1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. メディアが取り上げたくなるプレスリリース作成のコツを詳しくご紹介

メディアが取り上げたくなるプレスリリース作成のコツを詳しくご紹介

Webマーケティング メディアが取り上げたくなるプレスリリース作成

どんなに力を入れてプレスリリースを作成しても、期待していた記事にしてもらえない場合、メディアの視点に立ち書き方を見直す必要があります。

本記事では、メディアが思わず取り上げたくなるようなプレスリリース作成のコツを詳しくご紹介します。

プレスリリースに工夫が必要な理由

プレスリリースとは、企業の広報部がメディアに対して行う公式な情報発信です。目的は主に2つあります。

1つ目は、自社の商品やサービスを幅広く世の中に周知させること。
2つ目は、企業情報の継続的な発信により、ステークホルダーと良好な関係性を構築することです。
プレスリリースの作成は広報活動の基本であり、効果的なプレスリリースを数多く発信することは、企業のプレゼンス向上につながります。

しかし、メディアの元には日々膨大な量のプレスリリースが届けられます。
加えて、SNSの普及により、ネット上にはあらゆるニュースがあふれているため、工夫がないプレスリリースは埋没してしまう可能性があります。
その中でプレスリリースの採用率を向上させるためには、メディアに注目されやすい内容を意識するほか、発表タイミングなども調整する必要があります。

しかし、効果的なプレスリリースを作成するのは、それほど難しいことではありません。
メディア露出につながるプレスリリースの作成方法には一定の型があり、それを押さえることで、すぐに作成ができます。

具体的にどんな点を意識すると良いのかは、次の段落で詳しく説明していきます。

プレスリリース作成のポイント

どのようなことを意識して作成すると、プレスリリースの価値を高められるのでしょうか。

ここでは、特に重要な4つのポイントについて説明します。

タイトル

タイトルは、プレスリリースの明暗を分けます。
メディアは忙しいため、送られてきたプレスリリースのタイトルを最初に見て、本文を読むべきかどうか判断します。興味を引くためには、インパクトの強い言葉や情報が必要ですが、プレスリリースは宣伝とは違い、求められているのは客観的な事実です。
誇大表現や冗長表現にならないように注意し、30文字程度のキャッチ―なタイトルを作るよう工夫しましょう。
また、タイトルを読んだだけで、ある程度の結論までわかるようにする必要もあります。

リード

リード文はタイトルの次に重要です。
タイトルを読んで興味を持ったメディアは、プレスリリース全体の要約であるリード文に目を通します。
最も伝えたい内容やポイントは、リード文に書いておきましょう。
具体的には、5W1Hを意識し、訴求したい事実を端的に書きます。

参照:PR TIMES MAGAZINE「【現役広報が教える】プレスリリースの書き方10のコツ・基本の5構成」

本文

本文で納得してもらえると、プレスリリースは採用されます。
商品の特徴や概要、開発や発売に至った経緯、今後の予定、社長のコメントなどを織り交ぜ、A4サイズ1枚程度にまとめましょう。

また、主観的な表現は避け、客観的な表現で事実のみを書くようにしましょう。
数字やデータを活用し、読み手の誤解を防ぐことも大切です。
なるべく平易で簡潔な表現を用いるように心がけ、専門用語を使う場合は注釈で説明を入れましょう。

画像・動画

画像があると内容の説明力が増し、文字のみのプレスリリースよりも魅力的に見えます。
内容によっては、図表を使うのも一つの手です。画像や図表で補足することで、本文の説明も省略できます。
画像や図表データは記事に転用されることも多いため、メディアが使いやすい形式・サイズ・画質のものを用意しましょう。

最近では、画像よりも訴求力の高い動画をプレスリリースに活用するケースも増えています。
動画であれば、テキストよりも沢山の情報を届けられるほか、要点をまとめて見せることができるため、ユーザーにとっても負担が少ないためおすすめです。

プレスリリースの配信時間

メディアがプレスリリースをチェックしやすい時間帯を狙って配信することが大切です。
媒体によって多少の差はありますが、valuepressが行った調査によると、例えばテレビは水曜・木曜、新聞は火曜・木曜・金曜、雑誌は火曜・木曜・金曜が狙い目のようです。
また、どの媒体も朝のメールチェックなどが終わり、余裕が生まれやすい10時~11時に間覧数が多い傾向があります。
メディアは午前中に情報収集を行い、午後から記事制作に取りかかることが多いため、この時間帯のプレスリリースは積極的にチェックしてくれる可能性が高いのでしょう。

避けるべき時間帯は、メディアが多忙になりやすい月曜の午前中と金曜の午後です。
土曜・日曜のプレスリリースも、基本的に見てもらえない可能性が高いでしょう。
業界内の動向をリサーチし、他社の大きなニュース発表と重なりにくいタイミングを予測することも大切です。

参照:valuepress「メディアコンタクト専任スタッフがお答えします!~プレスリリースの効果的なタイミング(曜日・時間)~」

告知メディアの使い分け

告知メディアの使い分け

テレビや新聞、雑誌、ニュースサイトなど媒体によりターゲット層が大きく異なります。
プレスリリースの内容によっては、告知メディアを使い分けるのも、効果を高めるための有効な手段です。
内容とターゲットの親和性が高く、優先的に掲載して欲しいメディアがある場合は、先に情報提供をするなど、働きかけてみるといいでしょう。

ただし、メディアによって記事化までのスピード感が大きく異なる点に注意が必要です。
テレビや新聞は、基本的に締め切りに追われています。
反対に、準備にもっとも長い時間を要する媒体は雑誌で、発行の約2カ月前から企画会議を始めていることも珍しくありません。

迅速に幅広く世の中に周知させたい場合は、SNSも使って拡散していくと効果的です。

重要なのはメディアの視点

プレスリリースを取り上げてもらうためには、常にメディアの視点に立つことが重要です。

プレスリリースは、いわば記事を書くための「素材」です。
思わず取り上げたくなるニュース性とトレンド性、メディアの行動に合わせた配信タイミングや分かりやすい表現を意識することが重要です。
また、情報を知りたいと思った場合を想定し、商品サイトなどのURLも載せておくなど、メディアの視点に立って配慮しましょう。

最後に、情報に興味を持ってもらった際にすぐに連絡が取れるよう、プレスリリースの末尾に「部署名」「担当者名」「電話番号」「メールアドレス」も記載しておきましょう。
普段から誠実な態度で接し、良好な関係を築いておくと共に、相手が関心を持っている話題をリサーチしておくことも心がけると良いかもしれません。

まとめ

プレスリリースはほとんどコストもかからず、広告記事以上の価値を生み出してくれる可能性があります。
費用対効果の高い施策ですが、紹介したポイントを意識することで、更にプレスリリースの効果を高めることができるでしょう。

読みやすい文章を心がけるほか、画像や動画なども有効活用し、自社らしい魅力的なプレスリリースを完成させましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る