1. TOP
  2. Webマーケティング
  3. コンパニオンバナーの概要や設定方法は?バナー広告の正しい知識

コンパニオンバナーの概要や設定方法は?バナー広告の正しい知識

Webマーケティング

YouTubeの動画広告の配信を検討しているなら、さらに広告効果を高めるために「コンパニオンバナー」を導入することがおすすめです。実際に、YouTube動画広告の出稿について調べていて、コンパニオンバナーに関する記述を見つけた経験があるかもしれません。

そこでこの記事では、コンパニオンバナーについてご説明しながらその種類や仕組み、出稿までの手順などについて詳しくご紹介します。

コンパニオンバナーとは

コンパニオンバナーとは、YouTubeでのインストリーム広告の再生と同時に、画面右上に表示されるバナー広告を指します。インストリーム広告の再生が終了してからも表示され続け、クリックによって外部サイトや指定したYouTubeチャンネルに誘導できます。

なお、コンパニオンバナーをユーザーがクリックすると、インストリーム広告の視聴時間が30秒を超えていなくても視聴したとカウントされます。

参照:コンパニオン バナー

コンパニオンバナーの種類

コンパニオンバナーの種類には、以下の2つがあります。

  • あらかじめチャンネルにアップロード済みの動画から自動生成するバナー
  • 新たに指定の動画をアップロードして新規作成するバナー

上記はGoogle広告の「広告のURLオプション」でいずれかを選択できます。Google広告では、チャンネルにアップロード済みの動画から自動生成する方法を推奨しています。

コンパニオンバナーの仕組みと特徴

ここでは、コンパニオンバナーの仕組みや特徴についてさらに詳しくご紹介します。

表示されるのはパソコンで見ているときだけ

コンパニオンバナーが表示されるのは、パソコンからYouTubeを見ているときに限られます。スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末でYouTubeアプリを視聴しているときには表示されません。

広告をスキップしても表示され続ける

先にも述べましたが、コンパニオンバナーは動画広告の再生が終了したあとも表示され続けます。またそれに限らず、ユーザーが広告を途中でスキップした場合も表示され続けるため、一旦スキップしたユーザーを再度広告へ誘導する効果も期待できます。

コンパニオンバナーも課金対象なので注意

コンパニオンバナーは、ユーザーにクリックされると動画を視聴したとしてカウントされるため、課金の対象となります。以前は課金対象外だったため間違えやすいのですが、この点には注意が必要です。

コンパニオンバナー出稿までの主な流れ


ここでは、動画広告と同時にコンパニオンバナーを出稿する際のおもな手順をご紹介します。

YouTubeに広告動画をアップロードしておく

広告用の動画を、あらかじめYouTubeにアップロードします。アップロードするだけだと、広告として出稿する前に閲覧されてしまう可能性があるため出稿までは閲覧を制限しておくことも忘れずに行いましょう。

動画に関する情報を登録する

動画の説明文やタイトルを入力します。この際、動画のURLも忘れずに控えておくようにしましょう。あとからGoogle広告で入稿作業を行うときに、このURLを入力する必要があります。

Google広告画面で広告を作成する

Google広告にログインし、「キャンペーン」→「新しいキャンペーンを作成」画面を開きます。次に「キャンペーンタイプ」から「動画」を選択し、キャンペーンのサブタイプを選んで「続行」をクリックします。
キャンペーン(広告)に関する設定画面が開いたら、キャンペーン名や予算などの設定項目を入力します。画面下部に「お客様のYouTube動画」の欄があるため、そこへ先に控えておいた動画のURLを入力します。

YouTubeにアップロードしておいた動画のタイトルやサムネイルが表示されたら、その下にある「動画広告のフォーマット」項目で「インストリーム広告」を選択します。その下部にある、「表示URL」などの設定項目も順に設定しましょう。

さらにその下部に「コンパニオンバナー」の項目があります。「自分のチャンネルの動画を使って自動生成(推奨)」と、「画像をアップロード」の2つの選択肢があるため、いずれかを選んで「保存」をクリックしましょう。

Google広告では、アップロード済みの動画から自動生成する方法を推奨しています。この方法で自動生成すれば、手順を省いてラクにバナーを利用できます。しかし、バナーに特徴を持たせてさらに注目させたい場合や、バナーからの流入も促したい場合は、別途作成したバナー用の画像をアップロードしておくと良いでしょう。
画像ファイルの形式はGIF、JPG、SWFに対応しており、バナーサイズは縦60×幅300pxとなります。また、ファイルサイズの上限は150KBとなります。

まとめ

コンパニオンバナーは関連バナーとも呼ばれ、YouTubeでTrueView広告を利用している方はどなたでも無料で利用可能です。YouTubeに動画広告を出稿するなら、認知度アップにプラスワンの効果が見込めるコンパニオンバナーをぜひ活用してはいかがでしょうか。

未経験でも高品質な動画を作成できる、インハウス動画制作に欠かせない AI 動画編集ツール VIDEO BRAIN
HP : https://video-b.com/
資料請求 : https://video-b.com/contact/

一覧に戻る