1. TOP
  2. 動画活用事例
  3. 動画を活用した広告でクリック率がアップ!

動画を活用した広告でクリック率がアップ!

アララ株式会社

「アイディアとテクノロジーで革新的なサービスを提供し、便利で楽しい、みんながハッピーになる社会を創る」を掲げ、キャッシュレスサービス事業、メッセージングサービス事業、データセキュリティサービス事業、その他、ARサービスを展開している「アララ株式会社」。オンライン上で動画を活用した新たな施策を行いたいと考え、今回 Video BRAIN を導入しました。

オンライン上で動画を活用するために Video BRAIN を導入

もともと動画制作は行っていましたか。

1年に 1本程度のペースで動画を外注していました。動画の内容はメッセージングサービスの機能紹介や「キャッシュレス・ポイント還元事業」支援サービスの紹介などです。いろいろな動画を制作したいという想いはありましたが、コストがかかってしまうことに懸念がありました。」

動画活用を検討した背景を教えてください。

「競合他社を調査しているなかで、製品紹介等に動画を活用している企業が多かったことがきっかけです。同時期に社内でも動画広告を打つなど、オンライン上で新しいことができないかという声が上がっていたこともあり、動画の活用を検討し始めました。」

Video BRAIN を導入した経緯を教えてください。

「簡単に操作ができる動画編集ツールを探しているなかで、Video BRAIN を見つけました。他にもいくつか動画編集ツールを調べ、トライアルを行いましたが、テキストの位置が固定されていることや、シーンの入れ替えができないなどの制約があり、少し不便さを感じました。

Video BRAIN は他のサービスに比べ、編集の自由度が高く、操作がしやすいと感じたこと、また、導入後のサポート体制が整っていたため、導入に踏み切りました。」

テンプレート機能を活用することで未経験でも簡単に動画を制作

現在はどのように運用していますか。

「全体的な業務のお話からしますと、マーケティング部署に所属している 3人で、全製品のセミナー開催やサービスサイトの改修、広告の運用などを分担しながら行っています。その中で動画制作は、他の業務との兼ね合いもあり変動はありますが、月に1本以上 制作しています。動画制作においては、全員未経験ではあるものの、Video BRAIN は直感的に操作できるため、マニュアルを読み込む必要もなく、簡単に使えています。」

どのような動画を制作し、配信していますか。

「 主に動画広告配信のために Video BRAIN で制作を行っています。例えば、メッセージングサービスで行っていた期間限定のキャンペーンを告知するために Facebook 用の動画広告を制作し、配信を行いました。

また、動画広告以外ですと、他社との共催ウェビナーの映像を Video BRAIN で再編集し、アーカイブとして配信しました。

Video BRAIN 上に直接ウェビナーのアジェンダを打ち込めたり、シーンを追加できたり、また、過去の動画を簡単に入れ込むことができたので、見せ方を工夫しながらも工数はかなり抑えられました。」

広告で動画を取り入れた効果はありましたか。

Facebook 上で年賀メールキャンペーンの広告動画を配信したところ、Facebook 広告がイメージ広告よりも動画広告を推奨していた背景もあり、インプレッション数、クリック数ともに効果がみられました。

広告の効果検証を行うため、ターゲットを分けた 3パターンの動画を作成しました。通常であれば、1人で 3パターンもの動画広告を制作するにはかなりの工数が必要になりますが、Video BRAIN を活用することでスムーズに制作することができました。制作時間を短縮することができ、かつ、インプレッション数とクリック数にも効果があったので、とても効率がよかったのではないかと思っています。

また、今回の動画広告の配信により、今後動画を制作する上での指標ができたことも大きな収穫になったと感じています。」

広告以外の施策において、Video BRAIN がお役立ちできたことはありますか。

「納期短縮に非常に役立っています。特にオンライン展示会や新サービスの紹介動画の際はとても助かりました。

オンライン展示会では、申し込みから開催までの期間が  1カ月もない中で、企業ブースの文言やダウンロード資料の作成、そしてサービス動画を用意する必要がありました。2つのサービスでの出展でしたが、他の業務もこなしながら短い期間で 1人で紹介動画  2本を制作することができました。外注していたらとても間に合わなかったと思います。

また、新サービスの紹介動画も、品質を保ちながら納期に間に合わせることができました。こちらもサービスサイト作成の調整などを 1人で行っていたため、あまり時間がない中で動画を制作したのですが、社内から「こんなに立派なものが社内でできるなんて思っていなかった!」という声があがりました。

それ以外にも、新規のお客様向けに操作マニュアル動画を制作するなど、当初想定していなかった幅広い用途で活用できています。」

テンプレート機能を活用することで未経験でも簡単に動画を制作

動画の素材等はどういうものを使用していますか。

「フリー素材を活用することが多いです。また、キャンペーンやセミナーの場合、自社で制作したバナー画像や各サービスサイトの素材を活用しています。

動画を制作するうえで気をつけていることはありますか。

「動画は冒頭の 23秒が重要なので、そこでいかにインパクトを与えられるかに重きを置いています。お客様になり得る人に動画を目にとめてもらえるようにするにはどうしたらいいかを考えながら動画を制作しています。」

Video BRAIN 上で役に立つ機能などありますか

「豊富なテンプレートが特に役に立っています。動画制作が未経験でも、テンプレートを見ることで動画の流れを理解することができ、構成を練ることが楽になりました。また、既存のテンプレートを参考にして、新しいパターンを生み出すこともできています。他にも、テロップの配置を自由に決められるのがよいですね。」

今後の展開をお聞かせください。

「引き続き広告で活用していきたいと考えています。弊社では今まで主に Facebook 広告で動画を運用していましたが、Video BRAIN があれば他チャネルも開拓できると思います。また、ウェビナー施策にも力を入れているので、ウェビナー用動画編集においても積極的に使っていきたいです。

Video BRAIN は使いやすいので、様々な場面で活用していければと思います。」

※ 上記は 2020年 12月インタビュー時の内容です。

アララ株式会社

業種:情報通信業
事業内容:キャッシュレスサービス事業、メッセージングサービス事業、データセキュリティサービス事業、その他の事業(ARサービス)
従業員数:85名(2020年11月末時点)
所在地:東京都港区南青山2丁目24番15号 青山タワービル別館 https://www.arara.com/

サービス資料を無料ダウンロード

この記事をシェアする