1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. 「TrueView」の基礎知識!フォーマットの種類からメリットまで全て解説

「TrueView」の基礎知識!フォーマットの種類からメリットまで全て解説

Webマーケティング

動画サイトを見ていると、動画広告が頻繁に流れるようになりました。テレビCMのような感覚で視聴でき、文字列と画像による広告よりも短時間で多くの情報を伝えられる動画広告。その種類は数多くありますが、YouTubeに出稿できる「TrueView広告」は特に進出が容易でコストパフォーマンスが高い動画広告として知られています。

そこでこの記事では、TrueView広告の概要やメリット、設定方法や活用のポイントなどをご紹介します。動画広告を出したいとお考えなら、ぜひご参考にしてください。

TrueViewとは

TrueViewとは、動画サイトのなかでも特に多く視聴されているYouTubeに掲載される動画広告全般を指しています。「TrueView広告」と言われたら、YouTubeの広告のことだと考えて良いでしょう。
TrueView広告はGoogleの「Google広告」から設定できるため、テレビやラジオにCMを出すことほど参入のハードルは高くありません。

TrueViewが持つメリット

インターネット広告の話題になったときに、「これからはTrueView広告の時代」などと聞いたことがあるかもしれません。TrueView広告には、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。ここではTrueView広告が持つメリットを、詳しくご紹介します。

細かなターゲティングが可能

先に述べたように、TrueView広告はGoogle広告で出稿することができます。Google広告の特長である年代、性別、興味関心に応じた細かなターゲティングは、TrueView広告でも可能です。

あらゆるユーザーへ幅広く訴求できる

YouTubeは全世界で最も見られている動画サイトで、YouTubeに掲載するだけで世代や属性を問わず実に多くのユーザーが広告に触れる可能性が上がります。
また、TrueView広告はリマーケティング機能も備えており、ユーザーが視聴した動画や登録したチャンネルに応じて興味関心を予測し、合った広告を配信してくれます。

費用対効果の高さ

ユーザーが広告をクリックすることや、一定の秒数以上動画広告を視聴することによって課金が発生する仕組みとなっています。定額の広告費用がかかるCMなどと比較すると、コストパフォーマンスが高い点も利点です。

YouTube動画広告のフォーマットの種類

TrueView広告=YouTubeで配信される動画広告であることが分かりましたが、YouTube動画広告にもさまざまなフォーマットが存在します。ここでは、YouTube動画広告のフォーマットの種類をご紹介します。

TrueViewインストリーム広告

YouTubeの動画が始まる前や途中、終わった後などに流れる動画広告です。表示から5秒後にスキップが可能ですが、30秒以上再生されると課金が発生します。

TrueViewインディスプレイ広告

YouTubeでユーザーが検索した動画や視聴した動画に関連する広告を、動画プレイヤー以外の箇所にサムネイル+キャプションの形で表示するものです。検索結果や関連動画の近く、あるいはYouTubeのホーム画面などに表示されます。
ユーザーがサムネイルをクリックすると課金が発生する仕組みになっています。

バンパー広告

TrueViewインストリーム広告のひとつですが、6秒と短い動画広告でユーザーがスキップできないものです。課金の仕組みもスキップ可能なインストリーム広告とは異なり、1,000回以上配信されると課金が発生します。

参照:YouTube の広告フォーマット
参照:動画広告フォーマットの概要

TrueView広告の設定方法

実際にTrueView広告を出稿する際には、Google広告の画面で設定を行う必要があります。ここでは、TrueView広告を設定する方法についてご紹介します。

広告動画を作成し、YouTubeにアップロードする

広告として配信する動画を作り、データをYouTubeにアップロードします。この時点ではユーザーに視聴されないよう、公開設定を限定にしておくことを忘れないようにしましょう。

Google広告画面でキャンペーンの設定を行う

Google広告画面にログインし、「新しいキャンペーンを作成」で広告の設定を行います。
キャンペーンタイプ「動画」を選んで続行し、キャンペーン名や予算、地域や期間など必要事項を入力します。
次に広告グループの設定や単価の上限、ユーザーのターゲティングなどを行います。

Google広告画面で動画に関する設定をする

YouTubeにアップロードしておいた動画を広告として設定します。
動画のURLを入力し、広告のフォーマット(インストリーム広告、ディスカバリー広告、バンパー広告のいずれか)を選択します。
広告に表示されるサイトのURLと、クリックして移動する外部サイトのURLを入力し、プレビューで表示を確認します。

TrueView広告を活用するポイント

TrueView広告はただ配信するだけでなく、さらに広告効果を高めるための活用方法があります。ここでは、TrueView広告をさらに活用するポイントをご紹介します。

リマーケティング機能の有効利用

TrueView広告は、リマーケティングを行えます。たとえば、既に自社のサイトを見たユーザーには広告を優先的に表示したり、動画広告を視聴したユーザーにはバナー広告を表示したりすることが可能です。
これらを有効に使うことで広告を印象に残し、CVにつなげやすくできます。

オーバーレイ広告を表示させる

動画の役目が認知度の向上だとすれば、ユーザーにサイト訪問を促すにはさらに一歩踏み込むことが必要になります。そこで有効なのが、オーバーレイ広告の表示です。
動画の上にさらに被せて表示するオーバーレイ広告を表示させることで、ユーザーのクリックを効果的に促すことができます。オーバーレイ広告には目を引くキャッチコピーや、サイトを訪問したくなる文言を加えると良いでしょう。

まとめ

インターネット広告の主流は、テキストやバナーを用いたWeb広告から動画広告に移り変わりつつあります。特にYouTubeのTrueView広告は多くのユーザーの目に触れる上にコストパフォーマンスも高く、効果的な施策となりうるでしょう。
Google広告を使って出稿できるなど参入のハードルも低めなので、この機会に活用を検討してみてはいかがでしょうか。


AI 動画編集ツール「VIDEO BRAIN(ビデオブレイン)」は、未経験でも高品質な動画を作成できます。
定額制で制作本数は無制限。自社で配信を予定している動画の数だけ自由に作成を進めることができます。
また、編集の組み合わせは3万通り以上も!商品・サービス紹介や採用・求人、マニュアル動画など、それぞれのシーンに合わせて効果的なアプローチができる動画がつくれます。

ご検討の方はぜひお問い合わせください。

HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る