1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. 【Instagram広告】アカウントなしで出稿する方法とFacebook連携方法まとめ

【Instagram広告】アカウントなしで出稿する方法とFacebook連携方法まとめ

Webマーケティング Instagramの広告出稿方法

Instagramは若い世代や女性を始めとしたユーザー数が多く、広告のプラットフォームとして注目を浴びています。広告媒体としてポテンシャルの高いInstagramですが、実はアカウントを作成しなくても広告を出稿できます。また、InstagramはFacebookの傘下に置かれているため、2つのメディアを連携することも可能です。

この記事では、Instagramのアカウントを作らずに広告掲載する方法と、Facebookの連携方法についてご紹介します。

Instagram広告はInstagramのアカウントがなくても配信可能

Facebook広告のアカウントとFacebookページを持っている人は、新たにInstagramのアカウントを作成しなくてもInstagramに広告を出すことができます。この場合、広告出稿時にはFacebookの登録情報が利用されます。

InstagramとFacebookの特性は大きく異なるため、宣伝したい内容により媒体を使い分けるのも一つの手です。
Instagram広告はフィードやストーリーズに広告を配信するため、宣伝色を他のSNS媒体よりも前面に出さず、自然とユーザーにアピールすることが可能です。
また、ターゲティングの設定に関しては、Facebookのターゲティングエンジンを使うため、高いターゲティングが行えます。

アカウントなしで広告を掲載する場合の注意点

Instagramアカウントを持たずに広告を出稿する場合、注意したいことがいくつかあります。

例えば、広告に向けられたコメントへの返信や削除はできません。
ユーザーとのコミュニケーションが直接取りにくいのはデメリットといえます。

また、Instagramのアカウント名が灰色になり、Facebookページ名で表示され、そこからクリックして進むことができなくなってしまうのも注意したい点です。
「企業やブランドのことをもっと知りたい」と興味・関心を示したユーザーは、すぐにアクションが取れなくなってしまいます。

Facebookビジネスマネージャを利用したInstagram広告の作成方法

Facebookビジネスマネージャを利用したInstagram広告の作成方法

ここからは、Facebookビジネスマネージャを利用した広告作成の方法について詳しくご紹介します。

Instagramに対応している広告目的を選択する

「広告の作成」にアクセスし新しいキャンペーンを作成したら、目的を設定します。
Instagram広告として選べるものは限られているので、注意しましょう。
下記の目的はいずれも、Instagram広告として選択できます。

  • ・リーチ
  • ・トラフィック
  • ・コンバージョン
  • ・アプリのインストール
  • ・エンゲージメント
  • ・動画の再生数アップ
  • ・リード獲得
  • ・ブランドの認知度アップ
  • ・カタログ販売
  • ・来店数の増加

参照:Instagram広告の目的 | Facebook Businessヘルプセンター
参照:ヘルプ: 適切な広告の目的を選択する | Facebook Businessヘルプセンター

広告アカウント、広告セットを作成する

国や通貨などの基本情報を入力し広告アカウントを作成したら、広告セットを作成します。地域や年齢、性別、言語など多数の項目があるため、自社のニーズに合わせてターゲットを細かく設定しましょう。
これまで取引をしたことのあるユーザーや、既存顧客との共通点が多いユーザーなどに対しては、カスタムオーディエンスや類似オーディエンスを使用し、アプローチすることも可能です。

広告の配置を決める

オーディエンスを設定したら、次は「配置を編集」を選択し、Instagramをプラットフォームとして選びます。
「自動配置」を選ぶことで、Instagramに加えFacebookやAudience Networkなど複数のプラットフォームに掲載されます。
広告をInstagramに限定して行いたい場合は、「配置を変種」でInstagramのみにチェックしましょう。

広告の予算と掲載期間を設定する

予算は1日ごとの「1日の予算」もしくは掲載期間全体の「通算予算」が決められます。
キャンペーンの開始と終了時間もあわせて指定しましょう。
「通算予算」を選択している広告は、配信の時間帯や日時までカスタマイズが可能です。
スケジュール設定は「広告スケジュール」で行いましょう。

広告クリエイティブを作成する

最後に、広告クリエイティブを作成します。
「アイデンティティ」部分ではFacebookページとInstagramアカウントについて選択することができますが、Instagramアカウントなしで進める場合は、Facebookページのみを選択します。

次に「形式」で広告の構造を選択します。その後、広告画像、見出し、メインテキスト、CTAなどの細かい設定を進め、最後に「実行する」ボタンをクリックすると広告の掲載が実行されます。

Instagramアカウントを作成して広告を掲載する方法

Instagramのアカウントを作成してから広告を掲載することも可能です。
ここでは、Instagramアカウントを作成し、広告を掲載する場合のFacebookとの連携方法をご紹介します。

InstagramのアカウントをFacebookに連携する

Instagramのアカウントを作成したら、アカウントのプロフィールページにアクセスします。-
メニューから「設定」を選び、その後「アカウント」をクリックします。
「リンク済みのアカウント」から「Facebook」を選択し、「リンク」を選んだらFacebookアカウントにログインします。最後に、「〇〇としてログイン」を選択し、連携が完了です。

FacebookビジネスマネージャでInstagramアカウントを追加する場合は、「ビジネス設定」の「Instagramアカウント」からユーザーネームとパスワードを入力します。

Facebookビジネスマネージャの設定ができたら、「ビジネス設定」から「広告アカウント」を選択し、広告アカウントを作成していきます。

広告クリエイティブの作成

広告アカウントを作成した後は、先ほどご紹介した手順通りに広告を作成していきます。
FacebookページとInstagramアカウントの連携が行われているので、「アイデンティティ」の設定においてInstagramのアカウントを選択することができます。

まとめ

Instagramはアクティブユーザーが多く、女性や若年層に親しまれているSNSです。
商品やお店などの情報検索に使うユーザーも多いため、宣伝したいターゲット層に当てはまる場合は、広告の効果が期待できるでしょう。

今回ご紹介したように、Instagramへ広告を投稿する際には、Instagramのアカウントを持たなくてもFacebookビジネスマネージャから作成し配信できます。
操作がシンプルで簡単に設定することができるため、Facebookページを既に運用している広告主にとっては、スムーズにInstagramでの広告掲載を開始することができるでしょう。

また、Instagram上でユーザーとコミュニケーションを取ることや、より高い操作性を求めたりする場合は、Instagramでアカウントを作成すると良いかもしれません。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る