスピード。では、制作のスピードをあげるにはどうすればよいのでしょうか。

結論、私たちは「動画制作のインハウス化に踏み切るべき」だと考えています。なぜならば、動画制作を外注するとコスト(費用)がかさみますし、なんだかんだディレクションに時間を要してしまいます。

一方で、クラウド上で使えるような動画制作ツールを活用しインハウスで制作すれば、はじめこそレギュレーションの作成・運用に時間がかかるかとは思いますが、運用が軌道に乗れば、全体の制作コスト・スピードは段違いにアップすることでしょう。

インハウスで動画制作するために決めること

インハウスで動画制作すると決めたら、次に固める必要があるのが「素材」「担当者」「コスト」の3つ。

まず「素材」についてですが、動画を継続的に制作していくには素材を集める必要があります。自分たちでカメラで撮影を行うのか、オンラインで取得できる無料(または有償)の素材を利用するのかを決めなければなりません。テロップのようなかたちでテキスト(文章)素材が必要な場合も都度、原稿を用意しましょう。

次に「担当者」です。担当者はクラウド上で使える動画制作ツールを活用するなら、必ずしも動画制作経験者でなくともいいと思います。それよりは、動画を活用する領域のマーケティング担当者が適任。なぜならば、施策の全体像を把握している分、動画制作が適切に行えやすいためです。まずは一人の担当者に集中して制作してもらい、制作の流れをレギュレーションにまとめ、社内で横展開するのが堅実でしょう。

最後に「コスト(費用)」について。外注しないのであれば、動画制作ツールの利用プランをどうするのかと撮影にかけるコストを考える必要があります。動画を用いたWebマーケティング施策の費用対効果を客観的に振り返るためにも、どれくらい制作費をかけて、どのような定量的な効果が出たのか集計しておくようにしましょう。

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ