1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. 求人広告とは?種類や特徴を徹底解説

求人広告とは?種類や特徴を徹底解説

Webマーケティング 求人広告とは?種類や特徴を徹底解説

インターネット上をはじめ新聞や街頭など、求人広告を目にする機会は数多くあります。
求人広告にはどのくらいの種類があり、出すことを考えるならどのような手段を選定するとメリットがあるのでしょうか。

この記事では、求人広告の種類についてご紹介し、求人広告の選び方や出す際の注意点などについてもご説明します。

求人広告の主な種類

求人広告にはさまざまな出稿形態がありますが、もっともおおまかに分類した場合は、以下の2種に分けることができます。

紙媒体による広告

紙の媒体で見ることのできる求人広告には、「新聞広告」「フリーペーパー(無料配布の情報誌)」、そして「有料求人誌」「折り込み広告(チラシ)」などを思い浮かべるかと思います。
これらに加え、店頭や商業施設、学校などに掲示されているポスターやフライヤーなどによる求人広告も紙媒体に含まれます。

インターネット上の求人広告

インターネット上で見ることのできる求人広告にも、複数の種類があります。
求人サイトなどにまとめて掲載されている「Web広告」が代表的なインターネット求人広告ですが、この他にも「SNS求人広告」や「メールによる求人広告」があります。
また、求人サイトではなく求人元の企業が直接自社サイトに掲載する求人広告もあります。

紙媒体とインターネット求人広告を比較した場合、どちらの求人広告を出すことがおすすめなのでしょうか。
今求人広告を出すのであれば、多くの人に即時性の高い広告をすぐに届けられ、求職者との連絡もスピーディに取れるWeb広告がおすすめです。

各種求人広告の詳細解説とメリット

前述で「紙の求人広告」と「インターネットの求人広告」に種類を分けてご説明しましたが、それらをさらに細分化した各種の求人広告について、詳しくご紹介します。

各広告が持つメリットもそれぞれご説明しますので、ご参考にしてください。

紙媒体:新聞求人広告

新聞の紙面に設けられた求人情報の欄に掲載される求人広告です。
インターネットになじみの薄い中高年層や、より公共性の高い求人を探している層のユーザーに適しています。

紙媒体:フリーペーパー求人広告

街頭で配布している無料の求人誌に掲載される求人広告です。
こちらもインターネットを活用する機会の少ない中高年層や、特定の属性の求職者に対し根強いアピール力があります。Web広告が増えたことで規模は縮小しましたが、まだ需要が見込める求人広告といえます。

紙媒体:折り込み求人広告

新聞に折り込まれるチラシを利用した、紙の求人広告です。
折り込みチラシは配布する地域が決まっているため、特定の地域だけで求人をしたい場合は有効です。

紙媒体:店頭・学校求人広告

店舗の求人掲示板や、大学や専門学校の就職課の求人掲示板に貼り出されるポスターによる求人広告です。
店舗の特徴や学校の種類に応じた、特定の人材を求めている場合に有効です。

インターネット:Web求人広告

求人サイトに掲載される求人広告です。
インターネットに親しんでいる若い世代に向けて求人を行いたい場合には、大きなメリットがあります。
また、Webで求人を探す人はこまめに求人サイトをチェックする傾向があるため、熱意のある人を求めている場合にも有効です。

インターネット:求人検索サイト・アプリ

さまざまなWeb求人広告を集めて、検索結果に表示する「求人専用検索エンジン」のようなサイトやアプリです。広告主は無料から求人広告を出せるメリットがある他、一般の検索エンジンでも上位表示されやすいので、非常に多くのユーザーに閲覧してもらえます。

インターネット:SNS求人広告

「ソーシャルリクルーティング」とも呼ばれる求人広告で、SNSに企業が採用専用アカウントを設け、そこで求人を行う方法です。
求職者とのコミュニケーションが非常に容易で、求職者について理解が深まるメリットがあります。
求人側と求職側のミスマッチが防げることも利点の一つです。
また効果的に動画や画像なども用いることができるため、インパクトのある求人広告の展開も可能です。

インターネット:自社サイト内求人広告

自社の公式Webサイト上に求人ページを設け、そこに掲載する求人広告です。
広告主側には無料で求人を出せるメリットがあり、求職者側には募集企業について多くの情報を得られ、深く知れるというメリットがあります。

Web・紙それぞれの求人広告に特徴とメリットがあり、いずれの広告にも一定の需要が存在します。
求人する側のニーズに合わせて、もっとも適した求人広告の出稿を検討すると良いでしょう。

求人募集をする際のポイント

求人募集をする際のポイント

求人広告を出すときは、いかに求職者の目を引き魅力を感じてもらえるかを考慮して広告の内容を考えるはずです。しかし求人広告の作成時には、それ以外にも押さえたいポイントが複数あります。

求職者目線での広告を作る

「経験者優遇」や「どなたにもできる仕事」など、求人広告で常套句として用いられやすい言い回しがあります。これらは安易に使用せず、「このような人材を求めている」と微細に記載しましょう。

例えば「未経験者可」と書いてしまうと、「何の未経験者を指すのだろう?」と、求職者へ疑問を持たせ混乱を招く可能性があります。
漠然とした表記は避け、「販売職ですが販売未経験者でも可」「社会人経験がなくてもOK」など、具体的な要件を親切に記載したほうが求職者は安心して応募できます。

採用したい人材像に合わせて求人広告を選定する

ニーズに合わない求人広告をWebに出してしまうと、かえって効果が得られないことがあります。
例えば、「この市町村のこの地区の人を募集したい」という目的がありながら、全国規模の求人サイトに広告を出してしまうなどのケースです。
Web広告は全世界から閲覧でき、幅広い求職者から見てもらえますが、特定の地域に限って人材を求めたい場合は、ターゲットの目にすら触れない可能性もあります。
「○○市の××地区で求人したい」などの場合は、それらのターゲットに確実に届く折り込みチラシでの求人が適しているでしょう。

急募の場合はSNS広告の活用も

すぐに欲しい人材をミスマッチなく採用したい場合は、最近注目されている「SNS求人広告」が適しているでしょう。その企業で働きたい求職者がアカウントをフォローし、まめに情報をチェックしているため、すぐにコミュニケーションを図れて双方の理解も素早くできます。

コストと手間のバランスに注意

求人広告を出す際の費用は、媒体や種類によって異なります。
しかし、非常に低価格な広告枠の場合は求人広告の原稿広告主がすべて作らなければならない場合もあります。
費用と出稿の手間をしっかり確認し、バランスが取れている出稿媒体を選定しましょう。

まとめ

求める人材像がはっきりしていれば、どのような形で求人広告を出すべきかがわかりやすくなります。
しかし、Web広告などは媒体の数や規模が年々拡大しており「どこに広告を出すべきか決められない」という状況を招いてしまいがちです。
特にWeb求人広告の場合は、出稿したい媒体の特徴をよく確認し、求人内容に適しているかをよく見極めて媒体を選定すると良いでしょう。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る