1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. クラウドファンディングは動画でのPRが有効?動画制作のポイントをご紹介

クラウドファンディングは動画でのPRが有効?動画制作のポイントをご紹介

企業や個人が低リスクで資金を調達する方法として、不特定多数からの支援を募る「クラウドファンディング」が注目を集めています。なるべく大勢の人に支援してもらうためには、「プロジェクトに参加したい」「支援したい」と思わせることが必須。成功するか否かは、PRの方法に大きく左右されるといっても過言ではありません。

そこで活用したいのが、動画です。クラウドファンディングで資金を調達するときに、動画でのPRが有効な理由を解説します。

クラウドファンディングでの資金調達とは

クラウドファンディングとは、crowd(群衆)とfunding(資金調達、財政支援)を組み合わせた言葉で、世界中から幅広く支援者を募り資金を集めることです。

2016年には、クラウドファンディングで制作資金を調達したアニメーション映画「この世界の片隅に」が大ヒットを記録し、話題となりました。支援者がリターン(返礼)として配当金や品物を受け取ることができるプロジェクトも多く、新しい投資の形としても注目されています。

しかし、すべてのクラウドファンディングが成功するとは限らず、資金が思うように集まらずプロジェクトが頓挫することも。目標金額を達成するためには、クラウドファンディングで何をしたいかをPRすることが非常に重要です。

クラウドファンディングのプロモーションに動画が効果的な理由

クラウドファンディングで資金調達を行っているのは、スタートアップ企業や中小企業、アーティストなど多岐にわたります。プロジェクトは「CAMPFIRE」などの専用サイトに掲載され、支援者はそこで内容を確認して支援先を決めます。

ここで支援者の心を掴むために活用したいのが「動画」です。まずはクラウドファンディングのPRに動画を使うメリットを確認しておきましょう。

分かりやすく伝えられる

新商品の開発プロジェクトであれば「使ってみたい」「ほしい」、作品制作のプロジェクトであれば「完成作品を見たい」と思わせることが大切です。そのためには、プロジェクトの概要や魅力を分かりやすくプレゼンテーションしなくてはいけません。

商品の外見は静止画でも紹介できますが、動画であれば実際に使っているところを見せられるなど、表現の幅が広がります。映画など映像作品の制作を支援してもらいたいのであれば、実際のシーンを切りとって掲載することでクオリティーや雰囲気をダイレクトに見せることが可能です。

盛り込める情報量が多い

クラウドファンディングを募る際は、プロジェクトの概要などを説明する必要があります。それをテキストで説明しようとするとどうしても長くなりがちで、「読んでもらえるか心配」「表現しきれない」といった悩みも出てくるもの。
一方で映像と音声で伝えられる動画は、テキストとは比較にならないほど多くの情報を盛り込めます。

SNSでシェアされやすい

支援者を集めるためには、クラウドファンディングを実施していることを大勢の人に知ってもらうことも大切です。そこで利用したいのが、さまざまな形で情報交換やコミュニケーションが行われるSNS。

FacebookやTwitter、InstagramなどのSNSには動画を投稿することができ、自分の投稿を目立たせることができます。情報を拡散してもらいたいときには、インプレッションを獲得しやすい動画つきのポストを活用しましょう。

プロモーション効果の高い動画の作り方とは

動画のプロモーション効果

動画がクラウドファンディングにもたらすメリットが分かったところで、実際にプロジェクトPR用動画を作るときのポイントをご紹介します。

手短にまとめる

伝えたいことを盛り込んだ結果、動画が長くなってしまうと、閲覧者が途中で離脱してしまう可能性が高くなります。動画の尺(長さ)は1分から2分程度にまとめるようにしましょう。そのためには、動画で伝えたいことをあらかじめ明確にしておく必要があります。

オープニングでインパクトを与える

動画を最後まで見てもらえるかどうかは、冒頭の数秒で決まります。冒頭から目標を述べる、いきなり商品を見せるなど、印象に残るオープニングづくりが重要です。
耳に残るキャッチフレーズや音楽、タイポグラフィーアニメーション(テキストによるアニメーション)でキーワードを羅列するなどの表現方法を検討してみましょう。

主催者本人が出演する

プロジェクトオーナーには、資金を集めて達成したいことや立ち上げた動機があるはずです。それを自らの言葉で伝えること以上に、説得力を高める方法はありません。本人が出演することは、語り方やその内容を磨く以上の力があります。

ストーリーを表現する

ストーリーとは、「商品を作りたいと思ったきっかけ」「開発に至る道のり」「クラウドファンディングが成功した際のビジョン」などです。ストーリーには人の心を動かす力があり、実際にそれを生かしたマーケティングも行われています。ストーリーに惹かれた閲覧者はプロジェクトのファンとなり、迷わず支援をしてくれます。

リターンについて紹介する

クラウドファンディングの場合、リターンを期待して支援する人も少なくありません。商品開発費を募るプロジェクトでは、商品そのものを割引で購入できる権利をリターンとするのが一般的です。しかし商品以外のリターンを設定している場合は、どんなものを送るのか動画で紹介すると、リターン目的の支援者に効率よくアピールできます。

まとめ

幅広く支援者を募ることができるクラウドファンディングは、今後もさまざまな事業で活用されていくでしょう。プロジェクトが増えれば、その中でより印象に残る方法を模索する必要が生じます。

スマートフォンさえあれば誰でも高画質な動画が撮影可能で、使いやすい編集ツールも登場しており、動画制作にチャレンジできる環境はすでに整っています。クラウドファンディングを成功させたいときは、動画を含めたPR戦略を立ててみましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ