1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 【徹底解説】Instagram広告の運用方法から、特徴や仕組みについてもご紹介

【徹底解説】Instagram広告の運用方法から、特徴や仕組みについてもご紹介

写真や動画を手軽に投稿できる「Instagram」。若いユーザーを中心に人気を集めるSNSですが、広告メディアとしても注目されており、多くの企業が広告戦略の一つとして活用しています。
ここでは、そんなInstagram広告の特色や仕組み、運用方法についてご紹介いたします。

Instagram広告とは?

Instagram広告とは、全世界で10億人以上のユーザーを誇るSNS「Instagram」上で提供される広告です。
ターゲット絞込みの細かさや広告方式の多様さに優れていて、少ない費用で効果を挙げられると定評があります。これまでに200万社以上が出稿して結果を残しており、非常に注目されています。
出典:Instagramの広告主が全世界で200万を突破

Instagram広告の特徴やメリット

Instagram広告は様々な長所を持ちますが、なかでも以下の2点に優れています。

精度の高いターゲティングができる

「オーディエンス」と呼ばれる任意のターゲット層を設定し、特定の属性を持ったユーザーにのみ広告を配信できます。
言語・所在地・年齢・性別などはもちろん、学歴や家族構成、趣味関心にいたるまで細かく設定可能。最低限の費用で最大限の広告効果を期待できます。

ショッピング機能ですぐに商品購入ができる

ショッピング機能では、広告画像や動画に登場するアイテムに値段・商品名の書かれたタグを設置して、商品詳細や購入ページへと誘導できます。
たとえば、帽子を被った男性の広告を配信し、帽子にタグを付けておけば、帽子が気になったユーザーは簡単に確認・購入可能です。購買意欲が減少する前に購入できるよう工夫されており、販売機会を逃しません。

Instagram広告では目的とCTAを設定できる

広告の効果を最大限にするために、「目的」と「CTA」を選択できます。

目的とは

Instagram広告では、様々な「目的」を設定することができます。主な選択肢は下記の通りです。

  • ・認知度の向上
  • ・トラフィック
  • ・動画の再生数アップ
  • ・リードの獲得
  • ・コンバージョン(メルマガ登録、商品購入など最終的な行動の獲得)

他にも多くの選択肢が用意されています。自社の広告出稿目的を明確化し、最適なものを選択することで、広告出稿の効果を最大化することができます。

CTAとは

CTA(Call to Action)とは「ユーザーの次の行動を引き起こすポイント」です。
たとえば「購入する」「登録する」「申し込む」のようなボタンが該当します。
Instagramでは、以下のようなCTAが設定できます。

  • ・アプリを利用
  • ・インストールする
  • ・ビデオを見る
  • ・リンクを開く
  • ・お問い合わせ

上記以外にも、広告の種類・目的により様々なCTAを設定可能です。適切なCTAを設置することで、広告効果を最大限にひきだすことができます。

Instagramで広告が掲載される場所は?

Instagramの広告は、

  • ・ストーリーズ
  • ・フィード
  • ・発見タブ

の3箇所に掲載されます。

ストリーズ

ストーリーズでは、スマートフォンのフルスクリーンに広告を表示することができます。そのため、よりユーザーの視覚に強く訴えることが可能です。
画像素材を1枚のみ入稿することも可能ですが、複数の画像や 15秒以内の動画、または画像と動画を複数組み合わせて出稿するとより効果的です。複数の画像や動画を入稿した場合、ストーリーズでは自動で画像が次に切り替わるため、自然に深い情報をユーザーに訴求することができます。

フィード

フィードでは、ユーザーがフォローしているアカウントの投稿に混じる形で広告を表示することができます。こちらも複数の画像を入稿することが可能ですが、ユーザーが手動でスワイプしないと次の画像が表示されません。強い興味を引くような工夫が必要になります。

発見タブ

発見タブは、ユーザーの興味・関心からInstagramがおすすめのコンテンツを紹介する場所です。このタブを開くユーザーは「何か新しいもの」を探しており、広告に対しても好意的な反応が期待できます。

Instagram広告の種類

Instagramでは、以下の5つから最適な広告形式を選択できます。

動画広告

音と動きを含めたリッチな宣伝が行えるため、多くの企業が取り入れています。最大再生時間は120秒。ほとんどの拡張子に対応していますが、MP4またはMOVが推奨されています。そのほかのフォーマットは下記のとおりです。

最大サイズ 4GB
対応アスペクト比 1.91:1 ~ 4:5
解像度 上限無し(アスペクト比を満たし解像度の高いものを推奨)

静止画広告

1枚の画像が表示される、もっともオーソドックスな広告です。対応拡張子はjpgかpngで、最大サイズは30MBです。

最大サイズ 30MB
最小解像度(px) 600×500(正方形)
600×315(横型)
600×750(縦型)
最大解像度(px) 1,936 x 1,936(すべて共通)

ストーリーズ広告

全画面で動画・画像を表示できます。毎日5億以上のアカウントがストーリーズを閲覧しており、宣伝効果は抜群です。

最大サイズ 4GB(動画)
30MB(画像)
推奨拡張子 mp4, mov(動画)
jpg, png(画像)
最大再生時間 120秒
アスペクト比 1.91:1 ~ 9:16
(9:16を推奨)
解像度(px) 600×1067以上
(1,080×1,920を推奨)

カルーセル広告

最大10件までの画像・動画を紹介する形式です。関連性のある商品を、一度に宣伝できます。

最大サイズ 4GB(動画)
30MB(画像)
推奨拡張子 mp4, mov(動画)
jpg, png(画像)
最大再生時間 60秒
アスペクト比 1:1
解像度(px) 1080 x 1080以上を推奨

コレクション広告

メインとなる画像・動画広告の下に、商品のカタログページを掲載できる方式です。
こちらも多数の商品を同時に宣伝できます。基本的な要件は、動画・写真広告と同じですが、縦長のサイズには対応していません。

アスペクト比 1:1 ~ 16:9
(1:1より縦長のものは非対応)
解像度(px) 500×500(最小)
(1,200 x 628を推奨)

Instagramの課金方法は全部で4つ

Instagramでは、費用発生のタイミングを以下の4つから選択できます。

CPC

CPC(Cost Per Click)は、クリックごとに費用がかかる形式です。自社サイト内でのお問い合わせを増やしたい場合など、多くのユーザーに自社サイトに訪れてほしい場合などに最適です。

CPI

CPI(Cost Per Install)では、対象アプリのインストールごとに課金されます。有料アプリの提供など、アプリ提供による収益を目指す方におすすめです。

CPM

CPM(Cost Per Mille)は、広告の表示回数による課金です。1,000回表示ごとに費用が発生します。安価に多くのユーザーへ配信できるため、認知度の向上に役立ちます。

CPV

CPV(Cost Per View)は、動画広告の課金方式です。10秒以上動画が再生されると費用が発生します。訴求力の高い動画を用意することで、認知度向上から商品販売まで、あらゆる場面で効果を発揮します。

広告出稿の基本的な流れ

実際の出稿手順は下記のとおりです。複雑な手続きは必要ありません。

①FacebookページとInstagramアカウントの連携

FacebookページとInstagramアカウントの連携を設定します。

②キャンペーン広告の目的設定

連携後、「Instagram Business」の公式サイトから出稿を開始しましょう。まずは出稿の目的を選択します。

③広告セットの設定

続いて広告セットの設定です。
ターゲットの属性・広告の配置場所・予算などを入力します。このとき、広告の配置場所はデフォルトだとFacebookも含まれているため、Instagramのみに出稿したいのであれば忘れずに変更しましょう。

④入稿する広告(クリエイティブ)の作成

最後に、広告に使用したい動画または画像と、希望のリンク先などを設定します。これだけの手順で手続きは完了です。

Instagram広告の注意点とは

Instagram広告を出す際には、親会社「Facebook」の広告ポリシーを遵守しなければいけません。違法な商品・サービスの紹介やアダルトコンテンツ、タバコの宣伝など禁止事項は多岐に渡ります。出稿前に必ず確認しましょう。

また、ストーリーズに掲載する広告以外は、広告内のテキスト割合を20%以下にするよう推奨されています。20%を超えてしまうと低品質だと判断され、広告が表示されにくくなるなどのペナルティが課せられます。

まとめ

このページでは、Instagram広告の特徴やメリット、仕組みについてご紹介しました。
Instagram広告を導入すれば、優れたターゲッティングと広告形式の多様さにより、低コストで収益を改善できます。

未経験でも高品質な動画を作成できる、インハウス動画制作に欠かせない AI 動画編集ツール VIDEO BRAIN
サービス HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ