1. TOP
  2. 動画マーケティング
  3. 広告クリエイティブとは?広告クリエイティブの種類や制作ポイント

広告クリエイティブとは?広告クリエイティブの種類や制作ポイント

「広告クリエイティブ」という言葉をご存じですか? インターネット広告の発展にともない注目を集めていますが、広告クリエイティブ」という言葉が、インターネット広告の発展に伴い広く使われるようになっています。

今回は、広告クリエイティブとは何か、またその最近の動向や構成例、そして作成時のポイントなどについて解説します。

広告クリエイティブとは

広告クリエイティブとは、「広告用に作成した成果物」を指す言葉です。英語の「creative(独創的な、創造的な)」から派生したものです。宣伝動画、バナー、チラシなどといった広告のために作られた素材全般をそう呼びます。キャッチコピー、文章、画像、動画などの素材=広告クリエイティブのクオリティは、そのまま広告の効果に直結する大切な要素となります。

 

広告クリエイティブの重要性

あなたが広告から情報を得るとき、その広告には何を求めるでしょうか。

わかりやすさやおもしろさ、色彩の美しさなど、人それぞれに良いと思うポイントは異なるものですが、多くを語らずとも見る人に感覚的に良さを伝えることができる広告には、多くの人が心を惹かれるものです。

つまり広告は、誰もが目を止めるようなクオリティの高さがあってこそ、その効果をより大きく発揮するものであり、その効果を確実なものにするためにも、広告クリエイティブにこだわるのは非常に重要なことなのです。

広告は大きく分けると2種類

広告クリエイティブについて知るために、まず「広告」そのものについて理解を深めましょう。広告は、オンラインとオフラインの2つに大きく分けることができます。

オンライン広告

インターネット上に掲載される広告です。検索画面、サイト、動画内など、表示される箇所は多岐にわたります。その中でも代表的なのは以下の4つです。

リスティング広告

Google、Yahoo!などの検索エンジンの検索結果画面に掲載される広告です。「指定キーワード」の検索結果と並んで表示されるため、上手にキーワードを選択すれば興味を持ったユーザーにダイレクトにアピールできます。

ディスプレイ広告

各種サイトの広告枠に掲載されます。いわゆる広告バナーが代表的で、オンラインの広告と聞いて多くのユーザーが最初に思い浮かべるのは、このディスプレイ広告でしょう。

ネイティブ広告

ユーザーにストレスを与えないよう、記事のコンテンツと広告を自然な形で馴染ませて掲載する形式です。「馴染ませて」といっても広告であることを隠すわけではなく、広告であることを明記したうえで、まるでコンテンツの一部であるかのように掲載することができる広告です。

ビデオ広告

その名の通り、動画を活用した広告です。文章や画像による広告と比べて多くの情報を瞬時に伝えることができる点で優れています。文章、画像と比較するとどうしてもサイズが大きくなるため、これまでは活用が避けられるケースもありましたが、5Gに代表される高速回線の普及や、スマートフォンを利用した動画視聴環境が一般的に整ってきたことで、現在もっとも注目される広告形式となっています。

オフライン広告

インターネット以前から存在する、チラシやポスター、のぼりなどの広告を指しています。新聞の折り込みチラシや店頭での宣伝動画などもこれに当てはまります。

広告クリエイティブの最近の傾向

オンラインとオフラインで大きく分けることができる広告ですが、近年はオンライン広告の市場が飛躍的に成長しています。ここでは、オンライン広告における広告クリエイティブの傾向について紹介します。

AI化を使った自動化

AI技術の発展により、自動で広告を作成するサービスが台頭してきました。宣伝に使いたい広告クリエイティブを用意するだけで、AIがそれらを自動的に組み合わせ、高品質なバナーや動画広告を作成します。技術の進化により、今後も自動化の流れは進んでいくものと考えられます。

UGCの活用が増加している

UGC(User Generated Content)とは「ユーザーが作成したコンテンツ(企業が作ったものではないコンテンツ)」です。たとえば、個人がSNSに投稿した文章や画像、動画、Amazonのような通販サイトのレビュー(批評)などが該当します。UGCは企業の宣伝とは違う「偽りのない個人の意見」であると考えられており、消費者からの信頼を集めやすいのが特徴です。

最近では、商品に対するSNS上のUGCを広告クリエイティブとして活用するケースが増え、実績も上がっています。たとえば、メンズスキンケア商品を取り扱うBULK HOMME様では、SNS上の口コミを「ユーザーボイス」として許諾を得て集め、宣伝に利用しました。その結果、SNS広告から得た顧客を1年間で約10倍にまで増やすことに成功しています。

参照:BULK HOMME(バルクオム):1年でSNS経由獲得件数は10倍・CPAは3分の1に ―「UGC」を使ってSNS広告とLPを戦略的に連携 ―

広告クリエイティブ制作の構成例

広告クリエイティブの制作では、下記の4つの構成形式のいずれかを用いるのが主流です。

自分ごと化する「絞り込み型」

ターゲットを絞る文言を入れることで「自分ごと化」させます。たとえば「20代で美容に気を使いたい男性のあなたへ」というような、年齢・性別・悩みを混ぜ合わせて、訴求性を高める方法です。

5W1Hを用いる「イメージ型」

「いつ」「どこで」のような「5W1H」を用いて、商品の利用イメージを実感させる形式です。「1日200円の費用で、毎日自宅で肌ケアが行える」というように、具体的な数字を織り交ぜます。

使用前と後をイメージさせる「変化型」

商品の仕様前と使用後を比較して効果をイメージさせる形です。ダイエットの広告でよく見かける、痩せる前と後の画像を並べて提示するような手法が該当します。

自社商品とその他を比較説明する「比較型」

「他社と比較して○○%効果がアップ」といったように、自社商品を他の商品と比較して魅力的に見せる広告です。自社商品の良さを売りにできるだけの「商品力」が問われます。

広告クリエイティブ制作時のポイント

最後に、広告クリエイティブの制作において重要なポイントを、3つ押さえておきましょう。

何を伝えたいのかを明確にし、簡潔に伝える

宣伝効果を高めるためには、何を目的とした広告なのかを明確化する必要があります。伝えたい内容がぼやけていては、メッセージは充分に伝わりません。「これを伝えたい!」という核を定め、簡潔に伝えましょう。

イメージを統一する

商品、ブランド、広告クリエイティブのイメージを統一しましょう。落ち着いた雰囲気が売りの商品なのに軽い雰囲気の広告を作ったのでは、消費者が困惑してしまいます。

わかりやすく、ターゲットに合った画像を使う

顧客目線に立ち、商品やサービスのイメージが掴みやすい画像を採用しましょう。飲食店であれば食事や内装を、スキンケア用品であれば実際に使用している姿やきれいになった肌の画像を、というように工夫することが大切です。

まとめ

優れた広告クリエイティブの活用は、売上の向上のみならず企業のイメージ向上にもつながります。イメージの明確化など、ここで紹介した作成のポイントなどを踏まえながら、より魅力的な広告クリエイティブを目指しましょう。

動画において質の高い広告クリエイティブを目指すのであれば、VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)が効果を発揮します。AI技術を駆使し、手軽に、かつ高品質な宣伝動画の作成ができるクラウド型動画作成サービスです。ぜひこの機会にご利用をご検討ください。

未経験でも高品質な動画を作成できる、インハウス動画制作に欠かせない AI 動画編集ツール VIDEO BRAIN
HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

この記事をシェアする


Video BRAIN

Video BRAINは「誰でも簡単、AIサポートで動画作り放題」の動画編集クラウドです。
動画撮影や編集の経験が一切なくても、簡単に高品質な動画を作成できます。
特許取得済みの独自AI技術が編集作業をサポート。他社にはない多様な編集機能と数百種類のテンプレートで、思い通りの動画を作成できます。
多くの企業が、SNSや広告、プレスリリース、採用、マニュアル、営業資料の動画化に活用しています。

詳細はこちら お問い合わせ