1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. Facebook広告のCPMとは?メリットやデメリットを紹介

Facebook広告のCPMとは?メリットやデメリットを紹介

Webマーケティング

Facebook広告には、CPMとCPCの2種類の課金方式があり、それぞれ、メリットとデメリットがあります。そのため、自社が掲げる目的や広告の内容によって、使い分けることが大切です。実際に、Facebook広告を運用するにあたって、CPMを採用しようと検討している担当者もいるのではないでしょうか。

効果的な広告運用をするためにも、事前にCPMの特徴について理解を深めておくことが大切です。CPMを理解しないまま広告を出稿しても成果を得られず、無駄なコストがかさんでしまう可能性があります。

この記事では、CPMの概要やメリット・デメリットについて詳しく解説するので、ぜひ自社の広告戦略の参考にしてください。

CPMとは

CPMとは

CPMとは、「Cost Per Mille」の略語のことで、CPM課金とは広告が表示された回数によって料金が発生する課金方式です。「Mille」は1,000を意味し、1,000回広告が表示されるごとに自動的に課金されます。

CPMは、「コスト×表示回数÷1,000」の計算式で求められます。例えば、CPM課金が100円で10,000回広告が表示された場合は、「100×10,000÷1,000」で1,000円のコストがかかります。

CPMとCPCとの違いとは

CPC課金は、広告をクリックされたときに広告費が発生する課金方式です。CPMとは異なり、広告が何回表示されても、クリックされなければ料金は一切かかりません。クリックされて、はじめて広告費が発生します。CPCは、「コスト÷クリック数」で求められます。例えば、10,000円で広告を出稿し、クリック数が100回だった場合、クリック単価は100円になります。

CPMのメリット

ここでは、CPMにはどのようなメリットがあるのか3つ紹介します。

多くのユーザーに見てもらいやすい

CPMは、広告の表示回数が最大になるように配信される仕組みです。そのため、多くのユーザーに見てもらうこと、すなわち商品の「認知拡大」を目的とした広告にマッチしています。

一定料金で設定できる

CPMはクリック、「いいね」、コメントなどユーザーアクションと連動していません。そのため、常に広告費を一定の料金で設定でき、コスト削減につながります。もう1つの課金方式であるCPCは、クリック数によって料金が発生することから、クリック率が高いと、想定以上の広告費がかさむ場合もあります。

例えば、クリック単価とインプレッション単価が100円、クリック率がCPCとCPMどちらも0.4%、インプレッション数が10,000回とします。CPCは、「10,000×0.4%×100=4,000円」になりま。一方、CPMは、「10,000÷1,000×100=1,000円」になるため、コストをおさえられることができます。

クリック単価が安くなる

CPMはクリック数に関係なく、表示回数に対して課金額が増えていきます。つまり、広告のクリック率が高いほど、リンク先ページへの誘導やコンバージョンに対するコストが安くなります。

CPMのデメリット

メリットにあわせて、CPMのデメリットも2つ紹介します。

クリック率が低くても広告費がかかる

CPMは、広告が表示される回数で課金されます。そのため、クリック率が低く、ユーザーの確保につながらない場合でも広告費がかかります。無駄な広告費を発生させないためにも、ユーザーの関心を引くようなクリエイティブを選択したり、魅力的なコピーを考えたりなど、クリック率を上げる工夫をする必要があります。

配信して終わりではなく、定期的に検証と改善を繰り返し、クリック率の高い広告を作成しましょう。クリックされにくい広告素材では、さらに無駄なコストが発生してしまいます。

費用対効果がわかりにくい

広告の表示回数が広告費の決まる基準となっているため、サイト流入や購入などの成果への貢献度合いが明確ではなく、費用対効果がわかりにくいことがデメリットです。CPMを採用する目的が、広告の表示だけの場合であれば問題ないですが、コンバージョンなど販売を目的とする場合は向いていないでしょう。

一方、CPCはリンク先に訪問したユーザーの数と広告費が比例される形であるため、販売を目的とする場合はCPCを採用するのが適切だといえます。

CPM課金のポイント

CPM課金で広告を運用する際には、まずは広告を出稿する目的を明確にしておくといいでしょう。先ほど説明したように、CPMは費用対効果がわかりにくかったり、コンバージョン目的の広告には適さないことがあります。

そういったデメリットも踏まえながら、自社でCPMを採用することが本当に適切なのか考えることが重要です。CPMでいいのか迷ったときは、まずCPCを採用し、クリック率が上がった段階でCPMに変更すると安心です。

まとめ

CPMは、Facebook広告においても基本的な課金方式です。広告の表示回数によって料金が発生することから、クリック数が増加しても広告費を抑えることができます。「自社の商品やサービスを多くのユーザーに知ってもらいたい」と考えている場合は、積極的にCPMを検討するといいでしょう。

実際にCPM課金でFacebook広告を出稿する際には、無駄な広告費を発生させないためにも、適切な広告素材を使用し、高いクリック率が見込める広告を作成しましょう。また、費用対効果が見えにくい点も踏まえながら、自社でよりよい広告戦略を考えることが大切です。

今回紹介したCPMの概要やメリット、デメリットを理解したうえでFacebook広告を運用していきましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。
HP : https://video-b.com/
資料請求はこちら: https://video-b.com/contact/

一覧に戻る