1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. Twitter動画広告のメリットや特徴を徹底解説!

Twitter動画広告のメリットや特徴を徹底解説!

Webマーケティング

YouTubeなど動画サイトの動画広告には、実に多くの企業が出稿しています。そこで次に注目されているのが、SNSの動画広告です。

そこでこの記事では、3大SNSの1つである「Twitter」に出せる動画広告について詳しくご紹介します。その種類や特徴、メリット・デメリットなど、Twitterへ動画広告の出稿をご検討中ならぜひ知っておきたいポイントをまとめました。

Twitter動画広告の特徴

Twitterの広告といえば、ツイートの形式で表示される広告やトレンド欄に表示される広告などが知られています。
しかし、Twitterには動画広告を出すこともできます。ここでは、Twitter動画広告の主な特徴をご紹介します。

ツイート内の動画の再生直前に表示される

Twitter動画広告は、ツイート内の動画が再生される前に表示されます。YouTubeの動画広告にも数多くある「インストリーム広告」の形式です。
また、6秒以上の動画は6秒経過時にスキップボタンが表示されます。

ターゲットを絞った訴求が可能

Twitter広告の特徴として、多彩なユーザーを対象として絞り込みできる点があります。
このため、多種多様なユーザーへアプローチしたい広告だけでなく、ターゲットユーザーを絞ったピンポイントな訴求も可能です。

若年層へのアピールに適している

Twitterは140文字以内の短文を用いてユーザー同士でコミュニケーションを取れるSNSで、非常にシンプルな投稿でタイムラインが構成されます。
方のため、他のSNSと比較してユーザーの年齢層が低いのが特徴です。
中高生から30代くらいまでがTwitterの主要なユーザー層であるため、Twitter広告は若い世代へのプロモーションに適しています。

Twitterに動画広告を出すメリット・デメリット

Twitterに広告を出したいと考えているなら、Twitter広告のメリット・デメリットについても押さえておきましょう。ここではTwitter広告のメリットとデメリットをご紹介します。

【メリット】大量拡散が期待できる

Twitterには「リツイート」という機能があり、気になったツイート(投稿)を自分のフォロワーへ拡散できるという特徴があります。
そのため、特定の話題が多くリツイートされることで瞬時に「バズり」と呼ばれる大量拡散を起こし、爆発的なプロモーション効果を得ることが期待できます。

【メリット】特定のターゲットへリーチしやすい

Twitterには個人の興味関心にまつわる話題を投稿するユーザーが多く、キーワードを用いたターゲティングがしやすいという特性を持っています。
このため、一般層向けに大量露出するリスティング広告ではリーチが見込めないコアなターゲットに向けた広告も、対象ユーザーに届けやすいというメリットがあります。

【デメリット】ターゲットとなる年代が限定的

Twitterは短文投稿によるシンプルなコミュニケーションツールで、ユーザーの年齢層が低めであるという特徴を持っています。
このため、長文投稿を好む世代のユーザーは他のSNSに流れやすく、それらの層を対象としたプロモーションは難しいというデメリットがあります。

【デメリット】表示の特性上ユーザーに広告を敬遠される可能性がある

Twitter動画広告は、投稿された動画を再生する前に表示される「インストリーム広告」です。6秒以上再生されるものはスキップ可能であるとはいえ、目的の動画を見る前に広告が出ることに不快感を持つユーザーも一定数いる可能性があります。

Twitter動画広告の種類とその特徴


Twitterに出せる動画広告には、複数の種類があります。ここでは、Twitterに出稿できる広告の種類とそれぞれの特徴について、ご紹介します。

「プロモビデオ」と呼ばれる動画広告

ユーザーのタイムライン内の、動画投稿に表示される広告です。テキストによる広告より目に留まりやすく、数秒の表示でも多くの情報量を伝えやすいため広告効果が高いといわれています。
ただし、インストリーム広告であるため何度も流れると敬遠するユーザーも少なくなく、興味を持って見てもらえる工夫が必要です。

参照:Twitter広告フォーマットと仕様

「ファーストビュー」と呼ばれる動画広告

「ファーストビュー」と呼ばれ、その日に初めてログインしたタイミングでトップに表示される動画広告もあります。
ただし、この形式の動画広告は1日1社限定の買い取り方式で課金されるため広告費が高額で、大企業による出稿が中心です。

参照:ファーストビューで心を掴む — タイムラインとモーメントで独占配信

Twitter動画広告を制作する際のポイント

Twitter動画広告には若年層へアピールしやすく、コアなターゲティングで効果を得やすいというメリットがあります。
それを活かして成果へつなげるには、どのような工夫が必要なのでしょうか。ここでは、Twitter動画広告を制作する際のポイントをご紹介します。

冒頭に見せ場を用意する

先に述べたように、Twitter動画広告は6秒を過ぎるとスキップ可能になります。多くのユーザーはスキップするものと考え、初めの部分で十分にアピールできる内容を心がけることで認知度アップを目指しましょう。
開始から15秒くらいで、ほとんどの訴求ポイントをユーザーが認識できる構成にしておくことがポイントです。

ターゲティングでは多くのキーワードを設ける

コアな層にもリーチしやすい、Twitter動画広告の特色を生かしましょう。PRしたい商材の特徴に合ったユーザーをできるだけ詳細に想定し、数多くのキーワードを設けてリーチにつなげます。できれば、30個以上のキーワードを盛り込んでおくと良いでしょう。

スマートフォンの視聴を意識した動画を制作する

Twitterを利用するユーザーの大半は、スマートフォンからタイムラインを見ているといわれています。このため、あまり細かい映像では主旨が分かりにくくなりがちです。モバイル環境からの視聴を意識した動画を作成し、見やすい構成にしましょう。

まとめ

Twitter動画広告を作成する際には、Twitterの特徴を意識し、それに合った内容や映像構成を心がけることが大切です。課金体系が特徴的で、低コストでも出稿できるTwitter広告の特性を生かすために、自社で動画広告を作成することも1つの手でしょう。

現在では、簡単に動画を作成できる便利なツールもあります。AIのサポートにより、どなたでも少ない工程で高品質な動画が作れる「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」もその1つです。豊富な導入実績や作成可能な動画サンプルをご確認いただき、ぜひ活用をご検討ください。

未経験でも高品質な動画を作成できる、インハウス動画制作に欠かせない AI 動画編集ツール VIDEO BRAIN
HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る