1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. Facebook広告のシミュレーションで事前に効果を予測?手順や注意点を解説

Facebook広告のシミュレーションで事前に効果を予測?手順や注意点を解説

Webマーケティング

さまざまなSNSの活用が広まったことで、SNSを使った広告も活発におこなわれています。
その中でも、簡単で手軽に出稿できるサービスとして注目されているSNSがFacebookです。

この記事では、Facebook広告を出稿する際の費用対効果の予測に役立つ「シミュレーション」についてご説明します。

Facebook広告のシミュレーションとは?

Facebook広告は使い勝手の良いサービスであることはよく知られています。
広告マネージャという広告管理ツールがあり、実際の入稿は設定すべき項目ごとにナビゲーションしてくれたり、配信結果についてもわかりやすく表示されるからです。

しかし、実際に広告出稿するとなるとユーザーの反応も考慮しなければなりません。
実際にどれくらいの広告予算を用意し、どう運用すれば、よい効果が見込めるのでしょうか。

普段から利用しているメディアであれば、どれくらいの反応が見込めるかを見積もることができます。
しかし、初めてFacebook広告を配信する人にとっては費用対効果を想像することが難しく、広告媒体としてFacebookの利用をすることに対して判断を下しずらいと思います。

Facebookの広告運用のためのプラットフォームである広告マネージャには、広告の試算を行うシミュレーション機能があります。
出稿する広告だけでなく、出稿する前にどのような費用対効果を見込めるかのシミュレーションを行うことが可能で、広告のターゲティングや出稿金額を設定すれば、どれくらいのユーザーからの反応を得ることができるか予測ができます。

広告マネージャを利用したFacebook広告のシミュレーション方法

広告のシミュレーションでは、広告予算や配信期間に対して、期待できるリーチ数やクリック数を算出することができます。

では、広告マネージャを利用したFacebook広告のシミュレーションはどのようにして行うのでしょうか。その手順をご紹介します。

広告マネージャの立ち上げとシミュレーション設定

まず、Facebookの広告に関する管理画面である広告マネージャを立ち上げます。
Facebookのメニューボタンから広告管理画面を起動することで広告マネージャを立ち上げることができます。
次に、実際に広告出稿をするときと同様に、広告の作成を行い、作成した広告でシミュレーションを行っていきます。

シミュレーションは、広告マネージャの設定の変更を行うことで実行されます。
実際の広告の設定と同じですので、シミュレーションであることを意識することもありませんし、実際とは異なる設定をすることもありません。

広告配信の目的とオーディエンス

最初に広告配信の目的を決めます。
目的の設定によってシミュレーションの結果が変わってきますので、一度設定した目的を変えていくつかのシミュレーションを試してみるのもいいでしょう。

次にオーディエンスを設定します。オーディエンスは、広告が狙っているターゲット層の設定になります。
国や地域、年齢、性別、言語といった内容を設定します。
さらに趣味や興味、関心事、性質といったカテゴリーを細かくターゲティングすることもできます。

予算と配信期間

実際に配信するにあたり必要となる予算と配信期間を設定していきます。
Facebook広告ではキャンペーン単位に予算を設定する方法と、広告セットごとに予算を設定する方法があります。ここでは広告セットごとに最適化をかけていく方法の説明をします。

キャンペーン単位で予算を設定する場合は1日の上限金額、または通算予算から設定を選ぶことができます。
すでに広告予算が決まっている場合は通算予算として金額を入力するといいでしょう。

配信期間は設定した広告セットを今日から継続的に掲載する場合と、開始日と終了日を設定する場合があります。
例えば、これから行うキャンペーンの告知であれば、キャンペーンの実施期間を考慮して期間を設定することができます。

シミュレーションの結果を見る

すべての設定が終わると、シミュレーションの結果をすぐに見ることができます。
シミュレーションの結果として見えるのが、コンバージョン数やリーチ数の推定です。
潜在リーチ数は推定される1日のコンバージョン数とその際に想定される予算が算出されてでてきます。
これによりコンバージョン1件当たりの単価がわかりますので、計画していたものとどれくらい異なるかがイメージできます。

この結果を見て思った以上にリーチ数が少ないと感じた場合は、現在の設定よりも広い範囲でのターゲティングで再度シミュレーションを試してみるのもいいですし、多すぎるようであれば、他の条件を加えてより細かいターゲティングをしてみることもできます。

参照:キャンペーン予算の最適化について|Facebook for Business

シミュレーションを行う際の注意点

シミュレーションを行う際の注意点

最後にシミュレーションを行う際の注意点を説明します。
シミュレーションはあくまでも推定されたものを表示しています。
そのため、実際の結果とは異なる場合も考えらえます。どのような点を注意したらよいのでしょうか。

シミュレーションは保証値ではない

広告マネージャで算出できるシミュレーション結果は、確定された数値あるいは保証された数値ではなく、あくまで推定となりますので、状況により変動は考えられます。

オーディエンスサイズひとつをとってみても、推定値はFacebookの登録ユーザーのデータから算出されていますのである程度の予測はつくもののリーチを保証するものではありません。

実際にログインしてタイムラインを見たり、広告をクリックしたりするのは、ユーザー自身が決めることだからです。そのため、シミュレーションで出ている数値もかなり幅をもたせた表記になっています。

シミュレーションでよい値がでたからといってもそれが結果を保証するものであると安心することはできません。
実際にどのような結果になるかのパフォーマンスはやってみなければわからない部分が少なくないからです。

広告のクリエイティブが大切

ユーザーに、実際に広告をクリックしてもらうであったり、なにかしらのエンゲージメントを起こしてもらなどの行動が結果に表れるためには、広告のクリエイティブはとても重要な要素になります。

ユーザーの印象に残るような効果的な広告テキストになっているのか、画像が表示された瞬間に興味をひくようなものになっているかなど、広告自体のクオリティをあげることが大切です。ターゲットとしているユーザーからクリックを集められるような、つい反応したくなってしまう広告を用意しましょう。

広告配信後のシミュレーション活用

シミュレーションは、広告を配信するための目安として利用することができます。
費用対効果の予測をできるだけ正確におこないたいときには、一般的に過去の実績から判断します。

しかし、新たにFacebook広告を始めようとする企業にとっては、その指標がありません。
こういったときにシミュレーションは運用のイメージづくりに役立ちます。

では、すでに運用している場合は、どうでしょうか。
すでに運用をしている場合は、現在設定している項目を変更したらどうなるだろうかという観点でシミュレーションが利用できます。運用をしながら次の予算を決めたり、広告クリエイティブを考えたりといった広告の最適化作業に利用しましょう。

まとめ

Facebook広告は、少額からスタートでき、気軽に変更や停止ができるメリットがある媒体です。
とはいえしっかりと費用を用意して行うものですから、最大の効果を出すことが求められます。
柔軟に条件変更させることでより大きな投資対効果にすることへつなげるためにシミュレーションは大きな役割を果たしてくれます。
そのうえで、最も大きな効果を出すために、広告クリエイティブを最適化することも重要です。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る