1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. ホテルのブランディングには動画活用が必須!メリットや注意点についても解説

ホテルのブランディングには動画活用が必須!メリットや注意点についても解説

Webマーケティング

「ブランディングは特別な業態や、大きな規模の企業に必要なものだから関係ない」と思っていませんか。今やブランディングはどんな業態でも、どんな規模でも欠かせないものになってきています。もちろんホテル業界も例外ではありません。ブランディングは効果的に実現できれば、熾烈な競争から一歩前に抜け出せる可能性を秘めているものです。

今回の記事では、ブランディングの基本概念やメリット、ホテル業界におけるブランディング戦略の考え方、効果的な伝え方について解説していきます。

ホテルにもブランディングが必要な理由とは

ブランディングとは、自社の商品やサービスを他社のものから区別するための一連の施策を表します。ブランドの表現はロゴやキャッチコピーだけにとどまらず、顧客サービスのように無形のものにまでその範囲は及びます。
これらの施策を通じて企業側が伝えたいイメージや方向性をうまくユーザーに伝えられれば、独自のポジションを確立したり、特別な付加価値を生み出せたりします。その結果、他の商品やサービスと差別化できるので、顧客に選んでもらいやすくなる効果があります。

ブランディングというと特別な業種や企業だけが取る戦略かと思われがちですが、そうではありません。ブランディングを差別化や優位性の確立のための施策と捉えれば、あらゆる業種やあらゆる規模の企業に必要なマーケティング施策です。

特に市場が成熟しており、競合他社がひしめくような業種ではブランディングは必須です。ホテル業界も、その例にもれません。むしろ価格や物理的な機能だけで選ばれがちな業界だからこそ、ブランディングを上手に使った差別化が必要といえるでしょう。

ホテルをブランディングするメリット

それでは、具体的にホテルをブランディングするメリットとはなんでしょうか。ホテル側とユーザー側にそれぞれ分けて見ていきましょう。

ブランディングのホテル側のメリット

ホテル側のメリットは、ブランディングによる他社との差別化です。「出張の疲れを癒せるビジネスホテルといえばここ!」というように、ブランディングがうまくいけば独自の強みやイメージを伴って認知度があがります。結果として、市場での優位性が確立でき、顧客に選ばれやすくなります。

他にも、付加価値や信頼を伴ったブランディングに成功すれば、独自の土俵で勝負ができるため価格競争に巻き込まれにくいです。また、ブランドコンセプトに共感し、愛着をもつユーザーをリピーターや固定ユーザーとして育てられるのもブランディングのメリットです。

ブランディングのユーザー側のメリット

ユーザーはブランディングされているホテルに対しては意思決定しやすくなる傾向があります。なぜならユーザー側から見ると、ブランディングがきちんと表現されているホテルは特徴がわかりやすく、似たようなホテルがある中から選びやすいからです。

また、ブランディングによる認知度が高ければ、細かい事がわからなくてもサービスに対して信頼感が持てるという点からも選びやすくなります。その他にも、ブランドのコンセプトに独自の価値があれば、そのホテルを利用することで自分の中で優越感を感じたり、満足感が得られたりする点もユーザーにとっては大きなポイントです。

ホテルのブランディングで押さえるべきポイントとは

ここからは実際にホテルがブランディングする際に、押さえておくべき3つのポイントを紹介していきます。

強みを元に明確なコンセプトを打ち出す

ホテルのブランディングの一歩目は、コアとなるコンセプトの確立です。どのような利用者に来てほしいのか、その人たちにどのようなサービスを提供できるのか明確にしていきます。
利用想定ユーザーの属性や利用目的はもちろん、何を望んでいるのか、どんな点に不満を感じているか、などさまざまな角度からコンセプトを練りましょう。

また、競合他社は何をコンセプトとして打ち出しているのか、他社と比べて自社はどういう点が強みになるのか、など他社との差別化も意識する必要があります。

コンセプトをイメージ化する

コンセプトが決まったら、コンセプトをあらゆる面でイメージ化していきます。ホテルそのもののデザイン、ロゴや基調とする色、従業員の制服までコンセプトにあわせた表現をしていきます。

例えば「親しみやすさ」がコンセプトなのに、高級感を感じさせる雰囲気やデザインがあるとユーザーは不一致感を感じてしまいます。このような表現がもたらす印象や統一感は「トーンアンドマナー」と呼ばれ、ブランディングの際には非常に重要な要素となります。

ブランドコンセプトを的確に表すようなトーンアンドマナーを決めて、統一感もってイメージ化するようにしましょう。

コンセプトを効果的に伝える

コンセプトのイメージが決まったら、次は訴求方法です。どのような媒体を使って訴求するのかを明確にしていきます。年齢層や目的によって、雑誌や新聞などの紙媒体、ホームページなどのWEB媒体、ポータルサイトやSNSなどを使い分けるのが効果的です。

中でもホームページはユーザーが必ずチェックするホテルの顔となります。ホームページの利点は、広告媒体では掲載しきれない情報量を自由にユーザーに提供できる点です。例えば、動画を使ってホテル内のバーチャルツアーを提供したり、スタッフの紹介をしたりすれば、文字や画像だけでは伝わりにくい魅力もユーザーに届けられます。

ホテルのブランディングで注意すべき点

ホテル 女性の後ろ姿

ブランディングはコンセプトを打ち出してそれを表現すれば終わり、という性質のものではありません。ブランディングがただの表現にとどまらないように、従業員のサービスにまでブランディングに基づいた接客や行動を浸透させる必要があります。

例えば、「ホスピタリティ」をブランドのコンセプトにあげているのに、従業員が不愛想だったり不親切だったりすれば、ユーザーの信頼を失いブランディングがむしろ逆効果になってしまいます。

また、ブランディングはすぐに効果を期待するというよりは継続的に育てていく心構えが必要です。「ブランドが浸透する」という言葉があるように、社員教育やサービス改善などトータルでのアプローチを繰り返し、それをユーザーに表現し、認知してもらうサイクルが必要です。

まとめ

今やどんな規模のビジネスにもブランディングは必須です。特に、ホテル業界では選択肢が多い上に、価格競争も厳しい業種です。施設の機能や価格の差別化だけでは、熾烈な競争の消耗戦に参加してしまうことになります。

競争が激しい業界だからこそ、ブランディングに取り組めば、結果として選んでもらいやすいホテルになるはずです。ユーザーに魅力をアピールするブランディングの表現には、ロゴやデザインだけでなく、動画での表現も効果的です。

動画を使ってホテルの魅力を伝えたり、従業員を巻き込んで日々の情報発信を行ったりすれば、ブランディングを強化する施策としても効果的に利用できます。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る