1. TOP
  2. 動画活用事例
  3. 展示会・営業資料・SNS で横断的に動画を活用!

展示会・営業資料・SNS で横断的に動画を活用!

株式会社ブロードリーフ

自動車の車検や板金の見積もりや販売のためのソフトウェアの販売をメインとして事業を行っている「株式会社ブロードリーフ」。自動車関連だけでなく、旅行業・貸し切りバス事業者や携帯電話販売業など様々な事業者のためのソフトウェアの開発や提供を行っています。
コロナ禍で動画を量産するニーズが高まり、 Video BRAIN を導入しました。

短期間で動画を量産するべく、Video BRAIN を導入

部署と業務内容を教えてください。

加川様「営業企画課に属しています。業務内容は様々なのですが、ソフトウェアの開発を行っておりますので、どのような機能を実装すれば良いかなどの企画提案、リリース後の商品のプロモーション、また全国にいる営業に向けた提案書やチラシの制作を行っています。」

以前から動画制作はされていましたか。

加川様「はい。動画のニーズは以前から高く、Video BRAIN を導入する前から、導入事例動画やマニュアル動画、営業の教育動画を制作していました。営業企画部内にて内製をしていたのですが、動画制作スキルのある社員が 1〜2人しかおらず、属人化していました。
1本作るのに2週間かかることもあり、動画制作はかなり負荷がかかる作業でした。
また、担当していた社員には HP の制作などの業務もあったため、動画だけに多くの工数を割くことができず、動画のニーズはあっても実際に作成できる本数には限りがありました。」

外注での制作は行っていましたか。

加川様「外注も何本か行いました。けれどコストもかかるため、多くは作っていません。
内容は、セミナーの冒頭に流すアタックムービーのようなものでした。」

Video BRAIN を導入した経緯を教えてください。

加川様「今年の 3月〜4月末にオンライン展示会があったのですが、その中のコンテンツの一つとして動画が 20本~30本ほど必要でした。ですが、当時の運用だと 1本作るのにも数日はかかるため、その数を用意するのは現実的ではありません。
どうにか短時間で動画を量産できる体制を整えることができないかと考え、“ 動画制作 ” などでインターネット検索をした際に Video BRAIN を見つけました。」

導入の決め手になったことはありますか。

加川様「決め手は導入前に実際にトライアルを行い、操作性を身をもって体感したところですね。他にも簡単に作れると謳っていた動画制作ツールを検討していたのですが、Video BRAIN は非常に自由度が高いという印象を受けました。また、バージョンアップの頻度が高いことも魅力のひとつでした。」

未経験者でも簡単に動画制作が可能

現在はどのように運用していますか。

加川様「現在は 2名で運用しているのですが、導入のきっかけとなったオンライン展示会にて配信する動画を制作する際は、4名で分担して制作していました。全員動画編集の経験はなかったのですが、導入当初から各々が難航することなく動画制作ができていました。」

オンライン展示会にて動画が必要になった背景を教えてください。

加川様「コロナ禍の影響により、オフラインで行っていた展示会のほとんどがオンラインに移行しました。オンラインでは、オフラインのようにお客様に直接説明をすることが難しいため、サービスの特徴がわかりやすくまとまった動画を用意する必要がありました。
動画の内容は、まず商品に興味を持ってもらうためのプロモーション用動画と、さらに具体的な機能などを紹介するデモンストレーション用動画の、大きく 2種類に分かれます。
展示会がオンラインへ移行すると決まってから 2か月ほどしかなかったのですが、展示会の準備やほかの業務をすすめながらも 4名で必要な本数を作成することができました。これはVideo BRAINで簡単に動画を作ることができたからですね。」

制作した動画はどのようなところで利用していますか。

加川様「オンライン展示会に向けて動画を埋め込んだページを作成したのですが、現在そのページを営業活動で活用してもらうよう社内にアナウンスを出しています。
また、新規リード獲得施策としても活用する予定です。ホームページに来た人が、動画で理解度を深め、お問合せしてくれるような仕組みを整えている最中です。」

動画を取り入れた効果はありましたか。

加川様「営業からは、短時間で動画を量産できたことへの驚きの声が上がっています。「こんなにできるなら、他にもこういう動画を作りたい」などの話も出てきています。営業が活動する際に動画を活用することを検討し始めているため、社内で動画の重要性を再確認することができました。
また、広報でも、SNS で動画を活用して発信を行いたいという意見が出始めています。」

Video BRAIN の使いやすい機能などはありますか。

加川様「アップデートが頻繁に行われ、その度に使いやすくなっています。機能が増えても、PowerPoint を操作する感覚で動画制作ができるという、安定した使いやすさにとても助かっています。
やはり業務で PowerPoint を使う機会が多いため、同じような操作感で動画が作れるのは大きなメリットです。」

今後の展開をお聞かせください。

加川様「営業メンバーが全国に 200名ほどいるのですが、提案スキルにバラつきがあるため、動画を活用することでスキルを均一化させていくつもりです。
営業ツールとしても大活躍できることに重きを置いて、動画を制作していきたいです。
また、お客様向けのマニュアルの動画化、プロモーションとしての動画活用など、様々な場面で活用できると感じているので、今後も動画の活用は進めていきたいです。」

※ 上記は 2021年 6月インタビュー時の内容です。

株式会社ブロードリーフ

業種:情報・通信
事業内容:自動車アフターマーケットを中心に幅広い業種・業界の現場業務を支援するソフトウエア・ITソリューション&各種サービス(業務アプリケーション、異業種間連携プラットフォーム、リサイクル部品マーケットプレイス、 自動車関連コンテンツの開発等)
従業員数:951人(2020年12月末現在)
所在地:東京都品川区東品川4-13-14 グラスキューブ品川8F https://www.broadleaf.co.jp/

サービス資料を無料ダウンロード

この記事をシェアする