1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. Instagram広告の相場費用は?課金方法と効果を高めるためのポイントを紹介

Instagram広告の相場費用は?課金方法と効果を高めるためのポイントを紹介

動画マーケティング

若い世代を中心に人気のInstagramは、日本でのユーザー数3,300万人以上を誇るSNSです。そのInstagramに広告を出稿して多くの人に自社製品やサービスを知ってもらいたいと考えている企業の担当者もきっと多いと思います。

そこで今回は、Instagramに広告を出す場合の相場費用や課金方法、広告効果を高めるためのポイントをご紹介します。

出典:Instagramの国内月間アクティブアカウント数が3300万を突破

Instagram広告って?

Instagram広告は、人気のSNSであるInstagramを利用しているユーザーに向けて、自社製品やサービスの広告を表示する機能です。流行に敏感な若い世代を中心にアプローチできます。Instagram広告には以下の5種類あります。ターゲットのユーザー層や広告内容を考慮し、最適な種類の広告を選べます。

ストーリーズ広告

Instagram の「ストーリーズ」機能に広告を表示します。スマートフォンの画面いっぱいに広がって表示されるため、見る人を引きつける広告を出すことができます。

動画広告

写真広告と同様に表示されますが、動画による音と動きを駆使してユーザーへの訴求力を高めることができます。

カルーセル広告

写真や動画を複数並べて、スワイプで次の写真や動画を表示できる広告です。興味を持ってくれたユーザーに、より多くの情報を見てもらうことができます。

コレクション広告

自社製品やサービスをカタログのようにして表示できる広告です。メインとなる画像や動画をクリックすると下にカタログが表示されます。

Instagram広告の5つの種類について詳しく知りたい方は、【徹底解説】Instagram広告の運用方法から、特徴や仕組みについてもご紹介」もご覧ください。
出典:Instagramでブランドを構築

Instagram広告の費用について

Instagramで広告を出稿する人にとって気になるのは、広告費用がいくらかかるのか、ではないでしょうか。ここでは、Instagram広告の費用についてみていきましょう。

Instagram広告出稿の最低広告費用は?

Instagram広告は、最低100円から広告を出稿することができます。とても手軽に広告を出稿できるのですが、100円では広告効果を十分に発揮することは難しいのが実情です。Instagramでは予算に合わせて広告配信ができるようになっていますので、相場費用や広告出稿の目的を考慮して予算を決めるようにしましょう。

Instagram広告にかかる相場費用は?

Instagram広告を出稿する場合の一般的な費用がどの程度なのかご紹介します。

自社で運用する場合は3~5万円

まずは、自社でInstagram広告の運用を行う場合の相場費用です。
自社で運用する場合は、Instagram広告自体の費用のみで運用することができます。広告出稿の最低費用は100円からですが100円では広告効果はほとんど見込めないため、広告出稿の目的にもよりますが、少なくとも月3~5万円は予算として確保するようにしましょう。

代理店に依頼する場合は+平均20%ほどの運用手数料

一方、自社でInstagram広告の運用を行う時間やノウハウがない場合は、広告代理店に運用を依頼することができます。その場合は、通常の広告費用に加えて、平均20%ほどの運用手数料がかかるとお考えください。自社で運用する場合よりも費用がかかりますが、広告のノウハウがない、人手が足りない場合は有効です。

Instagram広告の適切な予算はいくらぐらい?

Instagram広告を出稿する目的に応じて、適切な広告予算は変わってきます。最適な費用で高い宣伝効果を得るために、目的別の適切な予算を知っておきましょう。

認知獲得のための場合

自社製品やサービスの認知度を上げることが目的の場合は、多くのターゲットユーザーに広告を配信して見てもらう必要があるため、予算は多めに確保する必要があります。広告効果を実感できる費用の目安としては、月数10万円~数100万円となります。そこまで予算が確保できない場合は、ターゲットユーザーをより絞って広告配信することで、費用を抑えることができます。

コンバージョン獲得のための場合

自社製品の購入やサービスの申込み、アプリのダウンロードなどのコンバージョン獲得の場合は、ターゲットをしっかり設定して広告配信することで、月3万円~5万円といった費用でも成果をあげられる場合があります。もちろん、予算をよりかけることで広告効果を高めやすくなりますので、予算を確保できるなら積極的に広告を出稿しましょう。

Instagram広告の課金方法は4つ

Instagram広告の課金方法は以下の4種類あります。広告出稿の目的や予算に応じて適した課金方法を選択するようにしましょう。

表示回数によって決まる「CPM」

1つ目の課金方法は「CPM」(Cost Per Mille)です。ユーザーに広告が1,000回配信されるごとに課金されるようになっています。広告を配信するだけで課金されてしまうため、商品やサービスの購入といった具体的なアクションに繋がらなくても料金がかかります。

クリック数によって決まる「CPC」

2つ目の課金方法は「CPC」(Cost Per Click)です。広告が1クリックされるたびに課金される方式です。

インストール数によって決まる「CPI」

3つ目の課金方法は「CPI」(Cost Per Install)というもので、広告で紹介したアプリがインストールされるたびに課金される方式です。アプリのインストールというコンバージョン獲得に最適な課金方式となっています。

動画広告の再生数によって決まる「CPV」

4つ目の課金方法は「CPV」(Cost Per View)です。動画広告が10秒以上またはほとんど再生された場合に課金される方式となっています。動画広告は内容を見てもらえないと効果が発揮できないため、動画広告を掲載する場合におすすめの課金方式です。

Instagram広告で費用対効果を高めるための6つのコツ

出典:Instagram BRAND RESOURCES
Instagram広告の予算を確保して広告を出稿しても、広告効果が発揮できなければ意味がありません。最後に、Instagram広告で費用対効果を高めるためのコツを6つ紹介します。

ターゲットを明確にする

Instagram広告では、広告を配信するターゲットユーザーを細かく設定できます。地域、年齢、性別だけでなく、興味関心や行動といったユーザー情報を基にターゲットの設定が可能です。自社の製品やサービスを見てもらいたいターゲットを明確にし、そのターゲットに対して広告を配信することで、広告の成果が上がる可能性が高くなります。

ユーザーの印象に残るクリエイティブを作る

Instagram広告を出稿する場合に最も重要なのが、写真や動画などのクリエイティブです。ユーザーは多くの広告や投稿を流し見しているため、クリエイティブが魅力的でないと広告を見てもらうことができません。写真の見栄えを良くする、ストーリ仕立てで興味を引く動画にするなどの工夫で、クリエイティブの作りこみをしましょう。

#(ハッシュタグ)の活用

Instagramでは、投稿をカテゴライズする#(ハッシュタグ)を投稿に付けることができます。ハッシュタグで検索して投稿を探すユーザーが多いため、閲覧数が増える効果があります。広告自体にはハッシュタグを付けても検索結果には表示されませんが、認知獲得のための広告の場合、ハッシュタグ自体が拡散することよって認知度が高まる効果が期待できるため、ハッシュタグを付けておいた方が良いでしょう。

ターゲット層が若者の場合は「ストーリーズ」を活用

Instagramには、投稿後24時間が経つと自動的に投稿が消える「ストーリーズ」という機能があります。このストーリーズは若者の利用率が非常に高いため、ターゲット層が若者の場合はぜひストーリーズ広告を活用しましょう。ストーリーズ広告は画面いっぱいに広告が広がるため、見た人に強い印象を残すことができます。

効果測定し、PDCAを回す

広告を出稿して終わりではなく、広告効果をしっかりと測定し広告出稿の目的が達成できているかどうかを確認しましょう。
Instagramでは、投稿した広告の効果を測定するための「広告マネージャ」という機能があり、広告を見たユーザー数や、その後のアクション内容・回数といった情報が確認できます。広告効果を測定し、狙った効果が達成できていない場合は広告の種類や課金方式を変更したり、クリエイティブをより洗練させたりするといった改善を行い、PDCAを回していきましょう。

まとめ

Instagram広告は、多くの人にアプローチできる非常に広告効果の高いものです。ただし、広告の種類や課金方法が様々なため、広告を出稿する目的に合っていないと手間と費用だけがかさみ失敗してしまう可能性があります。本記事で紹介したことを意識して、最小の費用で最大限の広告効果を上げられる広告を出稿しましょう。

また、Instagram広告で何よりも重要なのは写真や動画などのクリエイティブです。動画広告は静止画広告よりもクリック率が高く、多くの情報をユーザーに伝えることができます。そのため、クリエイティブを充実させることも忘れないようにしてください。

VIDEO BRAINでは、様々な用途を想定したサンプル動画があるだけでなく、豊富なフォントやアニメーション効果設定できます。この機会に是非お試しください。

未経験でも高品質な動画を作成できる、インハウス動画制作に欠かせない AI 動画編集ツール VIDEO BRAIN
サービス HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る