1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. 店舗運営でのブランディング方法とは?その重要性とポイントを紹介

店舗運営でのブランディング方法とは?その重要性とポイントを紹介

Webマーケティング

競争の激しい日本市場において、店舗ブランディングは必須の戦略といえます。
しかし、その重要性は理解しつつも、「何から手をつけたらいいのかわからない」という経営者の方もきっと少なくないと思います。

そこでこの記事では、ブランディングの基本から実施のポイント、注意点まで詳しく解説します。
店舗ブランディングのコツを知って、店舗経営を成功に導きましょう。

ブランディングの基本

ブランディングとは「ブランド」の形成と管理を行うことを指します。
類似もしくは競合する商品やサービスとは明確な違いがあることを可視化するのが「ブランド化」です。
その認識が定着すれば「ブランド」は広く認知されるようになります。
また、ブランディングには市場によるミスリードや価値の毀損を回避する意図も含まれます。

それを店舗に置き換えれば、ブランディングとは「他店とは違うオリジナリティや差別化を打ち出すこと」にほかなりません。それにより、顧客との良好な関係性の構築と、安定した需要の創出が可能となります。

ブランディングは、店舗内だけでなくSNSやWebサイトなどのメディアを通じても醸成できます。
店舗やサービスの魅力を動画でわかりやすく伝えられれば、来店動機の喚起に大きくつながります。

店舗のブランディングのメリット

では、収益性と人材獲得を例に、店舗ブランディングのメリットを解説します。
店舗のブランディングが成功すれば、店舗運営は飛躍的に安定化します。

収益の安定化

ブランディングが成功すると顧客ロイヤルティを獲得でき、数ある競合店やサービスの中から自店を「選んでもらえる」「リピート需要を喚起する」効果が高まります。
それはすなわち、価格競争から脱却し適正な利益を得ることにつながります。安売りによる利益率低下や体力勝負に巻きこまれないためにも、店舗ブランディングは必要です。

人材確保

優秀なスタッフの確保は店舗運営において非常に重要です。
店舗ブランディングによる好イメージは、優秀な人材に「働く場」として選んでもらえるという効果もあります。

店舗ブランディングの手順

店舗ブランディングの基本的な手順は大きく3つあります。それぞれの手順について紹介します。

市場の調査・分析

差別化を行うためには、まず自店をとりまく市場や競合を調査・分析し、自社のポジショニングの方向性を決めることが必要です。
経営戦略の分野における市場分析のフレームワーク「3C分析」「SWOT分析」などを活用してみましょう。
分析を終えたらターゲット層を絞り込み、想定顧客に響くコンセプトの決定に移ります。

ブランドコンセプトの決定

ブランドコンセプトは、店舗に関わるあらゆる物事に一貫して受け継がれる重要なものです。
また、ブランドは統一的な価値観に沿って商品・サービスを提供することで確立されます。
単なるイメージにとどまらず、顧客が共感して価値を感じられるもの、長期にわたって支持が得られることを前提に規定しましょう。

具体的な施策に落とし込む

決定したブランドコンセプトを表現し発揮するためにどんな手段を取り、どんな活動をするかを、施策として落とし込みます。店舗の認知度を高めるためにシンボリックなロゴマークやキャッチコピーを制作するのも一つの手段です。

さらに、ブランドイメージ浸透のためにどんなチャネルを使い、どう対内外に発信、コミュニケーションを取っていくか、その選択も大事です。

例えば、ブランドの認知度やイメージを高めるためにSNSを利用して情報発信を行ったり、店舗の雰囲気や商品イメージが湧きやすいように動画を活用するのもおすすめです。

店舗ブランディングにおける3つのポイント

店舗

店舗のブランディングを決定する上で考慮したいポイントとして押さえておきたいのは、以下の3つです。

オリジナリティ・差別化

顧客に需要が生じた際に自店を想起させる何かがあれば、ブランディングはある程度成功したといえます。
そのためには、他店や競合サービスとは明確に違う点を顧客に示さなくてはなりません。他とは一線を画すオリジナリティや、他店との差別化として「手軽さ」「品揃え」などの特徴を打ち出すのもいいでしょう。

ニーズに合致した商品や付加価値

顧客ニーズにマッチした商品であることはもちろん大前提ですが、その商品の魅力をさらに高める何らかの付加価値があれば、顧客により高く支持されます。
魅力的なパッケージのデザインや、サービスの提供スタイルなどがそれにあたります。

コンセプトからブレない

一度決めたコンセプトにしたがってあらゆる活動を展開していくことで、店舗そのものがコンセプトを体現する「装置」となっていきます。
その結果、人々に「ブランド」が浸透し、ブランディングが完成します。

店舗ブランディングにおける注意点

最後に、店舗のブランディングにおいて注意したい点を解説します。
ブランディングを揺るぎないものにするためには、コンセプトをしっかりさせなければなりません。
また、人々に認知されるためにはちょっとした話題性も必要です。
具体的な例として以下の2点を紹介します。

明確なストーリーを構築し、認知させる

意図したイメージを人々に認知させるきっかけとなるものの一つに「口コミ」があります。
特に新店や小規模店であるほど強力な来店動機や集客につながり、ブランドの内容を理解してもらう大きなきっかけとなります。

この口コミを生むためには、オリジナリティのある「ストーリー」が必要です。
店舗にまつわるストーリーが話題性を呼ぶことで、人々にブランドが認知されるきっかけが生まれます。
話題性のあるストーリーを作るコツは、「店舗を象徴する人物」と「商品・サービス」をかけ合わせること。

たとえば「〇〇歴△年の××さんこだわりの品々を、客が直接手にして試用できる」などとすれば、まだその商品を知らない人にも大きな興味を抱かせることができ、口コミの広がりが期待できます。

コンセプト決定前に物件を決めない

店舗ブランディングにおいて、店舗の周辺環境や立地条件は非常に重要です。
コンセプトが定まらないうちに店舗を開設する物件を決めてしまうと、練り上げたコンセプトとかけ離れた環境に置かれてしまう可能性があり、せっかく顧客ニーズに合致したコンセプトを創り出して商品を開発しても、強力なブランドの確立やビジネスの大成功にはつながりにくくなります。

物件は、コンセプトをきちんとまとめあげてから探すようにしましょう。

まとめ

店舗ブランディングは、店舗の安定運営のために非常に大切です。
コンセプトに忠実な商品・サービスを展開し、店舗運営を行うことで、ブランドが初めて成立し、機能していきます。とにかくコンセプトから外れないことを念頭に置きながらブランディングを進めましょう。

また、ブランディングには話題性も必要で、実店舗を通じたアピールだけでなく、SNSなどWebメディアの活用も一つのカギとなります。 その際に動画を活用すれば、一度も来店したことのない潜在顧客に強く印象を残せるはずです。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る