1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. アニメーション動画で個性を出す!制作のポイントや注意点をご紹介

アニメーション動画で個性を出す!制作のポイントや注意点をご紹介

動画マーケティング

インターネット上の動画広告やテレビCMなどで、アニメーション動画を用いた広告を目にしたことがあると思います。表現の自由度が高いアニメーション動画を広告に取り入れることで広告の注目度が上がり、成果につながる可能性が高まります。

この記事では、アニメーション動画を用いた広告を制作するポイントや、アニメーション動画を取り入れるメリットについてご紹介します。

アニメーション動画の活用シーン

動画広告でアニメーション動画を取り入れる際は、広告として適しているかどうかを検討することが大切です。アニメーション動画を広告で活用する場合、どのようなシーンにマッチするのでしょうか。

紹介する商品に親しみを感じてほしいとき

アニメーション動画は自由な表現ができるため、幅広い層のユーザーに対しての訴求が可能です。広告を通じて親近感を覚えてもらい、できるだけ多くのユーザーの認知や購買につなげたいときに有効な方法だといえるでしょう。

イメージを限定的にしたくないとき

実写の動画を用いた広告は、出演する人物の性格や印象で、商材のイメージを限定してしまう可能性もあります。オリジナルのアニメーション動画は既存のイメージに縛られず、すべてのユーザーに新鮮な印象を与えることが可能です。

制作にかかるコストを抑えたいとき

広告用に実写の動画を撮影するには、キャストや撮影スタッフ・機材を確保し、スタッフの人件費をかけて作業をする必要があります。アニメーションを取り入れることで、方法や手段によってはコスト・製作期間の面で優位になることが期待できます。

広告にアニメーション動画を使用するメリット

アニメーション動画を広告に取り入れる際には、アニメーション動画ならではのメリットをよく理解しておく必要があります。アニメーション動画が持つメリットを、以下にご紹介します。

費用を抑えられる

前の項目でもご紹介しましたが、実写動画を撮影する際には人員や撮影現場の確保などにコストがかかります。これをアニメーション動画にした場合、それらにかかる費用をある程度削減することが可能です。

一目見ただけで内容を理解できる

印象的な動作・アクションやカッコいい字幕表現など、「イマジネーションを絵にすること」で、理想に近い表現ができる点がアニメーションの利点です。この特徴を上手に生かすことで、動画をパッと見ただけで商材の特徴や良さなどを理解してもらえる演出も可能となります。

見た人の記憶や印象に残りやすい

動画には、テキストや静止画と比較してインパクトある表現ができる特徴があります。そのインパクト面をさらに強調できるのも、アニメーション動画のメリットです。特徴的なキャラクターが画面内で動くアニメーション動画は、見た人の印象に不思議と残ってしまうものです。また、商材に対する興味や関心も引き出しやすい手段といえます。

個性を強調しやすい

アニメーション動画を使った広告のなかには、複数本のシリーズ構成になっているものもあります。何本かを通して見たユーザーは、新しい広告が配信されるとすぐ「〇〇の新しい広告だ」と気づくことができます。個性ある内容で企業や商品の認知度を高めたい場合にも、アニメーション動画は有効です。

アニメーション動画を広告に活用するポイント・注意点

アニメーション動画を広告に取り入れる際には、どのような点に注意が必要なのでしょうか。アニメーション動画を広告として活用する際のポイントと注意点について、以下にご説明します。

【ポイント】依頼先を選定する際の3要素

有名なアニメーション制作スタジオへの依頼により、大きな話題性を期待することも一つの手です。しかし、そこまで高額な予算をかけられる企業は多くないはずです。
広告用アニメーション動画の制作を依頼する際には、以下の3要素を踏まえて依頼先を選定すると良いでしょう。

  • ・価格がリーズナブル
  • ・広告や広報用の動画制作に関するノウハウがある
  • ・実績が豊富

【ポイント】制作にかかる期間を事前に確かめる

実写動画のように撮影のスケジューリングなどを綿密に行う必要がない点はアニメーションのメリットですが、制作期間については注意が必要です。要望次第では、実写動画の作成より期間がかかる可能性もあるため、制作期間は事前にしっかり打ち合わせをして確認しましょう。

【注意点】アニメーションを選んだ動機を明確に

「アニメーションが旬のジャンルだから」などという理由だけでは、なぜアニメーション広告にしたのかという意図が伝わらず、思った通りの訴求ができない可能性があります。対象となるターゲットや商品の特性など、「アニメーションだから伝えられる理由」をはっきりさせたうえで、広告の企画を行いましょう。

まとめ

アニメーション動画を広告に取り入れる場合、専門の制作会社へ依頼することを前提に企画するケースが中心です。しかし近年ではアニメーション動画を簡単に作れるツールが増えており、自社内で制作を行うことも難しくはありません。

編集アシスト機能にAIを導入するなど、高機能ながら感覚的な操作で初心者でもイメージ通りのアニメーション動画が簡単に作成できるツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」もその1つです。すでに有名企業の動画広告作成にも多数使われ、数多くの導入実績があります。

導入事例はこちら:https://video-b.com/case/


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。
ご検討の方はぜひお問い合わせください。
HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る