1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. インハウスでの動画広告運用・制作、そのメリットとデメリットを徹底分析!

インハウスでの動画広告運用・制作、そのメリットとデメリットを徹底分析!

動画マーケティング

動画広告のインハウス運用について

欧米では主流になっている広告のインハウス運用ですが、日本でも企業規模を問わずインハウス化を検討する企業が増えています。

同時に、2020年から始まる 5G をきっかけに、動画広告への注目も集まっています。

更に、Facebook や Twitter など大手プラットフォーマーが動画を推奨していることも見逃してはなりません。ウェブ広告を運用している企業であれば、今後動画広告は避けて通れないものになります。静止画だけに固執するのは、スマートフォンがでてきたのに、ガラケーに注力し続けるようなものです。

ですが、多忙なマーケティング担当者であれば、「動画を作るのも広告を運用するのも同じくらい大変なのに、インハウス化をする必要があるのか」という疑問が出てくるでしょう。

そこで、本稿では「動画広告」に特に焦点を絞り、インハウス運用のメリット・デメリットを徹底比較します。

インハウス運用のメリット

運用とクリエイティブ改善のスピード感

ウェブ広告のメリットは、高速 PDCA をまわせることにあります。インハウス運用のほうが、そのメリットを最大限に生かせます。

代理店にもよりますが、運用担当者と営業1人で10社から数十社の顧客を抱えている場合があります。そうすると、結果的に1社に使える時間が限られてしまいます。アカウントの構築を依頼したのに何営業日もかかる、異常値の発見に数日以上使ってしまった、ということも起こりえます。

クリエイティブ制作に関しても、出戻しなどが発生し、思った以上に時間がかかる可能性があります。特に動画では、静止画と同じく色味や構図は勿論、動画特有のシーンの秒数や動き、BGM、シーン展開など、「ここはこうじゃない」というポイントが静止画の倍以上発生します。
何度もそのやりとりをしていると、結果的に担当者の時間を取られるだけでなく、「今日の新刊に間に合わせたかったのに、まだ思った通りにならない」ということも起こりえます。

一方、インハウス運用であれば、自分たちで思いついた施策を、すぐに広告に反映させることができます。特にスピードやタイミング重視の商材の場合、インハウスのほうがメリットが出せるでしょう。

コストメリット

インハウスであれば、外注費などは不要です。多くの場合、外注した場合のコストは広告費の 20% です。

かける広告費用にもよりますが、月 100万以上かけていれば、自社の広告にかかりっきりの人間を一人雇うのと大きくは変わらない金額がかかります。

更にクリエイティブの外注も行う場合、それ以上にかかる可能性があります。

勿論、インハウスでも人件費はかかります。広告関連業務の人件費が高騰するようであれば、代理店を雇った方が良いでしょう。ただし、本当にその業務が必要な業務なのか、体制やツールで改善できるのかは検討する必要があります。

広告運用ノウハウの蓄積

代理店に広告運用を任せている場合でも、毎月のレポートなどでノウハウはある程度共有されます。

ですが、インハウスで運用した場合とはそれ以上のノウハウが蓄積されていきます。どのようなレポーティングをすれば効果的な分析ができるのか、どのように自社の DB とつなぎ込みを行えば効果が得られるのか、どのようなクリエイティブが自社のターゲットに効くのか等の知見は蓄積できません。

インハウス運用のデメリット

媒体情報や専門知識

インハウス運用だと、大手広告代理店などよりもアクセスできる情報に制限がある場合があります。
大手広告代理店であれば、広告媒体からリリースされていない情報を入手できたり、分析チームが明らかにした広告の仕組みなど独自の専門知識を得ることができたりします。

こういった情報を渡してくれる、運用に生かしてくれる代理店がパートナーであれば、代理店に任せているメリットは非常に大きくなるでしょう。なお、全ての代理店が全ての事業社にこれを行うわけではありませんので、注意が必要です。

動画編集能力とチーム体制

インハウス運用をする場合、体制やワークフローを整えないと、担当者に大きな負担がかかります。その点、代理店に依頼すれは社内のリソースを最小限に押さえることができます。ただし前述した通り、締め切りなどの管理ができなくなる恐れがあります。

特に動画制作に関しては、社内に動画編集の経験がある人がいるかどうか、あるいは未経験でも動画を作れるようなツールがあるかが重要になります。

動画広告のインハウス運用をする時にやるべきこと

運用体制

動画広告の運用を全て1人で担当するのは難しいでしょう。クリエイティブ担当者と分析・レポーティング担当者など、主な役割を分ける必要があります。ただし、役割を分けることと属人化することは異なります。なるべくドキュメントを共有するなど、知識の均一化を図ることが重要です。

そして自分たちの役割を明確化したうえで、後述する定期ミーティングでお互いの進捗や意思疎通を細かく行い、コミュニケーションを円滑に保つことが大切です。

指標の可視化と定期ミーティング

獲得リード数だけではなく、順調に広告が運用できているかを図るための指標を自社で儲けることが重要です。

指標やレポーティングの軸となるのは、「異常値を発見できるか」「KPI への影響がどの程度あるか」の二つです。例えばリードを獲得し CPA を下げたい場合、動画完全再生数を追っていても意味はありません。

また、定めた指標は毎日確認する必要があります。ウェブ広告はリアルタイムに結果が分かります。数日放っておいたら CPA が数千円もはねあがっていたということは起こりえます。こういった異常値やその傾向をすぐに検知できるようにしておくことが欠かせません。

動画広告のインハウス運用をする時に気をつけたいこと

運用チームで定期スケジュールを設定する

動画広告運用だけではなく、他の業務も兼任している場合が多いでしょう。日々の業務の中で適切に数字を追い、PDCA を回すために、振り返りや分析をワークフローに組み込むことが重要です。

前述した分析だけではなく、動画広告の作成や振り返りもスケジュールを立てて計画的に行う必要があります。

コミュニケーションを円滑に、シンプルに

インハウス運用の最大のメリットは「PDCA の最適化」「運用高速化」です。コミュニケーションが煩雑になったり、意思決定までに時間がかかるようでは、インハウス化する意味がありません。

インハウス動画広告運用に重要なこと

代理店に依頼すれば、社内のリソースを最小限に押さえることができる点です。 自社にマッチした、知識の深い代理店を見つけられれば、インハウス運用のメリットでもある「ノウハウの蓄積」もかなえられるかもしれません。

一方、インハウス動画広告運用のメリットは、「PDCA の最適化」「運用高速化」さらに「コスト最適化」です。特に動画クリエイティブは思い通りの動画を外注することが難しく、また PDCA を回せるだけの数を作成するとコストがかかります。

近年、自社で簡単に動画を作れるツールも発表されています。自社に最適なツールを見つけ、インハウス運用の体制を整えれば、今まで以上に効果を最大化できるでしょう。


未経験でも高品質な動画を作成できる、インハウス動画制作に欠かせない AI 動画編集ツール VIDEO BRAIN
サービス HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る