1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. アフィリエイト広告とは?仕組みやメリット・デメリットについて紹介

アフィリエイト広告とは?仕組みやメリット・デメリットについて紹介

Webマーケティング アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは成功報酬型広告のことです。
難しそうなイメージを持つ方もいるかもしれませんが、実はシンプルな仕組みで誰でも始めることが可能です。

本記事では、アフィリエイト広告の運用を考えている方向けて、アフィリエイト広告のメリット・デメリットや出稿手順について紹介します。

アフィリエイト広告とは

アフィリエイト広告はインターネット広告の1種で、広告をクリックしたユーザーからコンバージョンを獲得したときに広告費が発生します。
コンバージョンとは商品の購入や資料請求など企業の利益に直結するユーザーの行動のことです。

リスティング広告と違って、自社のWebサイトに広告を掲載するのではなく、アフィリエイターと呼ばれる媒体主によって、アフィリエイター自身のWebサイトに広告が掲載されます。

広告主はASP(Affiliate Service Provider)と呼ばれる仲介業者に登録し、同じくASPに登録しているアフィリエイターに出稿した広告を使って商品やサービスを宣伝してもらう仕組みです。
アフィリエイターが掲載した広告からコンバージョンが発生したら、得た報酬の中からASPに広告費を支払う必要があります。なお、広告主はASPに対して初期費用や月額費用も支払わなければなりません。

アフィリエイト広告の種類

アフィリエイト広告には主に3つの種類があります。

  • ・成功報酬型
  • ・クリック型
  • ・固定掲載型

順に紹介します。

成功報酬型

成功報酬型は、ユーザーがアフィリエイト広告を掲載したWebサイトを経由して商品やサービスを購入したときに広告費が発生する広告です。
情報商材系の商品も成功報酬型に含まれ、購入件数によって支払う費用が変化します。

クリック型

クリック型は、ユーザーが広告をクリックするたびにアフィリエイターに報酬を支払うタイプです。
商品やサービスの販売より、多くのユーザーへの周知を目的に利用されることが多い傾向があります。

固定掲載型

固定掲載型は、一定の条件で広告をページ内に掲載するだけで固定の広告料がアフィリエイターに支払われるタイプです。
固定報酬型は広告主や、ASP業者から「価値のあるサイト」と認めてもらう必要があるためハードルが高いです。

アフィリエイト広告のメリット

アフィリエイト広告を利用するメリットは主に以下の3つです。

  • ・費用対効果が高い
  • ・認知拡大が期待できる
  • ・広告費を抑えられる

順に紹介するので、導入検討の参考にしてください。

費用対効果が高い

アフィリエイト広告の大きなメリットは費用対効果が高い点です。
アフィリエイト広告は、ユーザーがクリックしただけでは費用は発生せず、企業にとって利益が発生した時点で費用が発生する仕組みになっています。
広告費が発生する分、企業にとってプラスに働くので、無駄な出費がなくなるのです。

認知拡大が期待できる

アフィリエイト広告を出稿すると、広告を自身のWebサイトに掲載し商品やサービスを宣伝してくれるアフィリエイターによって広告認知拡大が期待できます。

報酬を魅力的にするほど、多くのアフィリエイターによって広告が扱われるので、広範囲にわたって認知が広がります。認知が広がれば、アフィリエイト広告以外からの顧客獲得機会が増えるので、売上げアップを図れます。

広告費を抑えられる

費用対効果が高くなれば無駄な出費を抑えられるので、リスティング広告を利用するよりも広告費を抑えることができます。
アフィリエイト広告を出稿するために初期費用や月額費用は発生しますが、継続的に広告を出稿するのであれば、マス広告やリスティング広告を利用するよりも少額の広告費で宣伝することも可能です。

アフィリエイト広告のデメリット

アフィリエイト広告をASP業者を介して広告出稿する場合には、初期費用や月額費用などの費用を支払う必要があります。月額費用についてはコンバージョンの獲得が0件でも固定費が発生するので、その点は大きなデメリットといえるでしょう。

また、アフィリエイターの宣伝によっては、企業イメージが低下してしまう可能性もあります。
ブランドイメージを損なわず、コンバージョンを増やすためには、アフィリエイターを吟味する必要があります。

アフィリエイト広告の出稿手順

アフィリエイト広告の出稿手順

アフィリエイト広告を始めるには、まずASPに登録をしましょう。
ASPの審査に通過すると、広告の準備を行います。
アフィリエイターに使用してもらう広告なので、思わずクリックしたくなるような広告画像イメージやテキストを作成しましょう。アフィリエイターが自社のアフィリエイト広告を掲載したら、広告運営が始まります。

出稿時の注意点

アフィリエイト広告を利用するときは、自社の商材に相性の良いASPを選ぶことが重要です。
ASPには「A8.net」や「バリューコマース」などさまざまな種類があるので、自社の商材との相性を見て判断する必要があります。
メディア露出が多くて在籍アフィリエイターが多いサービスや実績が認められたアフィリエイターのみが在籍するサービスなど、ASPによってアフィリエイターの質が変わるので、ターゲット層の情報を踏まえて自社に適したASPを選びましょう。

また、報酬の設定にも注意が必要です。
報酬が少なければアフィリエイターに選んでもらえない可能性が高く、多すぎると費用対効果が低くなってしまいます。報酬に充てる予算をしっかり立てて、利益が出るコスト管理を徹底しましょう。

まとめ

アフィリエイト広告を利用すると、費用対効果を高めたり認知を広めたりすることができます。
自社の商材に最適なASPを選んで、赤字化しないように報酬や固定費などのコスト管理を徹底しましょう。

数ある登録企業の中からアフィリエイターに選んでもらわなければならないので、魅力的な広告を作成することが重要です。
アフィリエイターは企業のWebサイトを見て商材を扱うか決めるので、商材の紹介動画を作ってアピールすることも有効です。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る