1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 保険業界に動画マーケティングは必要?特徴やメリットを紹介

保険業界に動画マーケティングは必要?特徴やメリットを紹介

動画マーケティング

近年、拡散力と情報の伝えやすさから動画マーケティングが注目を集めています。動画マーケティングは、動画を活用し商品やサービスに対する顧客の興味・関心を引くマーケティング手法です。動画マーケティングを活用して商品のイメージアップや認知につなげるなど、成功した事例は数多くあります。また、動画はテキストや画像よりも、商品に対する理解や知識が得られやすいという特徴があります。

そこで今回は、保険業界に動画マーケティングがなぜ必要なのか見ていきましょう。動画を活用すれば、パンフレットだけだと分かりにくい情報や魅力が簡潔にまとめられるので、動画によるマーケティングは高い効果が期待できます。

保険業界での動画マーケティングのメリット、動画の活用法、動画を作成する際のポイントなどをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

保険商品における動画活用のメリット

保険商品において動画を活用するメリットはどのようなことがあるのでしょうか。2つの主なポイントを紹介します。

商品の内容理解を深めることができる

保険商品には生命保険や損害保険など、多くの種類やオプションがあります。商品の詳細はパンフレットに掲載されていますが、テキストだけで理解するには難解で時間がかかってしまいます。

動画であれば、商品の詳細を簡潔に分かりやすく伝えられます。保険に関する知識が浅い顧客にも、わかりやすく情報を届けられるでしょう。また、グラフなどのビジュアルを使うとより関心を引くことができます。

他社との差別化がしやすい

保険商品は各保険会社から多数販売されているので、顧客は「どこの保険会社を選ぶか」で悩むことが多いと思います。他社の保険商品と差別化するためにも、動画の活用はおすすめです。

例えば、「もしも事故が起こったら」など、もしもの内容を入れたとします。テキストだけではその後の手順が想像できませんが、動画であれば事故を起こした後どうすればいいのか、分かるだけではなく、印象に残りやすくなるのです。

動画の活用法

保険商品の動画の活用方には大きく分けて2パターンあります。それは、「社員向け」と「顧客向け」です。いずれも目的が違うので、動画を作る際には「誰向けなのか」や「動画の目的は何なのか」を整理した上で制作しましょう。

社員向け

保険商品は複雑で専門的。社員は商品を、分かりやすく顧客に説明しなくてはなりません。つまり、まずは社員が適切な商品知識をつける必要があります。テキストと一緒に動画を用意してあげるだけで、社員の理解度は深まります。

また、新しい商品が出るたびに社員を集め一から説明すると、多大な時間と労力がかかります。しかし、動画をeラーニング形式で活用すれば、効率よく情報共有ができます。

顧客向け

顧客向けの動画とは、保険商品に関する情報を分かりやすくまとめたコンテンツです。自社のウェブサイトに掲載したり、SNSやYoutubeに投稿したりすることで、顧客の関心を引くことができます。また、保険会社をどこにしようか悩んでいる方や、何を選べばいいか迷っている方に対して、自社の強みやメリットを伝える手段としても最適です。

動画作成時のポイント

保険商品の場合の動画を作るとき、どのようなポイントを抑えておけば良いのでしょうか。

動画の長さに気を付ける

動画は商品内容を伝えやすいというメリットがありますが、あまりにも長すぎる動画の場合逆に顧客は飽きてしまい、商品理解度も低くなってしまいます。伝えたい情報がたくさんある場合、まずは何を一番伝えたいのか優先順位をつけたり、情報を簡潔にまとめて本当に必要なポイントのみ含ませるなど工夫するようにしましょう。また、SNSによって適切な長さが変わるということも覚えておく必要があります。例えばYouTubeの場合、2分程度が顧客にとって最も見やすい長さであると言われています。

参照:HubSpot「How Long Should Your Videos Be? Ideal Lengths for Facebook, Instagram, Twitter, and YouTube [Infographic]」

ストーリーで共感を得る

保険は、いざとなった時に誰もが必要性を感じる商品です。保険に入ることの大切さや、必要性を感じさせるシナリオを盛り込んだ動画であれば、顧客の共感を得やすくなります。

数字で信頼性アップ

保険商品を説明する上で、数字を示す事は信頼度アップに繋がります。数字が煩雑しないためにも、動画を作成する時は、なるべくインフォグラフィックスを取り入れましょう。インフォグラフィックスとは、ダイアグラムやデーブルを用いて情報を視覚的に伝える手法です。特に複雑な数字は、インフォグラフィックスで表すと、理解が容易になります。

まとめ

説明が複雑な商品ほど、動画の活用がおすすめです。事前に情報を整理し、動画作成時のポイントを抑えれば、顧客の関心を引き付ける動画が作ることができます。初心者でもクオリティの高い動画が作れるツールが数多くあるので、ぜひ動画の作成にチャレンジしてみてくださいね。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。
HP : https://video-b.com/
資料請求はこちら: https://video-b.com/contact/

一覧に戻る