1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. メルマガにこそ動画を!訴求力を高めるためのポイントを解説

メルマガにこそ動画を!訴求力を高めるためのポイントを解説

Webマーケティング メルマガにこそ動画を!

メルマガ(メールマガジン)といえば、電子メールが主要な連絡手段であった2000年代のインターネットでは、有用な情報ツールであったことを覚えている人も多いと思います。
もちろん現在もメルマガを配信している媒体は存在し、現役で稼働中の人気メルマガも数多くあります。

今回は、メルマガで動画を活用するメリットや、動画メールを作成してメルマガを配布する方法についてご紹介します。

参照:総務省|令和元年版 情報通信白書|インターネットの登場・普及とコミュニケーションの変化

メルマガではテキストしか送れない?

まず、メルマガは「文字情報を送るツール」というイメージを、多くの人が持っていると思います。
「メルマガで動画を活用できる」といわれても、ピンとくる人は少ないのではないでしょうか。

メルマガが流行した2000年代初頭頃のEメールといえば、主にテキストのみをやり取りする手段として使われました。しかし現在のEメールでは、画像などを埋め込みできる「HTMLメール」のやり取りも一般化しています。
このHTMLメールの機能を生かし、動画データをHTMLに埋め込むことで「メールの画面で動画を表示させること」が可能になります。

メールに動画を埋め込んで「動画メール」を作り、それを定期的に配信する「動画のメルマガ」を活用することで、古いツールと思われがちなメルマガにも目新しさや面白みをプラスできます。

動画付きメールを送ることのメリット4つ

メールに動画を埋め込んで送ることで、テキストのみのメールにはなかった新しい反応が生まれたり、読者へこれまでとは異なる印象を与えることができます。

そこで、動画メールを送るメリットについて、以下に4つご紹介します。

読者の理解を早められる

動画コンテンツは、テキストよりも多くの情報量を短い尺で伝達できるといわれています。
小さな文字で書かれたメールの長文テキストよりも、十数秒ほどの短い動画で伝えたい要点を表現できます。
メルマガで伝えられる情報のボリュームを増やしつつも、理解にかかる時間を短縮できるメリットがあります。

強いインパクトで、認知に効果的

動画は人の目に留まりやすく、強い印象を残します。
メルマガを通じて自社や商品について認知してほしいという目的がある場合、印象に残る内容の動画をメルマガに添え、そのインパクトで認知につなげる方法も有効です。

親しみや安心感が生まれる

文章だけで伝えるよりも、動画と話し言葉で伝えることで、より企業や商品に親しみを感じてもらえます。
また、商品の場合は実際に使用している場面を見せることもできるため、購買意欲につながる安心感や信頼性を与えることができます。

他のメルマガと比較し優位性を持たせられる

メルマガはさまざまな企業が活用していますが、動画が見られるメルマガというとまだ少数です。
他社のメルマガと差別化することが可能で、珍しさや新しさといった面での優位性を獲得できます。

動画メールの作成方法5選

動画メールの作成方法5選

実際にHTMLメールに動画を差し込んで、動画メールを作成してみましょう。
動画メールの作り方には複数の方法がありますが、主なものを5つご紹介します。

VIDEOタグを使用し高画質表示する方法

事前に、Webサーバー上に表示したい動画ファイルをアップロードしておきます。
次にHTMLメールのソース編集画面で、動画を挿入したい箇所に以下のタグを埋め込みます。

<video autoplay  src=”[アップロード済み動画のURL]” ></VIDEO>

動画が表示されることをプレビューで確認し、通常のメールと同様に送信します。
高画質で動画を表示できますが、動画ファイルを保管するWebサーバーが必要で、送信先でも表示できるメーラーが限定的になるというデメリットもあります。

imgタグでGIFアニメを埋め込む方法

画像のように埋め込みと表示ができるGIFアニメーションを用いて、imgタグでメールに貼り付ける方法です。

まず表示したい動画ファイルをGIFアニメーションに変換します。次に、作成したGIFアニメーションをWebサーバーへアップロードします。
HTMLメールのソース編集画面で、動画を表示したい箇所に以下のタグを埋め込みます。

<img src=”[アップロード済みGIFアニメーションのURL]”/>

動画ファイルをGIFアニメーション形式に変換する手間が掛かったり、サイズの大きいGIFアニメーションは低画質化したりする必要が出ます。
しかし、VIDEOタグで動画を埋め込む方法よりは多くのメーラーが再生に対応しています。

imgタグで添付ファイルのGIFアニメを表示する方法

GIFアニメーションをWebサーバーにアップロードせず、直接メールに添付してimgタグで表示させる方法です。

まず動画ファイルをGIFアニメーションに変換し、HTMLメールのソース編集画面でimgタグにより動画ファイルを貼り付けます。この場合はGIFファイル名をそのまま貼り付けて問題ありません。
メーラー側に添付ファイルの容量制限があるため、高画質の動画は表示できません。

しかしWebサーバーが不要で、ほとんどのメーラーが表示に対応しているメリットもあります。

画像に再生マークを付けて表示しリンクする方法

動画のサムネイルとなる静止画を再生マーク付きでメールに貼り付け、クリックしてリンク先の動画を視聴してもらう方法です。

まず動画の一部を静止画としてキャプチャで切り抜き、再生マークを付加します。
次に、その画像にHTMLメールのソース編集画面でリンクを付けます。
リンク先はアップロード済み動画のURLとします。ほとんどのメーラーが表示に対応しますが、別画面を開かなければ動画が視聴できないデメリットもあります。

動画メール専用の配信システムを使用する方法

動画メールの配信システムを利用して簡単に動画付きのメルマガを作成・送信する方法です。

システムの管理画面で動画のアップロードや設定を行い、メールに埋め込むためのタグを発行してもらいます。
そのタグをHTMLメールのソース編集画面で貼り付け、メールを送信するだけと手順は簡単です。
送信先のメーラーに合わせて最適な再生方法をシステムが選定してくれるなどさまざまなメリットがありますが、配信システムは有料で利用しなければなりません。

まとめ

メールに動画を埋め込んだりリンクを設定したりすることにより、他のメルマガと差を付けられる動画メールの作成・送信が可能です。

YouTube動画をWebサイトに埋め込む方法と同様に、YouTube動画をメールに埋め込みたいと考える人も多いでしょう。しかし現状、HTMLメールはYouTube上の動画埋め込みには対応していないため注意が必要です。
メルマガ経由でYouTube動画を見てもらいたい場合は、画像に再生マークを付けてYouTube動画のリンクを張る方法を使いましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る