1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. アプリ広告のROASとは?CPI・ROIとの違いやインストール広告について解説

アプリ広告のROASとは?CPI・ROIとの違いやインストール広告について解説

Webマーケティング アプリ広告 ROAS

「もっとアプリのインストール数を増やしたい」「売上につながるアプリユーザーを獲得したい」などの目標を達成するためによく使われるのが、アプリインストール広告です。
しかし、成果を得るためには効果を正しく分析し、定期的に広告を最適化していくことが求められます。

今回は、ROASやROI、CPIなどの指標を活用してアプリインストール広告の効果を分析する方法やそれぞれの指標の特徴、注意点などを詳しく解説します。

アプリインストール広告でROASが重要な理由

ROAS(Return On Advertising Spend)とは、広告に投資した費用に対しどれだけの「売上」が得られたかを測る指標です。その広告の売上への貢献度や規模が分かります。
ROASの計算式は、「広告で獲得した売上÷広告費×100(%)」です。

例えば、ある媒体にアプリインストール広告を掲載する際にかかったコストが50万円で、その広告からの売上が100万円だったとしましょう。

「100万(円)÷50万(円)×100(%)」で計算し、ROASは200%です。1円の広告費に対し、2円の売上を獲得できた計算になります。

「広告費×ROAS÷100」の計算式で目標とする売上額を出したり、「売上÷ROAS÷100」で広告にかけるのに適切なコストを計算したりすることも可能です。

ROASを使ってアプリインストール広告の効果を測定する方法

ROAS 測定
アプリインストール広告の効果を正確に見極めるためには、ROASに加えいくつかの指標を比較することが大切です。ここでは、ROIやCPI(CPA)の内容や、ROASと合わせた使い方について解説します。

ROASとCPI(CPA)を比較する

CPA(Cost Per Acquisition)は、コンバージョンの獲得コストを測る指標です。
通常、コンバージョンには購入や会員登録などのユーザー側のアクションが含まれます。
しかし、一般的にアプリインストール広告のコンバージョンはインストールであるため、CPI(Cost Per Install)と表現されます。

計算式は「広告費÷アプリインストール数」です。

例えば、かけた広告費が100万円で、2,000件のアプリインストール数があった場合、「100万(円)÷2,000」となり、CPI(CPA)は500円です。1件のインストールを獲得するために500円かかったことになります。

複数の広告のCPA(CPI)を計算することで、アプリインストールに対する各広告のコストパフォーマンスを知ることができます。

ただし、CPIだけではアプリインストールという目標に対する効果はわかるものの、その後売上にどのように貢献したかまでは把握できません。アプリをインストールしたものの、売上にはつながらないユーザーも含まれているからです。逆に、CPIが高くても利益にもつながりやすい広告もあるでしょう。

そのため、CPI とROASを合わせて把握し、インストール後の売上への貢献度も知ることが大切です。
CPI(CPA)の数値は適切なのにROASが伸びない場合、売上につながる新規ユーザーの獲得方法や、既存ユーザーをどのように売上に貢献させるかを考える必要があるでしょう。

ROASとROIを比較する

ROI(Return On Investment)は、かけた広告費に対する「利益」を測る指標です。
「利益÷広告費×100」の計算式を使います。なお、利益は「売上-原価-広告費」で算出します。

例えば、100万円の費用をかけて広告を掲載し、商品の原価は50万円、350万円の売上があったとしましょう。
「350万(円)-50万(円)-100万(円)」で、利益は200万円となり、ROIの計算は「200万(円)÷100万(円)×100」で、200%です。広告費1円に対し、2円の利益が出たことになります。

複数の広告のROIがわかれば、各広告が本当に利益につながっているのか明らかになります。

アプリインストール広告のROASを参考にする場合は、ROIも合わせて把握しておくことが大切です。
たとえかけた広告費以上の売上がありROASの数値が高くても、利益も高いとは限らないからです。

例えば、広告費用に100万円をかけて200万円の売上があったものの、利益は50万円だったとしましょう。
「200万(円)÷100万(円)×100」でROASは200%です。
しかし、ROIは「50万(円)÷100万(円)×100」で50%となってしまいます。

このように、かけた広告費以上の売上はあるものの利益は投資額を下回ってしまうため、こういった場合は、広告の内容や掲載する媒体などを見直す必要があるでしょう。

ROASやROIの数値が100%を下回ると、投資額を回収しきれていないことになります。最低でもROASとROIがともに100%を超え、バランスよく伸びるように心がけてください。また、たとえROIの数値が高くても、投資金額によっては実際の利益が少なくなる場合があることも覚えておきましょう。

まとめ

アプリインストール広告の効果を正確に測定するためには、ROAS(売上を見る指標)だけでなくその他の指標も参考にして総合的に判断することが重要です。CPI(インストールコスト)やROI(利益を見る指標)など各指標の特徴をしっかり理解し、普段から確認するようにしておきましょう。

また、ROASは広告の内容や媒体、キャンペーンなどの要素にも大きく影響されます。
定期的に分析結果に合わせて広告を最適化し、マーケティングを成功させてください。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る