1. TOP
  2. Facebook
  3. Facebook広告の問い合わせ方法は4つ!問い合わせ手順や活用のタイミングについて

Facebook広告の問い合わせ方法は4つ!問い合わせ手順や活用のタイミングについて

Facebook広告を利用している方は、どこに問い合わせればいいのか、わからず困ったことがあるのではないでしょうか。Facebook広告を運用してく中で、ここどうすればいいのか、この問題はどうしたら解決できるのだろうか、この操作方法でまちがいないだろうか、といったような疑問点は少なからず出てくるものです。

そのような疑問に解決するため、Facebook広告にはヘルプ情報があります。しかし、ヘルプ情報だけでは不十分で問題を解決できないことも多々あるでしょう。

Facebook広告は、何かを宣伝する方法として非常に便利ですが、全世界のユーザーからの問い合わせに対応するコストは計り知れません。ユーザーが感じた疑問点や問題点を直接問い合わせできる場所は無いのが現状です。

では、「広告アカウントの作り方がわからない」「勝手に停止された」。こうしたことが起こったら、どこに相談すれば良いのでしょうか。

直接問い合わせはできませんが、実はよくある質問などはヘルプセンターに集約されているのです。この記事では、Facebookに用意されている「問い合わせ方法」と、その活用するタイミングについて解説します。

Facebook広告の問い合わせ手順

まずは、Facebook広告の問い合わせ手順を解説します。主に以下の5通りです。

・Facebookビジネスヘルプセンターにアクセス
・初心者向けガイドを参考にする
・ヘルプセンターを活用する
・ヘルプコミュニティに参加する
・直接電話で問い合わせる

まずは「Facebookビジネスヘルプセンター」にアクセス

まず「Facebook広告 ヘルプ」で検索をして、ビジネスヘルプセンターのサイトをクリックします。Facebookビジネスヘルプセンターには、ビジネスツールを活用するためのアドバイスやガイドが載っています。もちろん、トラブルシューティングにも対応が可能です。

トップ画面に検索スペースがあるので、そこに調べたい内容を記載します。類似する内容がヒットすると問題が表示されるため、解決方法を読み作業を行ってください。

Facebook広告に関して困った場合には、まずはビジネスヘルプセンターにアクセスしましょう。

初心者向けガイドを参考にする

初心者向けガイドには、投稿と管理、収益化を開始する方法が書かれているので参考にできるでしょう。

Facebookは全世界の多くの方に利用されているサービスです。そのため、Facebook広告をうまく活用できれば、多くの方々に情報を届けることができます。

適切な投稿、管理、収益化を目指すためには、初心者向けガイドを参考にしてください。ターゲットの割り出しや目標を定め、収益化する方法も提示してくれます。
参考:『初心者向けガイド』

ヘルプセンターを活用する

問題を抱えていると、別の作業が進みません。そんな時はヘルプセンターを活用しましょう。

ヘルプセンターには、Q&A形式のよくある質問が用意されており、悩んでいる内容のカテゴリに応じたマニュアルも用意されています。

よくある質問は、Facebook創設以来(2004年)から貯められたものです。ヘルプセンターには、長期にわたって運営してきた過去のノウハウが詰まっています。多くのユーザーの声に耳を傾けたからこそ、質のいい質問とその答えが貯められているのです。

多くの場合は「ヘルプセンター」で解決できますので、お困りの際には利用してみてください。

また、似ている質問の答えがヒントになることもあります。Facebookに問い合わせると時間がかかるため、調べ方を工夫してヘルプセンターを活用してみてください。
参考:『ヘルプセンター』

ヘルプコミュニティに質問する

「ヘルプコミュニティ」はYahoo知恵袋のようなQ&A形式の掲示板です。ユーザー同士が質問したり答えたりすることができます。

このヘルプコミュニティを活用することで、自分と同じ悩みを解決した方の意見を仰ぐことが可能となります。質問方法は以下の通りです。

1質問のカテゴリを選択
2入力した質問がすでに回答済みか確認
3質問の詳細を記入して投稿
4回答を待つ

Facebook広告に詳しいユーザーが、あなたの質問に答えてくれるでしょう。こちらもヘルプセンター同様、有効な問題解決の手段です。お困りの際には、積極的に活用することをおすすめします。
参考:『ヘルプコミュニティ』

電話で問い合わせる

残念ながらFacebookに直接問い合わせることはできません。数多くのユーザーを抱えていることが原因です。

本社はアメリカのカリフォルニア州にあり、世界70都市に支社があります。日本にも支社がありますが、電話番号は一般公開されていません。

ただし、条件を満たした広告主だけは電話サポートを受けることができます。条件を満たすためには、影響力のある広告主でなければなりません。つまり、マーケティングエキスパートにおける電話サポートは、一握りの人しか利用できないのです。

本社があるアメリカは電話番号が唯一公開されていますが、直接は話せず自動音声に切り替わります。電話で問い合わせることは不可能なため、上記のヘルプセンター、もしくはヘルプコミュニティを利用するようにしましょう。

どんな時にFacebook広告の問い合わせが必要になる?

では、どんな時に問い合わせが必要になるのでしょうか。ここでは、3つのタイミングをご紹介します。

・Facebook広告運用初期
・ビジネス認証プロセス
・広告アカウントが停止された場合

Facebook広告を利用しようと思っている方はぜひ参考にしてみてください。

Facebook広告運用初期

Facebook広告を運用としている方は、設定方法や初期設定で困ることが多いでしょう。初期の設定方法は主に以下の通りです。

・Facebookの配信方法を選ぶ
・広告アカウントの作成
・Facebook個人アカウントの作成
・Facebookページの作成
・Facebookビジネスマネージャーアカウントの作成
・広告アカウントの作成
・広告の作成
・キャンペーン・広告セット・広告の設定
・支払い方法の設定
・審査

このことから、広告がFacebookに載るまでには手間がかかることがわかります。また、Facebookページはどのように作るべきか、広告のキャンペーンはどれを選択すべきか、といった悩みも出てくるでしょう。その際には、上記のQ&Aなどを活用してみてください。

ビジネス認証プロセス

ビジネス認証プロセスには、Facebook上に載せても良い利用者なのかを審査する目的があります。

広告を出すのが法人であること、電話番号かメールアドレスを所有しているかどうか、ビジネスにアクセスできるかなどを確認します。その結果、正当なビジネスと判断されなかった場合には、法人設立認可証や営業免許などの書類提出を求められる可能性があるため注意が必要です。

また、不手際や記載ミスでビジネス認証が認められないこともあります。その際には問い合わせをして確認すると良いでしょう。

広告アカウントが停止された場合

・ユーザーにネガティブなコメント書かれていた
・アカウントにセキュリティ上の問題がある
・Facebook側の手違い

このような理由で、広告アカウントが停止した場合、問い合わせる必要があります。直接Facebookに問い合わせできないため、まずはヘルプを参考にしましょう。

https://ja-jp.facebook.com/business/help/968402779873601

ちゃんと動画クリエイティブのPDCAサイクルを回せていますか?

Facebook広告を初めて利用する、設定方法がわからない、予想外に広告が停止されたなどの広告の問題は、ビジネスヘルプセンターに問い合わせる必要があります。問題を解決し、より多くの方に広告を届けましょう。

また、広告の収益化を図るためには、ターゲット、目的、アプローチ方法を振り返る必要もあります。同じアプローチ方法で広告を出し続けても意味はありません。さらなる収益化を目指すためには分析が欠かせません。

では、どのように分析を行えばいいのでしょうか。まずは、分析のために効果測定を行います。そのためには定期的な振り返りと広告設定の見直しが必要です。

・目的
・ターゲット設定
・広告の手法の適切さ

広告を公開した際には、この3点を振り返ってみましょう。動画の目的に沿った効果が得られているかを調べる必要があります。得られていない場合には、なぜ得られなかったのか、目的がずれた原因を考え、設定方法を見直します。そうすることで、より効果的な広告展開ができるでしょう。

動画編集ソフトがPDCAサイクルを加速させる理由

企業自身が効果測定を行い、PDCAサイクルを回すのは手間がかかりますが、動画編集ソフトを使えば、PDCAサイクルを効果的に加速させることが可能です。プロのサポートを受けながら修正することは非常に有効だと言えるでしょう。

チームの中で修正を行うと、主観が入るため、修正案や改善策が偏る可能性があります。次の動画で同じ間違いを起こすことも少なくありません。コスト削減のためにプロに頼まないことが、反対にコストの増大につながってしまう可能性もあるのです。

動画編集ソフトは多くの種類が出ており、それぞれメリットもあります。目的に合ったソフトを選びましょう。なかでもおすすめは「Video BRAIN」です。
https://video-b.com/


Video BRAINを利用すれば、AIのサポートで簡単に動画編集ができます。作業はたったの2つです。使いたい写真や動画、文字などをアップロードするだけで、AIが自動でマッチングして動画を作成してくれます。

画面が直感的に操作しやすく、初心者の方でも理解しやすいのも強みです。分厚いマニュアルや何ページにもわたるヘルプを見る必要もありません。細かな修正・編集も1クリックで簡単に仕上がります。初心者の方でも戸惑うことなく編集できるでしょう。

Video BRAINを導入することで作業の負担を減らすことができ、時間短縮にもつながります。動画作成をスムーズに行うためにも、Video BRAINの導入は非常におすすめです。

豊富なテンプレート×フォントで「ワンパターン」から解放される

動画作成の大きな悩みとして、作成する動画がワンパターンになってしまうことが挙げられるでしょう。素材やテンプレートの数が少ない場合には、差別化を意識して動画を作ったとしても、どうしても同じように見えてしまうということもあります。

Video BRAINでは、あらゆるシーンに活用できる素材やテンプレートを使い放題でご用意しています。無料で使える素材は約528万点、フォントは約200書体あり、自社の商品やサービスのイメージに合わせたデザインの編集が可能です。

BGMや効果音も複数利用できるので、視聴者を引きつける魅力的な動画が完成するでしょう。長めの動画を作りたい担当者の方に向けて、最大60分まで作成可能にしています。

Video BRAINを利用することで、幅広いパターンの動画を作成することができ、動画制作者がよく陥る動画のワンパターン化も防ぐことができるでしょう。

投稿したクリエイティブを素早く分析・効果検証できる

動画配信後の効果を調べることも、動画担当者の仕事でしょう。YouTube内にもアクセス解析機能はありますが、Insight BRAINを使えばより便利です。自社の動画の他、競合他社のフォロワー推移や投稿データの相関性も調べることができます。

結果を分析・検証し、反省点や改善点を次に生かせば、サービスの認知や成約数に貢献できるでしょう。通常、解析には相応の専門知識が必要となりますが、Video BRAINを活用すれば手軽に行えます。

まとめ

Facebookは全世界にユーザーがいるため、直接問い合わせができません。また、ユーザーが利用中に感じた疑問点や問題点などを問い合わせるためのコールセンターや問い合わせフォームもないのが現実です。

FacebookやFacebook広告を利用している際に感じた疑問点や問題点に関しては、Q&Aやヘルプコミュニティを活用して、自分で調べて解決する必要があります。

ヘルプコミュニティを利用したけど、どうしてもネット上のツールでは解決できないと感じた場合には、Facebook広告に詳しい方に相談しましょう。

Facebook広告を有効に活用するには分析が必要です。そのため、外部からのアドバイスは非常に重要なものであり、アドバイスを受けることでより効率的なFacebook広告の運用につなげることができるでしょう。

質の高いFacebook広告を作りたいという方はぜひVideo BRAINをお試しください。Video BRAINを導入することで、より質の高い動画を作成することができます。まずは、お気軽にお問い合わせください。

https://video-b.com/case/


Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ

この記事をシェアする