1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. Webマーケティングにおけるインプレッション数とは?意味や活用方法などを徹底解説

Webマーケティングにおけるインプレッション数とは?意味や活用方法などを徹底解説

Webマーケティング

Webマーケティングにおける重要な用語の一つに「インプレッション」があります。広告やSNSの管理画面などで見かけたことのある人も多いでしょう。この記事ではインプレッションの定義や類似する言葉との違い、その活用方法などを紹介します。

そもそもインプレッションとは?意味や仕組みを解説

インプレッション(Impression)とは、Webメディアの世界で広く使われている言葉で、冒頭のアルファベットから「Imp」と略されることもあります。言葉自体は「刻印」や「印象」という意味ですが、そこから転じてWebサイトのページや動画、広告などがユーザーにどれだけ露出したかを示す指標となりました。今や、インターネットでのマーケティング戦略には欠かせない用語です。

インプレッションの定義

インプレッションは、その広告がコンピューターやスマートフォンなどの画面に何回表示されたかを対象とします。広告に対して何らかのアクションを示したどうかは考慮されません。
インプレッション数が少ない場合は増やしていく施策が必要ですし、数が増えても反応が少ない場合は、広告の内容を再考する必要があります。

インプレッションが計測される仕組み

インプレッションの計算自体はシンプルです。広告が掲載されたページが何回表示されたか、そしてそこに広告がいくつ掲載されているかで導かれます。ページに掲載された広告が一つであれば、ページの表示回数=インプレッション数となります。

同じページに複数の広告が掲載・表示された場合は、その合計数がカウントされます。例えば同一ページに広告が2つ掲載されており、そのページが10人のユーザーに見られた場合は、インプレッションは2×10で20とカウントされます。
なお、ページが全部表示される前にユーザーがページを離れてしまった場合の扱いは、広告の配信システムによって違いがあります。

インプレッションと他の指標との違いは?


冒頭で指摘したように、似たような指標は他にもあります。それらの違いを把握しておかないと、情報を分析する時に混乱し、間違った数値を引用してしまう危険もあります。それぞれの用語の意味をしっかり確認しましょう。

PV(ページビュー)との違い

PVはその名の通り、ページがユーザーに何回見られたかを示す数値です。ページに掲載されている広告が一つの場合、PV数=インプレッション数となるので、混同してしまう方もいます。しかし先ほど説明したように、ページに掲載された広告が複数あると、PV数とインプレッション数は異なる数字になります。

エンゲージメントとの違い

エンゲージメント(Engagement)は、主にSNSの分野で使われており、広告を見たユーザーが何らかのアクションを示した場合にカウントされます。
アクションの対象になるものはSNSのサービス内容によって個々に決められています。Facebookの場合は「いいね」「シェア」「コメント」、Twitterの場合は「いいね」「リツイート」「投稿内のリンクのクリック」などが対象です。

リーチとの違い

リーチはインプレッションとの違いが分かりにくい指標ですが、簡単にいえば「ユニークユーザー」と同じで、何人の人に広告の情報が届いたかを示すものです。

例えば、同じページに2つの広告が掲載されており、そのページが4回見られています。4回とも同じ人が見ていた場合、PV=4、インプレッション=8、リーチ=1として記録されます。広告の目的が「大勢のユーザーに認知されること」である場合は、リーチ数が低いこの広告は評価できません。一方、「見込み客に繰り返し見せて購買につなげたい」場合は、インプレッション数が高く良い結果です。

セッションとの違い

セッション(Session)は、ユーザーが検索やリンクなどからWEBサイトに来て、そこから離れるまでの一連の行動を「1」としてカウントする指標です。
サイトに来てすぐに離脱した場合はセッション数=インプレッション数となりますが、一般的には他のページを見て回ることも多いため、混同しないようにしましょう。

インプレッションを計測する理由や指標の活用方法

広告をより効果的に運用するには、どれくらいの人に見られ、どれくらいのアクションがあったかを測定・記録し、分析・改善することが重要です。そのために、はじめに捉えておくべき指標がインプレッションです。

そもそも表示すらされていないようなら、広告の意味がありません。おおまかにはインプレッション数が多いほど広告の効果は高まります。例えばインプレッション数が1,000回、そこからの購入が5件の場合、単純にインプレッション数を倍の2,000に増やせば購入も10件を期待できます。このように、広告の効果を測るとき、インプレッションは分母として大きな役割を持ちます。
もちろん、いくら広告が見られていても、実際のアクションにつながらなければ意味がありません。そのため、他の指標とも組み合わせて運用していくことが望まれます。

インプレッション数を増加させる方法

インプレッション数を増やす方法はいくつかありますが、最も簡単な方法は、全体の予算を増やすことです。広告の出稿には上限金額の設定があり、その金額を増やせば出稿量が増えてインプレッション数を稼げます。

またWeb広告はキーワードごとに単価を設定できますが、単価が低いと出稿できる機会を減らしてしまいます。反面、単価を上げると広告コストは上がるので、適正な金額に設定する必要があります。
また、競合の少ない穴場的なキーワードを見つけられると、ライバルが少ない分、広告が表示されやすくなる可能性があります。

まとめ

Web広告の運用では、さまざまな指標を確認しながら次の施策を考えることが必須です。インプレッションは多くの指標の分母となる重要な数値ですが、あくまで表示された回数であり、過度に重視しても正しい改善策に繋がりません。そのことを正しく理解し、他の指標と組み合わせて分析を深めることで、広告のパフォーマンスをより高いものにしましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。
HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る