1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. ゴールデンサークル理論がブランディングに役立つ?その理由と活用方法について紹介

ゴールデンサークル理論がブランディングに役立つ?その理由と活用方法について紹介

企業のブランディングがうまくいかないと悩んでいるときに取り入れてみたいこと。それは、ゴールデンサークル理論です。ゴールデンサークル理論は、企業のブランディング戦略に優れています。

この理論は、「何をやるか?」ではなく、「なぜそれをするのか?」といった物事の本質を説明するためのフレームワークが特徴的で、数多くの成功しているリーダーや組織はこの考えをもとに行動しているといわれています。

この記事では、ゴールサークル理論の概要や考え方、役に立つ理由などを詳しく解説します。

ゴールデンサークル理論とは?

ゴールデンサークル理論とは、マーケティングコンサルタントのサイモン・シネック氏が提唱した理論です。
2009年に開催されたTEDのプレゼンテーション、「優れたリーダーはどうやって人の行動を促すか」の中で提唱し、一躍有名になりました。

ゴールデンサークル理論は、「WHY(なぜ)」「HOW(どうやって)」「WHAT(何を)」の順番で円が構成されています。サイモン・シネック氏によると、物事を説明するとき、「WHY」から伝えることで多くの人の共感を得ることができるそうです。

ゴールデンサークル理論の考え方については、 具体例を踏まえながら次で詳しく説明します。

参照:サイモン シネック: 優れたリーダーはどうやって行動を促すか

ゴールデンサークル理論の考え方


多くの人は物事を考えるとき、「WHAT→HOW→WHY」の順番で考えます。

例えば、「私たちは軽量のノートパソコンを開発しました(WHAT)。外出先でもストレスなく持ち運べます(HOW)。」

これでは、「WHY」の部分が説明できていません。

ゴールデンサークル理論は、この「WHY」の部分から説明します。

先ほど出した例で考えると、「私たちはIT技術で、多くのビジネスマンがスマートに仕事ができる社会を作りたいと思い努力した結果(WHY)、外出先でもストレスなく持ち運べる(HOW)軽量のノートパソコンを開発しました(WHAT)。」のように、「WHY」から物事の本質を説明します。

ブランディングにゴールデンサークル理論が役立つ理由

ブランディングにゴールデンサークル理論が役立つ理由には、人間の脳の仕組みと、イノベーター理論が大きく関係しています。ここでは、それぞれ詳しく説明します。

人間の脳の仕組み

サイモン・シネック氏は、ゴールデンサークル理論が人間の脳の仕組みに対応していると述べています。

人間の大脳は大きく分けると「大脳新皮質」「大脳辺縁系」「脳幹」の3つで構成されており、そのうち「大脳新皮質」は「WHAT(何を)」の合理的・分析的思考を司り、「大脳辺縁系」は「WHY(なぜ)」と「HOW(どうやって)」の感情や忠誠心を司っています。

人は信念や価値観に基づいて行動します。例えば子供のころから、「手を洗わないと風邪を引く」といわれていたとします。
「手を洗わないことは危険」という信念や価値観が生まれるため、手を洗うという「行動」につながります。

つまり、「WHY」からはじめ「HOW」「WHAT」の順番で説明をすると、人間の直感的な感情に触れることができ、行動を促すことができるということです。

イノベーター理論

ゴールデンサークル理論の「WHY」が重要なもう一つの理由として、「イノベーター理論」をご紹介します。

「イノベーター理論」とは、商品が市場に普及していく様子を5つの層で表したもので、「イノベーター」の層の人々は「WHY」に重きを置いて商品を購入するといわれています。

ここでの「イノベーター」とは、新しい商品を好む層であり直感的に行動する人たちです。つまり、誰にも知られていない商品を市場に浸透させるためには、はじめに「WHY」を語り直感的に行動する消費者にアプローチすることで、多くの人に商品を知ってもらうきっかけが作れるということです。

ゴールデンサークル理論の活用例

ここでは、ゴールデンサークル理論の活用例を紹介します。

熱狂的なファンが多い「Apple」は、ゴールデンサークル理論に基づいて物事を説明しています。

例えば、Appleは

「WHY:我々のすることは世界を変えると信じている。そして違う考えに価値があると信じている」
「HOW:すべての製品を美しくシンプルに使いやすい製品にする」
「WHAT:素晴らしいスペックの製品が誕生した」

というように、商品の説明をするときは「WHY」から順に物事を伝えています。

長年多くのファンに支持されているのは、このように強固な信念やコアを貫いているからです。

まとめ

ゴールデンサークル理論は、ブランディングを成功させるために活用できる重要な考え方です。
商品・サービスを発表する際には、まず「なぜそれをやるのか」の理由を明確にすることが何よりも大切です。今回ご紹介したゴールデンサークル理論の考え方や企業事例を参考にし、自社のブランディング戦略に役立ててください。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。
HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ