1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. マーケティングミックスとは?4Pや4Cの意味についてもご紹介

マーケティングミックスとは?4Pや4Cの意味についてもご紹介

企業経営者や事業開発の担当者にとって、「マーケティングミックス」の概念を理解しておくことは大切です。
マーケティングミックス戦略を適切に進めれば、販売目標の達成がより現実のものとなります。

この記事では、マーケティングミックスの基礎知識や「4P」と「4C」、マーケティング戦略の策定・実行プロセス、企業におけるマーケティングミックスの実際の事例などを紹介します。

マーケティングミックスとは?

マーケティングミックスは「4P」と呼ばれる4つの要素を効果的に組み合わせ、商品の販売目標などの達成を目指す手段です。

4Pは「製品」「価格」「流通」「プロモーション」で構成され、消費者側の目線から再定義された「4C」というフレームワークも重視されます。
4Cとは「価値」「コスト」「利便性」「コミュニケーション」です。

マーケティング戦略の策定・実行プロセスは通常、「環境分析」「基本戦略の策定」「マーケティングミックス」「実行」「分析」という流れで進みます。
つまり、マーケティングミックスは、マーケティング戦略の「実行」前の段階に位置付けられます。

自社でどんな良い商品やサービスを開発したとしても、マーケティングミックスをうまく活用しなければ、消費者に購入・利用してもらいにくくなります。
ほかのプロセスと同様、おろそかにはできません。

「4P」とは?

マーケティングミックスでは、4つの「P」がシナジーを生むよう各要素をしっかりと検討します。
多くの消費者に商品を購入してもらったり、サービスユーザーを多数獲得したりすることを目指していきます。
それぞれのPの意味を紹介していきます。

製品(Product)

最初の「P」は製品(Product)を意味します。
ここでいう製品とは「商品」や「サービス」のことを指し、商品やサービスの具体的な中身やパッケージ、アフターサポートの内容などを決めていきます。

価格(Price)

次の「P」は価格(Price)を意味します。
競合する商品の価格帯や商品を製造するためのコストなどを考慮して、価格を決定します。
ブランド価値を高めるために、あえて高い価格設定にするという手法もあります。

流通(Place)

流通(Place)のPでは、販売チャネル(販売経路)を検討します。
具体的な販売チャネルとしては、店舗や展示会、カタログ、対面営業などがあり、近年はインターネットやSNSも販売チャネルの一つに数えられるようになりました。

プロモーション(Promotion)

プロモーション(Promotion)のPでは、商品の存在や強み、価値などを見込み客などに伝えるための戦略を策定します。広告宣伝や広報活動、営業活動がこれに当たり、プロモーションがうまくいかなければ、良い商品やサービスを開発しても販売は伸びていきません。

「4C」とは?

4Pの対になるフレームワークとして「4C」があります。
4Pは企業側の目線に立ったフレームワークですが、4Cは消費者の目線に立ったものです。
消費者側の目線に立つことで、策定した4Pの戦略が本当に適切なのかを検討することができます。

価値
(Customer Value)
消費者にとって、販売する商品やサービスにおける価値は何かを確認します
コスト
(Cost)
消費者が購入したいと感じる妥当な価格設定であるのかを確認します
利便性
(Convenience)
利便性は4Pにおける「流通」と対になる要素で、その商品やサービスの「買いやすさ」や「アクセスのしやすさ」などをここで確認します
コミュニケーション
(Communication)
コミュニケーションでは、4Pにおける「プロモーション」が消費者にしっかり届き、興味を引くような内容になっているかを確認します

マーケティング戦略の策定・実行プロセス

マーケティング戦略の策定・実行プロセス

マーケティングミックスは、マーケティング戦略の策定・実行プロセス全体における1要素であり、ほかのプロセスについても理解することで、どのような意義があるかを理解しやすくなります。

マーケティング戦略の策定・実行プロセス全体を細分化すると、以下の5段階に大別できます。

市場環境の分析

まずは、販売予定の商品やサービスが関連するマーケティング対象の市場や環境、競合企業などを分析します。

基本戦略の策定

環境分析の結果などを踏まえ、マーケティングの基本戦略を策定します。
基本戦略の策定においては、顧客や市場の細分化を経てターゲット市場を決め、その上で自社の製品やサービスを差別化させるための方法も検討します。

ちなみに「市場の細分化」「ターゲティング」「ポジショニング(差別化)」の3つを合わせ、「STP戦略」と呼ばれます。

マーケティングミックス

市場環境の分析や基本戦略の策定に続くプロセスが、この記事で解説している「マーケティングミックス」です。
前述の通り、4Pの効果的な組み合わせで、商品やサービスの販売目標などを達成することを目指します。

実行

4つ目のプロセスである「実行」は、マーケティングミックスを実際に実行する段階です。

分析

マーケティングプロセスの実行後、実際の販売実績やプロモーション効果を振り返り、戦略が適切だったかを振り返ります。効果が高かった点や改善すべき点を洗い出し、その後のマーケティング戦略のブラッシュアップにつなげていきます。

マーケティングミックスの事例

実際の企業のマーケティングミックスの事例を紹介します。

ヘルシア緑茶

花王株式会社の「ヘルシア緑茶」は健康を気にしている中高年のビジネスマンをターゲットに戦略を行いました。
特定保健用食品の認可を受けており、「ヘルシア」というキーワードでの商標登録や、「体脂肪率が気になる方に」と商品の特性をかけ合わせています。

価格は350mlで180円ほどで、他の緑茶飲料と比較すると高価格に設定されています。
また、コンビニエンスストア専用とし、ターゲットである中高年のビジネスマンが目にしやすく、且つ手に取りやすいように大きなスペースを確保し陳列を行いました。

  • ・製品:「ヘルシア」での商標登録、特定保健用食品(特保)の認可
  • ・価格:高価格設定(180円/350ml)
  • ・流通:コンビニエンスストア限定
  • ・プロモーション:キャッチコピーが「体脂肪が気になる方に」、コンビニでの大量陳列

ターゲットを明確化し、商品特性の伝え方や価格設定、陳列の工夫などにより成功した例といえます。

まとめ

4Pや4Cを含むマーケティングミックスの基礎知識やマーケティング戦略の策定・実行プロセスにおける位置付け、実際の企業のマーケティングミックスの事例を紹介してきました。
実際の事例をみると分かるように、Pの各要素における戦略は企業によって大きく異なり、自社で4Pを策定する際には多くの企業の事例を参考にすると良いでしょう。

プロモーションにおいては、どのメディアで広告を打つというだけではなく、どのような素材(テキスト・画像・動画)を使うかも重要になります。
4P策定では販売目標の達成に近付けるよう、最近のトレンドなども加味し、より良い戦略作りを目指していきましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ