1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. Facebookの広告レポート機能が便利!手順やカスタマイズ方法について徹底解説

Facebookの広告レポート機能が便利!手順やカスタマイズ方法について徹底解説

Webマーケティング Facebook広告のレポート機能

Facebook広告を最大限活用するためには、広告レポート機能の使い方を知っておくことが重要です。
レポートから広告のパフォーマンスを確認することで、問題点を抽出し改善することが可能になります。
レポートは自分でカスタマイズすることもできますが、手順が少し複雑です。

この記事では、Facebookの広告レポート機能の概要と重要性を説明し、その上で実際に利用するときの手順についてもご紹介します。

Facebookの広告レポート機能が便利

ここでは、Facebookの広告レポート機能の概要とその重要性についてご紹介します。

広告レポート機能とは

Facebookの広告マネージャでは、FacebookやInstagram、Audience Networkで出稿している広告の配信結果が確認できます。
広告レポート機能はその配信結果を、選択した内訳や指標に基づき、レポートにまとめてくれます。

例えば、ある広告のレポートで特定の年齢層を指定すると、その年齢層に対するパフォーマンスデータが見られます。また、作成したレポートのエクスポートや共有が実行でき、あらかじめ設定した内訳や指標についてのレポートを定期的にメールで配信するよう設定することも可能です。

レポートは、テンプレートを使用することで簡単に作ることができますが、自分でカスタムレポートの作成も可能です。カスタムレポートでは、内訳、フィルター、並び替えなどの機能を活用し、レポートを見やすいようにカスタマイズができるのです。

広告レポート機能の重要性

レポートを確認することで、媒体で行っているキャンペーンの効果が分析できます。
ターゲット層やコンバージョン率、リーチしたユーザーの属性などの細かいデータの把握は、広告を改善するための施策を練る時などに役立ちます。

Facebook広告においてPDCAサイクルを回すためにも、広告レポート機能は必要不可欠な存在です。

Facebookの広告レポート機能の使い方

Facebookの広告レポート機能の使い方

ここからは、Facebookの広告レポート機能の使い方をご紹介します。

広告アカウントにアクセスする

Facebook広告マネージャを開きアカウントにアクセスしましょう。次に、メインメニューで「測定とレポート」を選択し、「広告レポート」を選んでください。
もしくは、キャンペーン・広告セット・広告のそれぞれの階層で、「レポート」を押し開いたメニューから「エクスポート」の選択もできます。

そうすると、レポートをテンプレートから作成するか、自分でカスタマイズして作成するかが選べます。

テンプレートからレポートを作成する

テンプレートからレポートを作る場合は、「広告レポートから作成」を押し、表示されたテンプレート名を選択し、使われている指標を確認してください。
その上で、自分の求める指標が使われているテンプレートを選択します。
選んだテンプレートからレポートを作成し、内容を保存しましょう。

広告レポートの指標には、広告パフォーマンス指標、エンゲージメント、コンバージョン、設定と大きく4つに分かれています。
更に、広告パフォーマンス指標はリーチやインプレッション数、エンゲージメントなら「いいね!」や動画の再生数といったように細分化されており、全部で250以上の項目が用意されています。

カスタムレポートを作成する

カスタムレポートを作る場合は、「作成」を押した上で内訳を選択し、レポートにおけるデータの表示方法をカスタマイズしていきます。

まず、画面左側にある「内訳」タブから使用する内訳を選択しましょう。内訳では、レベル、時間、利用者データ、配信、アクションといった分類から38の項目を選択することができます。

次に、同じく左側の「指標」タブでレポートに表示する指標を選択してください。
内訳をグループ化しフィールドを並び替えたいときは、セルの横にある逆三角形の並び替え記号をクリックしましょう。

反対に、グループ化を解除したいときは、並び替え記号をクリックし「グループ化を解除」を選択します。
また、データを列で並び替えたいときは列のヘッダーをクリックしてください。

カスタムレポートの編集が完了したら、内容を保存しておきます。

保存済みのレポートを操作する

保存済みのレポートはエクスポートできます。
広告マネージャから広告レポートへ移動すると、保存済みのレポートが一覧で表示されます。
レポート名をクリックするとレポートの内容が表示されるので、そのまま「エクスポート」を選択しましょう。

続いて、出力先のフォーマットを選択してレポートをエクスポートします。
ちなみに、レポートの一覧画面ではレポート名の隣に「レポートを表示」ボタンが設置されており、そのオプションからレポートの複製と削除が実行可能です。

更に、この一覧画面から定期レポートの設定ができます。
定期的にメールで送りたいレポートの名前にカーソルを合わせ、表示される「編集」のアイコンをクリックします。「レポート設定」メニューが現れるので「メールの配信設定」にチェックを入れましょう。

最後に、メールの配信方法と購読者を指定し「実行」を押すことで、定期レポートが指定のメールアドレスに送られるようになります。

まとめ

Facebookの広告レポート機能は、キャンペーンや広告一つひとつの効果を確認するために欠かせないツールです。カスタムレポートを使いこなすと、分かりやすいレポートが作成できるようになるでしょう。

Facebook広告でマーケティングを行うときは、広告レポート機能を活用し、パフォーマンスの最大化を目指してみてください。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る