1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. Facebookダイナミック広告とは?仕組みと作成方法について解説

Facebookダイナミック広告とは?仕組みと作成方法について解説

Webマーケティング

Facebookのフィードに表示される商品の広告を、Facebookダイナミック広告といいます。
Facebookがユーザーの行動履歴を基に自動的に、商品と関連性の高いユーザーを見つけ、そのユーザーと親和性が高いと想定される商品の広告が掲載されるため、広告主にとって効率の良い広告運営ができます。

この記事では、Facebookのダイナミック広告の概要や仕組み、そして作成手順についてご紹介します。

ダイナミック広告とは

Facebookのダイナミック広告とは、アップロードした商品のカタログ(製品フィード)がユーザーの属性やインターネットの閲覧履歴や購買履歴を基に、ユーザーが興味を持ちそうな商品を動的に表示する広告配信の手法です。個別に広告を作成するのではなく、用意されている広告テンプレートに記載された商品の画像や説明が自動的に表示されます。

ダイナミック広告の仕組み

ダイナミック広告は、ビジネスマネージャに登録した商品カタログの中からユーザーに関連性が高い商品をFacebookのエンジンが選び出し、自動的に掲載されます。
自社の商品に興味・関心を持つ可能性のあるユーザーは、どのようにして選ばれるのでしょうか。

広告主はダイナミック広告の準備として、宣伝したい商品が紹介されている自社のWebサイトに「Facebookピクセル」というコードを実装します。
これにより、ユーザーの閲覧履歴が取得できます。

ユーザーの閲覧履歴や位置情報、年齢、性別、興味関心などの属性情報が、FacebookピクセルとFacebookのログイン情報により集められます。
Facebookでは、ログイン情報ごとにユーザーを管理しターゲティングするクロスデバイス配信が可能なため、PCやスマートフォンなどデバイスの種類を問わずに情報を集約することができ、ターゲティングの精度が高くなります。

ダイナミック広告のメリット

ここからは、ダイナミック広告を利用するメリットをご紹介します。

コンバージョン率を改善できる

ダイナミック広告でアプローチするユーザーは、商品と関連性が高いと自動的に判断されているため、既に商品に興味を持っていることが多いです。
そのような前提がある上で商品ページへと誘導するため、ユーザーはアクションを起こしやすい傾向があり、コンバージョン率が上がりやすくなります。

広告オークションで関連度の高さを評価されやすい

ダイナミック広告では、ユーザーの属性や閲覧履歴などの情報を基に最適なクリエイティブを配信できます。
そのため、関連度の高い広告として診断される傾向があります。
Facebookオークションで使用される総入札額を算出するとき、広告の質と関連度も考慮されます。また、広告の関連度が高いと、入札額が安くても配信量を確保することが可能です。

広告作成の手間と時間が省ける

企業の規模やビジネスの種類によっては、莫大な商品数を抱えていることもあるでしょう。
そのよう場合でも、ダイナミック広告を活用することで、一度の広告作成で複数の商品を宣伝でき、広告の作成にかかる手間を大幅に削減できます。

参照:facebook for business ビジネスヘルプセンター ダイナミック広告について

ダイナミック広告を作るための準備

ダイナミック広告を作るための準備

ここでは、Facebookでダイナミック広告をスタートするための準備をご紹介します。

カタログを作成する

まずはカタログを作成し、インベントリを追加していきます。カタログは宣伝したい商品のデータベースとして機能するため、重要な項目です。
カテゴリには「製品」「ホテル」「フライト」「目的地」「不動産・住宅」「自動車」の6種類があります。
広告に載せたいすべての商品の情報を正しく入力しましょう。

参照:facebook for business ビジネスヘルプセンター カタログマネージャーの概要

WebサイトにFacebookピクセルを実装する

自社のWebサイトにFacebookピクセルを設置しましょう。次にピクセルをカタログにリンクします。
これにより、ユーザーが過去に検索もしくは反応したことのあるアイテムを、カタログの中から表示できるようになります。

ダイナミック広告の作成手順

必要な準備が整ったら、ダイナミック広告を作成していきます。
ここでは、ダイナミック広告の作成手順をご紹介します。

キャンペーンを作成する

広告マネージャで「作成」をクリックし、キャンペーンを作成しましょう。
マーケティングの目的には「カタログ販売」を選択し、宣伝したい商品のカタログを選びます。

広告セットを作成する

宣伝したい商品セットを選択したら、ターゲティングや広告の配置、予算、掲載する期間などを設定します。
フォーマットには、2枚以上の画像をスクロール形式で掲載する「カルーセル」、1枚の画像を使った広告を最大6個表示できる「シングル画像」、そしてフルスクリーンで広告を表示できるモバイル専用の「コレクション」の3種類があります。
広告用に準備している画像のタイプや商品の種類などにより、適切なフォーマットを選択しましょう。

テキストを入力する

「リンク」の設定ができたら、テキストボックスに見出しや説明文を入力しましょう。
全ての入力が終わったら、広告の変更を確定します。

ダイナミック広告を出す際の注意点

ダイナミック広告ではユーザーの閲覧履歴情報だけでなく、位置情報や性別、年齢などの属性もベースに関連性が高いと予測される商品を宣伝することができます。
そのため、Webサイトに未訪問のユーザーも視野に入れ、幅広い層へ配信することが可能になるのです。

しかし、ダイナミック広告を運営するうえでの注意点もあります。
例えば、ターゲティングで除外設定をするときは、サイト訪問済みのユーザーまで除外設定せずに、過去の一定期間に購入済みのユーザーのみ設定することが大切です。
訪問済みのユーザーをターゲティングに含めることで広告セットにデータを組み込むことができ、Facebookがより関連性の高い未訪問ユーザーを見つけやすくなります。

まとめ

Facebookのダイナミック広告を利用すると、関連性の高いユーザーに広告を届けることができます。
広告マネージャを使って作成可能なため、新シリーズの発売や商品のモデルチェンジを行った際にも、カタログを一新して掲載することができます。

ダイナミック広告を最適化するためには、ダイナミック広告の仕組みを理解して広告を作成することが大切です。
Facebookのエンジンがより関連性の高いユーザーを適切に紐付けるためにも、ターゲティングの設定などには注意しましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る