1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. Facebookのカルーセル広告の活用方法や効果

Facebookのカルーセル広告の活用方法や効果

Webマーケティング

Webマーケティングが注目されている中で、特に注目を浴びているのがFacebookのカルーセル広告です。
カルーセル広告とはどのような広告なのでしょうか。
この記事では、効果的な活用方法とともにご紹介します。

カルーセル広告とは

Webマーケティングで注目を浴びているFacebook広告ですが、実施する場合に、さまざまな広告フォーマットを選択できることは大きなメリットです。その中でも、カルーセル広告は、Facebook広告を実施する上で必ず配信しておきたい広告フォーマットになります。

Facebookのカルーセル広告は、以前からのマルチプロダクト広告の流れを汲んだサービスです。
新たな機能を追加してカルーセル広告と改称されました。
カルーセル広告とは、一つの広告枠に、複数の画像や動画、それぞれの画像や動画の対象のリンクなどを設定して表示させるフォーマットです。
Facebookにアクセスすると、複数枚の画像で掲載されている広告を見かけることがあると思います。

複数画像や動画を登録できる

カルーセル広告で注目したい特徴の一つに、同一広告枠に登録できる画像や動画数が挙げられます。
カルーセル広告では一つの広告枠に最大で10枚の画像や動画を設定することができます。
これにより、ユーザーがスワイプすることで複数の画像を見ることができますし、より強い印象を与えることができます。

クリエイティブごとに異なったリンクがはれる

カルーセル広告で設定した画像や動画は、それぞれに異なるリンクをはることができます。
言い方を変えれば一つの広告枠で複数のリンクを利用することができるということになります。
これにより、最大で10か所の誘導が直接おこなえますので、複数製品紹介への直接リンクも可能になります。

CTAボタンの活用

リンクと同様に、画像ごとに異なるCTAボタンを設置することができます。
CTAボタンとはユーザーを行動喚起させるためのボタンやリンクのことです。

CTAボタンには、下記の種類があります。

  • ・購入する
  • ・予約する
  • ・詳しくはこちら
  • ・登録する
  • ・ダウンロード
  • ・他の動画を視聴する
  • ・申し込む
  • ・お問合わせ

設置する画像によって最も効果的なCTAボタンを設置することになり、CTAボタンをうまく活用できればコンバージョンを最大化することが可能です。

スマホとの親和性が高い

カルーセル広告は、自動で画像や動画がスライドしているだけでなく、ユーザーが自分でスワイプすることでスライドさせることができます。
この行動は、普段からスマートフォンに慣れているユーザーにとってはとても使いやすい機能といえます。

さらに、カルーセル広告にはダウンロードリンクを設置することもできるため、スマートフォンで見ていた広告が気になればすぐにアプリのインストール画面へユーザーを促すことができます。簡単にアプリのダウンロードができるので、スマートフォンを中心としたターゲットユーザーへの広告には最適です。

カルーセル広告の活用と効果

カルーセル広告はどのように活用すること最も効果的なのでしょうか。
ここでは、カルーセル広告の活用方法と効果について紹介します。訴求したい内容やクリエイティブにより効果も変わってくるため、さまざまな方法を試していただくことを推奨します。

一つのテーマ(商品)を複数のポイントで抑える

一つの広告枠の中で、たくさんのポイントを表現しようとしてもなかなかうまくいきません。
そのため通常は一つに絞ってアプローチする場合が多くなります。カルーセル広告では、一つのテーマで異なるポイントを並列的に見せることでよりインパクトのある広告にすることができます。

例えばある商品を紹介する広告で、3つの特徴があるのならば、3つそれぞれの特徴についてのテキスト、画像、動画をカルーセル広告にすることで一つひとつの特徴をしっかりと表現することができます。

複数のテーマ(商品)でユーザーの興味関心を惹く

一つのテーマをある一定の方向でのみ表現すると、ターゲットユーザーの興味をひく視点が隠れてしまったりすることがあります。

カルーセル広告では、続けて複数のメッセージや動画、映像を見せることができますので、いくつかの異なるサービスや商品を表示させ、ターゲットユーザーにアプローチすることができます。

例えば、商品が多数ある場合は一つに絞ってユーザーにアプローチするのではなく、複数の商品を表示させることにより、ユーザーごとに異なる興味関心を持っている場合でも、サイト流入を促しやすくなります。

静止画像で動画のようなストーリーをつくる

カルーセル広告では画像や動画を複数枚設定することができますので、それぞれにストーリーを持たせることで、ストーリー性を高くすることができます。

例えば、動画を用意できない場合、静止画だけで構成したとしても、ストーリーを伝えることは可能です。
動画の場合であっても、ユーザーが興味を引くワンカットを画像として切り取り、いくつかに分けて見せることで、一連のシーンを連想させることでき、興味が深まります。

カルーセル広告を作成する際のポイント

カルーセル広告を作成する際のポイント

カルーセル広告を作成する際にはいくつかのポイントをおさえておくことが大切です。

1つ目めは、他のFacebook広告にもいえることですが、画像や動画のサムネイルに含まれているテキストのボリュームです。Facebookの調査では、画像に締めるテキストの割合が20%未満の場合、広告パフォーマンスが高まることが分かっています。

そのため、審査プロセスの対象となっており、テキストが20%を超える広告は低品質とみなされる場合があるため注意が必要です。
カルーセル広告を作成する際には、テキストの割合が20%を超えないように心がけましょう。
テキストの量がチェックできるツールもあるため、配信前に確認をするようにしましょう。

2つ目は、CTAボタンをどのように選定するかの判断です。
CTAのボタンは、ユーザーが直接行動を起こすきっかけになり、直接アプローチをする機能になります。
実際に設定されているCTAボタンが、カルーセル広告の内容と異なったり、アピールしている内容とちぐはぐになっていたりすると、ユーザーが次の行動を迷ってしまったり、動きを阻害してしまうことも考えられます。

参照:広告画像のテキストについて|Facebook for Business
参照:画像テキストチェック|facebook

まとめ

Facebook広告の中でもカルーセル広告は、大きな結果が期待できる効果的な方法です。
一つの枠に複数の画像や動画を表示することになりますので、さまざまな工夫をすることで、より高い効果が期待できます。

商品の特徴やユーザーに何を伝えたいのか、目的や見せ方をしっかりと把握しておくことが大切です。
また、作成する際のポイントも押さえておき、カルーセル広告を効果的に活用していきましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る