1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. ブランディング動画の効果とは?メリットや活用シーンまで詳しく解説!

ブランディング動画の効果とは?メリットや活用シーンまで詳しく解説!

動画マーケティング

自社のブランディングにどのような手段を用いるべきか、お悩みの方も多いと思います。スマートフォンが幅広く普及し、インターネットで動画を気軽に視聴できる環境が整ったことで、効果的なブランディングを図るために動画を活用する企業や団体が増えています。

この記事では、ブランディングに動画を活用するメリットや重要性、適した活用シーンや動画作成のポイントをご紹介します。なぜ動画がブランドの価値向上に効果的なのかを知り、企業力アップを図りましょう。

「ブランディング」「ブランディング動画」とは?

ビジネスで広く用いられている「ブランディング」という言葉は、本来どのような意味を持っているのでしょうか。
また、「ブランディング動画」とはどのような内容・構成の動画を指しているのかも、ブランディングに動画活用を検討する際には把握しておくと良いでしょう。

動画はブランドが持つ力を明確に伝える

ブランディングとは、企業や団体で扱う特定の商品ではなく、企業・団体もしくは持つブランドそのものの認知や価値向上を図り、独自性などをアピールする訴求活動を指します。
近年では商品展開を行う企業のみならず、地方自治体や地域などにおけるブランディングが注目されるケースも存在しています。

ブランディングの手段として注目されているのが、動画によるプロモーションです。
動画は視覚と聴覚という2つの感覚で情報を伝えられるため、より具体的で直接的な表現が可能です。また動画と音声により、テキストや画像よりも多くの情報量を短時間で伝達できます。
つまり、ブランドの価値や力をよりストレートかつ明確に伝えられ、また強いインパクトを与えながらの訴求が可能なのが動画によるプロモーションの長所です。。

ブランディングとマーケティングの違い

ブランディングに似ている言葉の一つに、「マーケティング」があります。
マーケティングは具体的な事業の成功を目標として設定し、KPIに基づいて効率的な施策を打つことで確実な効果を得ることが主たる目的です。端的に言うと「売り上げにつなげるための活動」ともいえます。

一方、ブランディングは具体的な商業面での成功を見込んで行う活動とは趣旨が異なります。こちらはあくまで「好感度の向上」「正しい価値の認識」をめざすもので、到達点にはユーザーにブランドを知ってもらうことや企業・団体のファンになってもらうことがあります。
ビジネスの成功につながる活動ではありますが具体的なリターンを得るためではない点を把握し、マーケティングと差別化を図りながらブランディングを行っていきましょう。

ブランディングに動画を活用する理由とメリット


先述したように、ブランディングに動画が高い効果をもたらすことには、いくつかの理由やメリットがあります。改めて、詳しく解説していきます。

ブランディングと動画の親和性が高い理由

文章や音声など、言葉のみを用いた伝達手段で「イメージ」を瞬時に伝えることは容易ではありません。しかし動画なら、言葉に音や動きが付加されて一目で訴求したいイメージを具体的に伝えられます。
高いメッセージ性と共に思い描くイメージを伝えられる動画はブランディングの手段として非常に効果的と言えるでしょう。

ブランディングに動画を用いるメリット

ブランディング動画のメリットには、まず「宣伝」ではなく「作品」としてユーザーに見てもらいやすい点があります。
広告宣伝の面を前面に出しすぎると抵抗を感じるユーザーもいます。しかしクリエイティブ要素を持つ「作品」として制作・公開することで、ユーザーにも素直に共感してもらいやすくなります。

もう一つのメリットは、「SNSなどでシェアされやすい」という点が挙げられます。
YouTubeやSNSの広告で一般公開を図れば、シェアによる拡散で思わぬ相乗効果を生む可能性があります。自社サイトでのみブランドムービーを公開するケースも見受けられますが、一種の機会損失といっても過言ではないでしょう。拡散されやすいムービー作りを意識し、ユーザーの目に付きやすい場所で公開することをおすすめします。

ブランディング動画の活用シーンや作成のポイント

ブランディング動画には、適した活用シーンや実際に作成する際に押さえたいポイントがあります。動画によるブランディングを行いたいと考えている場合は、これらを把握しておくと効果的な展開につなげられるでしょう。

ブランディング動画の活用に適したシーン

ブランディング動画はBtoCビジネスだけではなく、BtoBビジネスでの展開にも適しています。
自社の名称や特徴を言葉で説明するだけでは、すぐ覚えてもらいにくい場合があります。しかし動画と音声で伝えることで相手の印象に強く残り、親近感を持ってもらえます。

また、採用活動におけるプロモーションにも、動画での訴求が効果的です。会社の中の雰囲気や実際に働いている社員の様子を動画にすることで、動画を見た求職者が、「ここで働いてみたい」と応募に踏み切ってくれる可能性も高まります。

ブランディング動画を作るポイント

ブランディング動画を作る際に外してはいけない重要なポイントの一つが「コンセプトを明確にすること」です。
ブランディングとコンセプトの提示はイコールともいえるもののため、動画を作成する際もコンセプトから外れていないか確認しながら進行しましょう。

また、適切なターゲットの設定も大切です。動画を届けたい層やブランドのメッセージに共感してほしい層を具体的に設定し、動画を作っていくことが重要になります。それらが明確に動画に盛り込まれていれば、無理に感動を誘うオーバーな演出や過剰なクリエイティブ要素を加えなくても、素直に共感してもらえるはずです。

まとめ

ブランディングの主要な目的は、他社との差別化を図ることによるブランドの認知です。それらを回りくどい説明なしでストレートに訴えられる動画は、これからのブランディング施策に不可欠と言っても良いでしょう。

ブランディング動画において最も重要な点は「イメージを正しく伝えること」ですが、ブランドのイメージを誰よりも理解しているのは社内のスタッフではないでしょうか。自社の理想に沿ったブランディング動画を作るには、自社内で作成することも有効になるでしょう。

また、今では動画作成の経験がなくても、高品質な動画が簡単に作れる動画制作ツールも多くあります。ツールを用いることで理想にかなうブランディング動画を作成できます。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。
HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る