1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 広告施策は動画にシフトすべき?動画マーケティングの効果と活用事例

広告施策は動画にシフトすべき?動画マーケティングの効果と活用事例

商品やサービスの認知拡大をはかるうえで欠かせない「広告施策」。なかでも多数の種類があるWeb広告ですが、いま、動画による広告が非常に盛り上がっていることをご存知でしょうか? 皆さんもYouTubeに差し込まれる「インストリーム広告」や「バンパー広告」「アウトストリーム広告」で動画広告を目にされた方も多いのでは。 今後、成長がより加速されることが期待される動画広告の市場やメリット、主な動画マーケティング施策や企業の活用事例を中心に解説します。

今後、動画広告市場はますます成長する見込み

2020年3月から日本でも運用が開始した5G回線により、これまでデータ量が大きく、送受信に負担がかかっていた動画が今後はスムーズに閲覧可能に。5Gの登場に伴い、現在、動画広告が重要なトレンドマーケティングのひとつになっています。 上記の株式会社サイバーエージェントが行なった調査によると、動画広告は向こう5年で268%の成長が予想されています。Web広告においても動画は存在感を高めていく見込みで、”年平均120%成長”ともいわれています。 出典:サイバーエージェント、2019年国内動画広告の市場調査を実施 上記も同社が行なった調査なのですが、PCとスマホの動画広告比率を見たところ、スマホつまりモバイル動画広告の需要は2019年で2,296億円にのぼり、同年全体の89%を占める比率であることがわかります。 皆さんも肌感覚はお持ちかとは思いますが、スマホ利用者・利用時間の増加に伴い、スマホ動画広告の伸びが顕著なのです。

数字で見る動画広告の効果

しかしながら、なぜ動画広告がマーケティング施策としてとられる機会が増えているのでしょうか。動画広告にどんな効果が期待できるのか定量的に見ていきましょう。 上記の棒グラフをご覧ください。これは弊社にて、動画と静止画で同じ内容・ターゲティングの広告を運用した場合の比較データです。グラフにあるように、動画のほうが「リード獲得単価 約40%削減」「コンバージョン率 約1%改善」「クリック単価 約22%削減」という結果が出ています。 つまり、単純計算ではありますが、同じ広告費用を静止画と動画にかけたとしても、動画のほうが2倍近くのリードを獲得できる計算になります。最終的な目標であるコンバージョン(CV)率も、静止画より動画のほうが商品やサービスの魅力を顧客に深く伝えることができるため、質の高い顧客が獲得できているものと考えられます。

動画マーケティング独自のメリット

定量的な視点で見るとパフォーマンスのよい動画マーケティング。では、定性的な視点ではどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは、動画マーケティング独自のメリットを3つに分けてお伝えします。

圧倒的に多い情報伝達量

一つ目のメリットは、テキストや静止画の広告に比べて顧客に伝えられる情報量が圧倒的に多いということ。また、読解の時間が必要なテキストに比べて、動画は短時間で直感的に受け手に情報を届けられる点も魅力です。 具体的な数字で見ると、たった15秒の動画でもテキストにすると約45万字に及ぶ情報を伝えることができ、情報量は静止画の約5,000倍になるといわれています。

ニュアンスやイメージを伝えるのに最適

二つ目のメリットは、動画のほうが顧客に商品・サービスのニュアンスやイメージを伝えるのに最適であるということ。これは先ほどの圧倒的な情報量と同じような内容ではありますが、動画はテキストや静止画では伝えることの難しいニュアンスやイメージ・空気感を伝えるのに最適な手段です。 映像に加え、アニメーションやセリフ・BGM・テロップなどを組み合わせることで、短い時間にギュッと情報を凝縮して伝えられます。受け手の時間を奪わないうえに、ニュアンスという感覚的な情報を届けることができるのです。

動画はSNSでバズりやすい

三つ目のメリットは、動画のほうがSNSでバズりやすいということ。一つ目、二つ目のメリットでお伝えしたように動画は情報伝達量が多いため、受け手にインパクトを与えやすいメディアです。 TwitterやInstagramまたはYouTubeといったSNSや媒体でユーザーによって拡散され、いわゆる「バズる」という状態に繋がる可能性はテキスト広告よりも大きいはず。今のWeb集客は、このバズった状態を生み出すことができれば、コストをかけることなく自然な集客を増やすことができるので、動画マーケティングはポテンシャルの高い手法なのです。

主な動画マーケティング施策

ここまでにご説明した定量的な動画広告の効果や定性的なメリットがあれば、ぜひとも動画マーケティング施策を導入したいところですよね。では、企業のマーケティング施策に動画を活かすとき、どのような施策が考えられるのでしょうか。 基本的な考え方としては、これまでテキストや静止画が担なってきた箇所を動画に差し替えられると考えていただいて構いません。そのうえで、動画マーケティング施策の使いどころは大きく4つに分けられるでしょう。

企業のYouTubeチャンネル運用

一つ目は、企業のYouTubeチャンネル運用です。一般的な個人でチャンネルを運用する「YouTuber(ユーチューバー)」の認知度が高いですが、企業が運用するYouTubeチャンネルも増えてきています。 YouTubeチャンネルはビジネス系のチャンネルでも人気になれば、動画1本につき数十万再生を超えるケースも見られます。動画撮影・編集の体制さえ作れれば、動画1本は1日ほどで制作できるでしょう。 Webの記事掲載と比べると、1日で制作した記事が数十万PVに達することは、大手メディアでない限り難しいので、潜在顧客へのリーチはYouTubeのほうが効率がよいと考えられます。また、再生回数に応じて広告収入が期待できる点も魅力です。 ただし、エンタメ路線を重視した動画を意識しないとチャンネルが成長しづらい点は注意してください。企業がYouTubeチャンネルを運営すると、ビジネス色が強いあまり大手企業でも視聴者数が伸びづらいという傾向もあります。

Webサイトへの動画埋め込み

二つ目は、Webサイトへの動画埋め込みです。これは比較的昔からある施策で、Webサイトやメディアに動画を埋め込み、テキスト中心のサイト情報をよりわかりやすくユーザーに伝える目的で行われます。 動画は現在であれば、YouTube上にアップし(YouTube上では非公開にもできます)、URLをWebサイトに埋め込むという工程が一般的です。Webサイト制作で人気のCRM・WordPressで作られていた場合、該当ページの編集画面より簡単に埋め込むことができます。

Web広告の動画化

三つ目は、Web広告の動画化です。これは文字通り、Web広告で「インストリーム広告」や「インフィード広告」「インバナー広告」などの動画広告の運用を開始することです。 それぞれ解説すると、インストリーム広告はYouTubeなどの動画サイトで大画面で表示される広告。メディアサイトなどでコンテンツとコンテンツの間に表示される広告。インバナー広告とは従来のバナー広告枠に表示される動画広告を指します。 そのほか、主要SNSで動画広告を用いるのも効果的です。具体的には「Facebook」「Instagram」「Messenger」「Audience Network」「Twitter」の広告があげられます。

オフラインでの動画活用

四つ目は、オフラインでの動画活用です。意外と見落とされがちなのですが、店頭に設置されるPOPや商業施設・駅構内で設置されるデジタルサイネージで動画を活用するというのも有効な動画マーケティングのひとつ。 サイバー・コミュニケーションズ(CCI)が行なった調査によると、デジタルサイネージの広告市場規模は2019年には749億円に達し、2023年には1,248億円にも拡大すると発表されています。 オンライン上に終始せず、オフラインでも動画を用いることで、顧客接点や集客の確度を高められるといえます。 出典:CCI、デジタルサイネージ広告市場調査を実施 ~2019年のデジタルサイネージ広告市場規模は749億円の見通し、2023年には1,248億円と予測~

企業の動画マーケティングの活用例

では、実際に動画マーケティングで高い成果をあげた企業は、どのような活用を行なったのでしょうか。ここでは2社の動画マーケティング事例をご紹介します。

エヌエス・テック | 求人広告の動画化で差別化を実現

エヌエス・テック株式会社は製造ラインのアウトソーシングからコンサルティング・人材派遣まで一括請負でサポートする会社。同社は、LINE・YouTube広告・YouTubeチャンネルなどで求人広告を動画で配信することで、他社とは違う(差別化)採用活動を実施しました。 動画制作については、Video BRAINで効率的にテンプレートを使いまわすことで制作時間を短縮。各エリアごとの担当者は4名ながら、潜在層にうまくアプローチし採用力を高められたといいます。

GROOVE X | SNS投稿を動画に変えてエンゲージメント200%アップ!

GROOVE X株式会社はLOVOT(らぼっと)という”LOVEを育む”家族型ロボットを開発する会社です。同社では、頻繁に「静止画よりも動画のほうがLOVOTの良さが分かる」と顧客から反響を得ていたこともあり、SNS投稿で動画を重視するように。 そして、SNS投稿を動画に切り替えてみたところ、エンゲージメントは200%ほど改善されたそうです。現在ではインハウスで月に10本ほど動画を制作しており、SNSだけでなく、FacebookやInstagramの動画広告・店舗でのデジタルサイネージでも動画を活用されているといいます。

企業が動画制作に抱える懸念点

このように動画マーケティングの活用が盛んな現在では、施策に動画を用いる企業がとても増えてきています。しかし、「動画制作」というと未経験企業にとってはハードルの高い印象もあります。例えば、想定される懸念点は以下の通りです。

動画制作スキルのある人材不足

あらかじめ、動画制作スキルのある人材が社内にいる会社はいいですが、そうでない場合、人材の確保から進めなければなりません。動画制作に長けている人材を採用しようとすれば、当然採用コストがかかります。先行きが不透明な現代において、新規雇用のリスクも生じてしまいます。

動画制作までに時間がかかる

完成した動画は数十秒から数分だったとしても、企画から構成・撮影・編集まで含めるとけっこうな制作時間がかかってしまいます。マーケティング活動は素早い実行と的確なPDCAサイクルが重要。特にスピードが重視されるベンチャー企業などでは、時間がかかることはリスクともいえます。

外注した場合は費用がかさむ

かといって、動画制作を社外の会社やフリーランスに外注すれば、それなりの費用がかかってしまいます。また、採用ではなかったとしても、数多ある外注先からどの外注先がよいのか選別する作業もコストがかかります。「そこまで凝った動画でなくてもいい」という場合、都合のいい外注先が少ないのです。

Video BRAINなら動画制作が誰でも簡単に

弊社が開発・運用している「Video BRAIN」なら、企業が動画制作で抱えるジレンマを解決することができます。Video BRAINはクラウド上で利用できる動画制作ツールで、動画に使う素材(テキストや画像)をアップロードするだけで、AI(人口知能)が自動で数万種類のパターンからお客様に適した動画を生成します。 また、制作を外注する場合と異なり、ご利用は月額の定額制ですので何本でも動画は作り放題です。動画マーケティングという、幅広い用途に応じてVideo BRAINで制作した動画を活用することができるはず。 「広告」「メディア運営」「ECサイト」「採用」「CSR」「YouTubeチャンネル」「マニュアル作成」において、”文章や静止画で伝えるには限界を感じている。だけど動画をどう作ればいいかわからない”という企業様は、ぜひ一度、Video BRAINのご利用をご検討されてみてください。

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ