1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. メーカーや製造業(BtoB)にブランディングが必要な理由とは?メリットや注意点について

メーカーや製造業(BtoB)にブランディングが必要な理由とは?メリットや注意点について

Webマーケティング

消費者が商品を選ぶ際、その企業やブランドのイメージに好感をもったことが購入のきっかけになることがあります。あるいは、ファンになり継続して同じブランドの商品を購入することもあるでしょう。

ブランディングとは、自社の存在意義やビジョンなどのブランドイメージを作る活動のことを指します。企業やブランドのイメージを積極的に作り出していくことで、多くの人に周知されやすくなります。そして、ブランディングは消費者向け商品だけではなく、メーカーやBtoBの製造業にとっても重要な手法です。

今回は、メーカーやBtoBの製造業にブランディングが必要な理由やメリット、注意点などをご紹介します。

メーカーや製造業にブランディングが必要な理由

ブランディングは企業やブランド、あるいは商品の存在意義を明確にし、ユーザーに与えるイメージを作り出していく活動のことです。ブランディングが確立しイメージが定着することで、信頼度や好感度が高まります。

人気商品などで売れ行きに波がある場合でも、ブランディングを徹底して行うことで長期的に安定した売り上げの確保ができる可能性があります。

ブランディングは消費者向けの商品を販売する企業に限らず、メーカーやBtoBの製造業などにも有効です。取引先やユーザーに自社のアイデンティティを明確に発信していくことで、製品や技術を正確に理解し認知してもらえるようになるのです。

ブランディングによって得られるメリット

ブランディングをうまく確立しているメーカーや製造業は、自社の技術力や製品の特徴をキーワードで表したり、ビジョンを分かりやすくキャッチフレーズで表現することが多いです。それは、ニーズが出てきた際に取引先や業界関係者に思い出してもらいやすくなるためです。

また、ブランディングの際に存在意義や存在価値を明確にし、従業員と目標を共有することで、企業内でも「あるべき姿」が明確になり、経営戦略や短期・中期・長期でのビジョンが立てやすくなります。
自社のアイデンティティがはっきりしていると、従業員の目的意識やモチベーションも高まり業務の効率も良くなるでしょう。ブランディングは取引先や関係者だけでなく、企業内にもプラスの効果をもたらしてくれるのです。

ブランディングのコツ

ここでは、企業間取引を行うメーカーや製造業がブランディングをする際のコツをご紹介します。

ブランディングを行う相手として「担当者」を意識する

提供する製品が消費者向けではない場合、ブランディングの相手を意識するのが難しいと思うかもしれません。
BtoBの場合は、企業向けに製品を販売することになりますが、相手企業の担当者など具体的な「ターゲット」を意識することがポイントです。購入者は企業という団体であっても、販売プロセスの中で検討や選択、購入を決定するための担当者がいます。

購入決定に関係する人数が多い場合は、それぞれの関係者に自社のブランドイメージや技術を正確に伝えていく必要があるでしょう。このプロセスの1つひとつが実を結び、購買への意思決定につながる可能性があります。

分かりやすい表現を用いる

企業間取引では、専門用語やニッチな技術・製品などが多くなります。ブランディングをする際には、専門家でなくても分かる言葉を使いましょう。

社内で日常的に使っている言葉が取引先で通じないというケースはよくあります。技術職ではない担当者が聞いても分かりやすく、親しみやすいワードやフレーズを取り入れるのがポイントです。

自社で気付かない点は取引先に聞いてみる

消費者向けの商品を販売していない場合、他社との差別化やブランドイメージの創出に困ることがあると思います。ブランドはユーザーにとってのイメージです。自社で気付いていない価値や存在意義がお客様から認識されている場合もあります。

お付き合いの長いユーザーに「弊社を選んでいただける理由はどのような点でしょうか?」「弊社のイメージはどのようなものでしょうか?」と聞いてみると、意外な意見が返ってくるかもしれません。お客様に与えている価値そのものが明確になることもあるでしょう。

メーカーや製造業におけるブランディングの課題

デスク上のノートとペンとパソコン

BtoB企業の場合、競合する他社と差別化を図るのが難しい傾向にあります。消費者向け商品と比較すると、パッケージや製品の外観で個性が必要とされない場合も少なくありません。しかし、自社の技術やお客様への理解を深めると、他社との違いが見えてくるかもしれません。製品だけに注目せず、なぜ購入してもらっているのか振り返ってみると良いでしょう。

また、先ほども少し触れましたが、例え顧客が同じ業界であっても、購買担当者が専門家であるとは限りません。自社の技術力や存在価値を親しみやすいキーワードや心がけ、認知啓蒙を心がけることが重要です。

まとめ

ブランディングはメーカーやBtoB製造業にとっても、企業の認知度や信頼度を上げて長期的な成長に導くための重要な手法です。

ブランディングの成功事例として、株式会社クボ製作所などが挙げられます。株式会社クボ製作所では、自社の「特殊」性や異なる分野で発揮している技術力・精度の高さを前面に押し出しブランディングしています。一見馴染みのないニッチな業界でも、見ている人を釘付けにする企業紹介動画を作り、親しみやすさを与えています。

また、福山市企業誘致PR動画では、製造業や流通業を紹介しながら福山市のブランディングをしています。「起業をするのに縁起がよい」など、一度視聴すると福山市を知らない人でも印象に残るフレーズをうまく取り入れています。

このように、ブランディングはBtoBやよく知られていない分野でも確立して認知度を高めていくことが可能です。今回ご紹介したコツを意識して、強固なブランドを確立していきましょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る