1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. ブランディングでアパレルを成功させる考え方を事例と一緒に解説

ブランディングでアパレルを成功させる考え方を事例と一緒に解説

Webマーケティング ブランディングアパレル

ブランディングは、企業や商品の存在意義やビジョンなどを明確にしブランドイメージを作り上げて発信していく活動のことです。ブランディングをマーケティング戦略にうまく取り入れることで、ブランドの価値や信頼度が高まり、ファンが増える可能性もあります。

アパレル業界で企業を成長させていくためにも、ブランディングは重要な手法といえるでしょう。

この記事では、ブランディングでアパレルを成功させていくための考え方や成功事例についてご紹介します。

アパレルでブランディングをする際に必要な考え方

アパレルは競合の多い業界です。その中から自社のブランドをお客様に選んでもらうには、消費者からの共感を得るようなブランディング戦略が必要です。
明確で親しみやすい言葉を使い自社を表現し、消費者に共感してもらうことを第一に考えましょう。

なぜ自社が持っているコンセプトを大切にしているのかをわかりやすい言葉で表現することが大切です。
通常アパレル商品の購入では、機能性やデザインが決め手となります。

しかし、ブランドへの共感や感情的な付加価値も大切な要素です。ブランディングに成功すると企業の存在意義を認識してもらえるようになり、他社と差別化を図ることができます。

アパレルの出店戦略

出店場所を決める際にも、戦略的に選択する必要があります。
ここでは、出店戦略の考え方をご紹介します。

立地条件を検討する

アパレルの店舗には、大型ショッピングモールやデパートの中の店舗や路面店などの種類があります。
また、立地条件として住宅地、商店街、繁華街、商業施設などの切り口があります。
規模も、広いスペースを確保した大型店からこじんまりとした小型店まで幅広い選択肢が思い浮かぶでしょう。

店舗計画や立地戦略を立てる際には、自社のブランドイメージが好まれるのはどのような客層なのかを意識します。自社ブランドに共感してくれる客層が足を運びやすいのはどういった立地条件なのか、また、若い世代や子育て世代、学生、経済的にゆとりがある層など、ターゲットを決めましょう。

経営のうまくいっている店舗を参考にする

アパレル業界は競争の激しい業界です。先に出店して経営のうまくいっている店舗を参考にしてみるのも一つの手です。そうした店舗がなぜ生き残っているのか、分析してみましょう。
理由が分かると、実店舗で自社ブランドを長く成長させていくためのコツが見つかるかもしれません。

店舗経営がうまくいっている企業は、明確なエリアポジション戦略を立てていることが多いです。
ターゲット層が同じブランドの場合は、差別化も意識しながら戦略を立てる必要があります。

アパレルブランドのブランディング成功事例

ここでは、アパレルブランドでブランディングに成功している企業の事例をご紹介します。

「徹底した透明化」をコンセプトにするEverlane

Everlaneは衣料の生産・販売にかかるコストを見える化してユーザーに提示したアメリカのブランドです。
商品のページには、素材費、金具などの道具代、税、人権費、運送費などが表示されており、アパレル業界に大きな衝撃を与えました。

価格だけでなく、服の生産工場も透明化するためにWebサイトで公開しています。Everlaneとその工場がどのようにして出会ったのかが説明されており、工場で縫製する人々の様子も垣間見ることができます。

製造段階から可視化することで、商品に関心を持つ、コンセプトに大きく共感する人が増えたのでしょう。
「透明性」により他社と大きな差別化を図りました。

スーパーファインメリノウールをフットウェアに使うallbirds

ニュージーランド生まれの創業者は、メリノウールという最高の素材が靴づくりに使用されないことを疑問に思い、フットウェアのallbirdsを創り出しました。
Webサイトでは羊の画像や動画を使い、ブランドイメージを強く印象付けます。

また、梱包材に使われる素材のうち9割以上をリサイクル素材にするなど、環境への配慮もアピールしています。
SNS広告では製造過程の公開なども行っています。
こうしたメッセージを発信していく中で、ブランドに親しみや好感を抱いたファンが増えているのでしょう。

ユニークなセレクトショップOpening Celemony

ニューヨーク発のセレクトショップOpening Celemonyは、シーズンごとにテーマとなる国を決め、その国のデザイナーブランドだけを取り上げています。

創業者の2人が香港でアメリカとは異なる個性的なファッションを目にして感銘を受けたのがきっかけです。

他のセレクトショップと大きな差別化を実現しており、テーマとして取り上げる国のデザイナーやその国ならではの製品にこだわっています。「世界中のお土産が手に入る場所、世界中の才能が感じられるマーケットプレイス」をコンセプトに、強固なブランディングを確立しています。

ブランディングでアパレルブランドを成功させるコツ

アパレルブランド 成功

ここでは、アパレルブランドの運営をブランディングによって成功させるためのコツをご紹介します。

価値観や世界観を表現する

ブランドの価値観や世界観を表現することが重要です。
アパレル業界は競争が激しく、価格や流行の取り入れ方だけでは集客が難しくなってきています。

そこで、ブランディングによって筋の通った価値観や世界観を打ち出していく必要があります。
ブランディングはSNS広告などのWebマーケティングにより効果的に発信していくことができるでしょう。

ユーザーが知りたい情報を発信する

ユーザーが知りたい情報を提供することも大切なポイントです。ユーザーの興味・関心のあるポイントを無視してブランド名を連呼しても、認知度や好感度は上がりません。商品の特性や製造過程あるいは創業のストーリーや信念など、そのブランドの付加価値になるような情報を発信していきましょう。

ブランドのコンセプトや企業の考え方が分かると、「このブランドを身に着けるとわくわくする」、「自分をより魅力的に見せられる」、「環境に配慮したブランドを積極的に購入していきたい」などユーザーは特別な感情を持ち、アパレル商品を楽しんでもらえる可能性があります。

まとめ

アパレルのブランディングは戦略的に行うと、ファンを増やして長期的に安定した売り上げを獲得できる可能性があります。自社のブランドイメージを広めていくには、一貫した価値観や世界観を分かりやすく表現していくことが必要です。

ブランディングはSNS広告などのWebマーケティングで積極的に発信していくと効果的です。
特に動画を取り入れて情報を公開していくと、印象に残りやすくなるでしょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る